寿司

お寿司は冷蔵庫だと賞味期限は何日?翌日まで日持ちする?常温保存は大丈夫?

お寿司を冷蔵庫で保存した場合の賞味期限は、当日中か翌日までです。夏場だと常温に置いた場合、数時間で傷んでしまうこともあるので、常温には置かないようしましょう。お寿司の冷蔵庫での賞味期限や、常温保存の注意点について調べてみたのでチェックしてみください。
寿司

お寿司を冷蔵庫に入れたら固くなる!上手な保存方法やシャリを復活させる方法を紹介

冷蔵庫に入れた寿司が固くなってしまうのは、冷蔵庫内が乾燥していて米の水分が奪われやすく、また庫内の温度はお米を保存するのに適していないからです。なのでお寿司は野菜室で保存し、固くなったシャリは電子レンジ温め直すと柔らかく復活させることができます。
豚汁

豚汁は冷蔵庫で1週間日持ちする?冷凍はできる?腐るとどうなる?

豚汁は冷蔵庫に入れて保存した場合の日持ちは2~5日ほどで1週間の保存は厳しそうですね。 豚汁は冷凍することも可能なんです!腐ってしまった場合の見分け方は表面に膜が張っていないか、酸っぱい異臭がしないか、食べた時に酸味はないかどうかを注意しましょう。
トマト

トマトの賞味期限は冷蔵庫でどれくらい?期限切れの缶詰は食べれる?

トマトは冷蔵庫で保存した場合、1週間は日持ちさせることができます。冷凍であれば1ヶ月、常温でも3日~5日ほど日持ちします。缶詰のトマトは多少賞味期限が切れたとしても問題なく食べることはできるので、備蓄しておくのはとってもおススメですよ!
ご飯

炊飯器の保温でご飯がカピカピになる原因と固くならない方法!

炊飯器の保温でご飯がカピカピに固くなってしまうのは、米の中の水分が蒸発してしまうためですが、その原因として、ご飯のほぐし不足、長時間の保温、炊飯器の故障が考えられます。炊飯器の保温でご飯が固くなってしまう原因と、その対策について詳しく見ていきましょう。
おでん

おでんの作り置きは何日くらい日持ちする?冷蔵庫での保存方法は?

おでんを作り置きする際は何日くらい日持ちするのか把握しておきましょう。 おでん冷蔵庫での日持ちは2日~3日、冷凍では3~4週間、常温で保存する場合は1日が限度です。今回は、作り置きや作り過ぎて余ったおでんがどれくらい日持ちするのか調べてみました。
いちご

いちごの賞味期限はどれくらい?冷蔵、常温それぞれの日持ちは?

いちごを買うときに一番気になること、それは賞味期限です。いちごの賞味期限は、冷蔵庫ではおよそ6日、常温では3日くらいが目安です。そこで今回はいちごの賞味期限と日持ちさせる方法について詳しくご紹介します。
ほうれん草

ほうれん草を鍋にそのまま入れて大丈夫?下ごしらえの方法が知りたい!

ほうれん草を鍋にそのまま入れるとき、アク抜きは絶対必要というわけではありません。どうしても気なるという方は、サッと下茹でするだけで十分です。そしてほうれん草の下ごしらえでは、とにかくしっかり洗うことと、葉をあまり細かく切らないことが重要です。
肉じゃが

肉じゃがは冷蔵庫で1週間日持ちする?夏と冬で保存期間は違うの?

肉じゃがは冬は常温でも1日程度は保存可能ですが、夏場は1日も持ちません。冷蔵庫で2は日~3日、またチルド室だと4日~5日、パーシャル室だと約1週間保存も可能です。ジャガイモは冷凍には向かないので、冷凍庫で保存するのはおすすめしません。
ハンバーグ

ハンバーグのタネは冷蔵、冷凍で何日くらい日持ちする?保存の仕方は?

ハンバーグのタネは冷蔵庫で何日日持ちさせることができるのか把握していますか。ハンバーグのタネの正しい保存方法を知って、いつでも美味しいハンバーグが食べられるよう、ぜひチェックしてみてください!