パスタ

茹でたパスタがくっつかない、時間が経っても固まらない方法は?茹で方やほぐし方も知りたい!

茹でた後パスタが固まらないように保存する方法は、硬めに茹でたパスタを水洗いしオリーブオイルかパスタソースをかけてから1食分ずつ密封する。 パスタがくっつかない茹で方は、茹でるときに牛乳かオリーブオイル(サラダ油)を入れる。くっついたパスタは、オリーブオイル(サラダ油)かバターを絡ませるとほぐれる。
ちりめんじゃこ

ちりめんじゃこは賞味期限切れから1ヶ月でも食べられる?開封後の賞味期限は?

ちりめんじゃこは賞味期限が1週間なら賞味期限切れ3日過ぎまで1~3ヶ月先の賞味期限なら1ヶ月過ぎても食べられることがあります。腐ると見た目が悪くなり形崩れして生臭くなってくるので気付きます。ちりめんじゃこの開封後の賞味期限はは冷蔵保存で1週間冷凍保存で1ヶ月が目安になります。
アボカド

アボカドの種には毒があるけど食べられる?お茶のやり方やほかの食べ方を調べてみた!

アボカドの種は食べることができますがペルシンという毒が含まれています。ペルシンは食べても人体で無毒化され害はないとされています。アボカドの種は炒って煮出してお茶にしたりチップスにして食べることができます。また、観葉植物として育てたり染料としても利用できます。
親子丼

親子丼の卵が鍋やフライパンにくっついたり焦げないようにとじる方法は?

親子丼を作る時に、鍋底に卵や具材がくっついてしまったり焦げてしまう原因として、具材を煮込むときに水分が少なすぎる、火が強すぎるなどがあります。親子丼を作る時には、出汁を多めにする、卵は2回に分けて入れ、卵を入れたら火を止めて蓋をし余熱で火を通すなどの対策でくっつくのを防ぐことができます。
うどん

茹でたうどんがくっつかない方法は?麺がくっつく原因は?

茹でたうどんがくっつかない方法として、油を絡めておく方法があります。サラダ油、オリーブオイル、ごま油などを絡めることで、麺がコーティングされくっつかなくなります。麺がくっつくのは表面についたでんぷんが原因なので、冷水でよく洗ってぬめりをとり、しっかりと冷やすことも対策になります。
生姜

紅生姜が賞味期限切れでも未開封なら1ヶ月過ぎてても食べられる?開封後の賞味期限は?

紅生姜は腐りづらく賞味期限切れ1ヶ月ぐらいな食べられる可能性があります。開封後は密閉陶器に移し冷蔵保存すると賞味期限は1~3ヶ月ほどです。紅生姜は冷凍保存も可能です。紅生姜は腐ることは少ないですがカビが生えることがありますので長期保存は注意が必要です。
たこ焼き

たこ焼きが鉄板にくっつく!原因とくっつかない方法が知りたい!

たこ焼きが鉄板にくっついてしまう主な原因に、鉄板に油がしっかりと馴染んでいない、鉄板の温度が低すぎることにあります。 これらの原因を解消することで、生地はぐちゃぐちゃにならずにお店のようなコロンとした綺麗なたこ焼きが作れるようになります。 それでは、たこ焼きが鉄板にくっつく原因とくっつかない方法について詳しく見ていきましょう。
オムライス

オムライスの卵がフライパンにくっつく!くっつかない方法が知りたい!

フライパンには表面温度が80℃くらいのとき、食材がくっつきやすいという性質があります。なので、卵がくっつかないようにするには、フライパンを80度以上の高温に熱する必要があります。また、卵を常温で使用することでフライパンの温度が下がるのを防ぐことができます。
生クリーム

生クリームが賞味期限切れに!未開封なら1ヶ月~2ヶ月過ぎても使える?

賞味期限切れの生クリームが冷蔵庫の奥から出てくることありますよね。賞味期限切れから5日程度しか過ぎていなければまだ使えそうですが、さすがに1~2ヵ月過ぎていた場合はやめましょう。また開封後は最低でも2日、3日以内をめどに使い切りってしまいましょう。 賞味期限の切れた生クリームのその活用法とは?!
ミネストローネ

ミネストローネの日持ちは冷蔵庫、冷凍、常温で何日くらい?

ミネストローネの日持ちは冷蔵庫で2、3日ですがこまめに火入れをすると5日間ぐらい日持ちします。ミネストローネは冷凍庫での保存は約1ヶ月が目安です。ミネストローネの常温保存は夏場は3~4時間、冬の寒い時期で丸1日になります。ミネストローネの作り置きは傷まないよう注意が必要です。