桃を切ったあと変色するけど食べれるの?変色しない方法は?

桃 切ったあと 変色 食べれる

桃ってとってもデリケートな果物!

そう感じるで出来事がありました。

それは、桃の皮を剥いて切ったあとうっかりそのまま放置してしまってて…。

気が付いたら茶色く変色してしまっていたんです!

「桃って、ほんのちょっと放置していただけでも傷んじゃうのー?」

なんて繊細な子なんでしょう。これは早急に対策をする必要がありますね。

はたして、こうなった桃は食べれるのでしょうか。

デリケートな桃の扱いに悩むアナタも必見!「こんな桃は食べたらダメだ」「桃の変色防止方法」も合わせて徹底的にご紹介します!

スポンサードリンク

変色した桃は食べても大丈夫?

桃 切ったあと 変色 食べれる

まず桃が切った後数分たってから変色する原因なのですが、これは桃に含まれる酸化酵素やポリフェノールが化学変化することでおこる現象なのです。

これらの成分は空気に触れることにより酸化し、桃の色が茶色く変色してしまうのです。

茶色く変色してしまった桃は見た目は悪いですが、切って数分の場合だと特段食べるには問題ないです。

ただ、桃自体が腐ってしまって変色する場合があるので、こんな場合は食べてしまうと食中毒の原因となり、危険ですので要注意です。

・茶色く変色したところから異臭がし、汁漏れしている
・カビが生えて変色している
こんな場合は桃が腐ってしまっている可能性があるので気を付けてくださいね!
スポンサードリンク

切った桃の変色防止方法

桃 切ったあと 変色 食べれる

変色してしまった桃を自分が食べる分には問題ないのですが、これをお客様に出す場合だとちょっと問題アリですよね…。

桃の変色を防ぐ方法はいくつかあるのですが、オススメの方法3つをご紹介します!

砂糖水

桃をカットしたあと水200mlに対し、大さじ1杯の砂糖で作った砂糖水に5分ほど浸けると、砂糖水により桃の表面がコーティングされて酸化の原因となる空気との接触を押さえる役割をはたしてくれます。

ただ、あまり効果は長くは持続しないようで、約2、3時間はなんとかもってくれるかも…?といった程度でした。

砂糖水でほんのり甘みも足されるので、完熟しきっていない桃には効果的かもしれませんね!

レモン汁

カットした桃に、水200mlに対しレモン汁大さじ2杯を加えて作ったレモン水は、レモンのビタミンCの効果によって酸化を抑える効果があります。

つけ置き時間は約5分ほど。少し酸味が足されるような気もしますが、長く浸けるわけではないので、私はそんなに気になりませんでした。

さわやかな酸味が熟成のすすんだ桃に対しては、適度にアクセントにもなりそうです!

塩水

水200mlに対し塩をひとつまみ加えて作った塩水酸化を抑え、一番効果が高かったと感じています。

つけ置き時間はこちらも5分程度でOK。

つけた直後はほんの少し塩味を感じるかもしれませんが、しばらく時間がたってから食べるとあまり塩味を感じなくなるので、私はこの方法がいちばん扱いやすかったですよ!

お弁当にもっていくときとかにも効果的ですね!

スポンサードリンク

桃を切ったあと変色するけど食べれるの?のまとめ

  • 桃をカットして数分後に変色した場合は問題なく食べられる
  • カットした桃から変色や異臭、カビなどがみられる場合は食べないほうが良い
  • 桃の変色を防ぐ方法は砂糖水、レモン水、塩水につけるのが効果的

桃が傷んでさえいなければ自分で食べる分には問題ないのですが、それでも気を付けて状態を確認しなければうっかり傷んでしまった桃を食べてしまい、大惨事になってしまうことも…。

特にお客様にお出しする際や、お弁当として長時間持ち歩く場合はカットしたての桃の様子もよく確認しておくように気を付けましょう!

それに…やっぱり茶色く変色してしまった桃を食べるより、キレイな桃を食べられる方がより美味しく感じるのは間違いないですよ(笑)

コメント