桃が渋い!えぐみを取る方法は?えぐみの原因は何?

桃のえぐみの原因として関係しているのが、桃に含まれるポリフェノールです。渋いと感じる桃は、ポリフェノールの量が多いと考えられています。渋みを感じる桃はまだ完熟していないことが多いので、完熟するまで待つか、追熟させるとえぐみがなくなる場合があります。
鶏そぼろ

鶏そぼろの日持ちは冷蔵庫で何日くらい?瓶詰の開封後の賞味期限は?

鶏そぼろを作り置きする際の日持ちは冷蔵庫で3~4日冷凍庫で1ヶ月ほどになります。使う時に冷凍庫から冷蔵庫に移して解凍します。鶏そぼろ弁当は傷みやすいため5~6時間以内に食べましょう。瓶詰鶏そぼろは開封後4~5日で使い切るのがおすすめです。
スイカ

スイカをお弁当に入れても大丈夫?詰め方や冷凍したスイカの注意点を紹介!

スイカをお弁当に詰めて持っていくことは可能ですが、スイカはとても水分が多く、お弁当に詰めていくには別容器に詰める工夫が必要です。また冷凍したスイカは解凍すると、果肉から水分が抜けてしまい食感や味が落ちてしまうのでおすすめできません。
米粉

自家製米粉の賞味期限はどれくらい?冷凍保存はできる?期限切れの米粉は大丈夫?

自家製米粉は水分を完全乾燥させるのが難しく2~3日の日持ちになります。使い残しは冷凍保存がおすすめです。冷凍での保存期間は3か月が目安です。米粉は湿気に弱く開封した米粉はダニの繁殖の心配もあります。未開封の状態でも賞味期限に関わらず早めに食べ切るのがおすすめです。
おこわ

もち米を炊飯器で炊いたら失敗した!おこわが固い時や芯が残ったときの対処法は?

炊飯器で炊いたおこわが固いときの対処法として、再炊飯、電子レンジで加熱、他の料理にリメイクなどがあり、リメイクレシピとして、チャーハン、オムライス、焼きおにぎり、リゾットなどがおすすめです。おこわに芯が残る原因として、炊く前の吸水不足が考えられます。しっかりとお米に水を吸わせてから炊きましょう。
ご飯

炊飯器で炊いた米に芯が残る原因は?芯があるときの対処法も紹介!

炊飯器で炊いたお米に芯が残るのは、次のような原因が考えられます。米の計量ミス、硬水で炊いた、洗米が不十分、炊飯器の設定ミス、ほぐし足りない、炊飯器の劣化、米の劣化、水の浸透不足。炊きあがったご飯に芯が残った時の対処法についてもご紹介しています。
ご飯

冷蔵庫にご飯を入れると硬くなる!固くならない方法や固くなったご飯を復活するには?

ご飯い含まれるデンプンは、0℃~5℃くらいの時に固くなりやすい性質があるため、平均温度が0℃~10℃の冷蔵庫内はご飯が硬くなりやすい環境です。ご飯の品質を保つには、冷凍保存か炊飯器の保温機能がおすすめです。固くなったご飯を復活させるには、蒸し器で蒸らす、電子レンジで温める、アレンジ料理に使うといった方法があります。
ツナ缶

ツナ缶の油は体に悪い?油の捨て方、切り方、使い道も調べてみた!

ツナ缶の油は体にいいという情報もありますが高カロリーで肥満の原因になり微量のメチル水銀が含まれるため食べる頻度は週に2~3缶が適量とされています。ツナ缶の油は切ってから食べる方が体にいいようです。ツナ缶の油は非常時にランプとして活用することもできます。備蓄しておきましょう。
ご飯

炊飯器で炊いた米が底で茶色く汚れているけど食べられる?変色の原因は?

米が茶色く炊きあがった主な原因として、炊飯器の劣化、炊飯器の汚れ、炊飯器の設定が間違っている、お米が古い、米研ぎが甘い、水の分量が間違っているなどが考えられます。おこげ以外は、基本的に茶色くなったところは食べずに取り除いた方がいいでしょう。
レトルト

パックご飯が賞味期限切れに!半年~1年以上過ぎてるけど食べても大丈夫?

パックご飯は賞味期限切れから半年や1年以上過ぎてにも、食べられなくなるわけではありません。ただし、未開封であることが絶対ですので、開封済のものや梱包や蓋が破けてしまっているものは食べるのを控えましょう。