ラグビー南アフリカ代表ユニフォームのエンブレムの動物は何?

ラグビー南アフリカ代表 動物 ラグビー

ラグビーワールドカップ2019が日本で開幕し、世界の強豪国が激しい試合を繰り広げています。

その強豪国の中でも優勝候補の一角として上げられる南アフリカ代表はのユニフォームには、鹿のような動物が描かれているのはご存知でしょうか?

その動物は、南アフリカ代表の愛称にも関係している動物で、今回のワールドカップで着用しているユニフォームには、袖口に小さくプリントとされています。

そこで今回は、ラグビー南アフリカ代表のユニフォームに描かれている動物について見ていきます。

スポンサードリンク

南アフリカのユニフォームの動物のモデルは?

ラグビー南アフリカ代表 動物

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、袖のところに鹿のような草食動物が描かれています。

この動物のモデルは、「スプリングボック」(Springbok)というウシ科の草食動物で、南アフリカのサバンナや砂漠に生息しています。

体長は140cmくらいで、体重は約40kg。

オスにもメスにも大きな角が生えていて、オス同士はこの角でメスの争奪戦を繰り広げるそうです。

スプリングボックはとても跳躍力があり、2メートルも飛び上あるとのこと。

ラグビー南アフリカ代表 動物

引用:Wikipedia

その跳躍で茂み隠れている敵を発見したり、それと同時に敵を威嚇しているとも言われています。

スプリングボックの力強い跳躍や、素早い動きはまるで南アフリカ代表の選手たちのようです。

スポンサードリンク

南アフリカ代表がスプリングボクスと呼ばれるようになった理由

ラグビー南アフリカ代表 動物

1906年南アフリカ代表チーム   引用:Wikipedia

南アフリカ代表が、「スプリングボクス」と呼ばれるようになったのは、約100年以上前に遡ります。

ラグビーの歴史を紹介した海外の「RugbyFootballHistory.com」というサイトで、次のようにスプリングボクスと呼ばれるようになった経緯を記しています。

1906年、南アフリカ代表は初の海外遠征で英国を訪れています。

その時、地元の新聞に南アフリカ代表のユニフォームについて、「左胸にスプリングボックが刺繍された緑色のユニフォーム」と紹介されましたが、当時彼らはそのようなユニフォームは用意されていませんでした。

その報道を知った監督やチームキャプテンが、「このままだとロンドンの新聞におかしな愛称を付けられてしまう」と危惧し、自分たちの呼び名を考えました。

そこで彼らは自分たちを「スプリングボクス」と呼ぶことに決め、そのことを新聞社に伝えました。

そして彼らはすぐに、左胸にスプリングボックが刺繍された緑色のユニフォームを発注しました。

引用:http://www.rugbyfootballhistory.com/

というように、スプリングボクスという愛称は南アフリカ代表が自ら付けたようです。

もしスプリングボクス以外にも候補があったのなら、どんなものだったのか気になります。

そして、選手たちが愛称を決めていなかったら、今頃何と呼ばれていたのでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

ラグビー南アフリカ代表の愛称「スプリングボクス」の由来について見てきました。

南アフリカに生息する、スプリングボックという跳躍力のある動物がモデルとなっていました。

そして、自分たちの愛称をスプリングボクスをにしたのは、南アフリカ代表の選手たち自らでした。

コメント