スポンサーリンク

ラグビーの試合でボールを外に蹴るのはなぜ?

ラグビー ボール 外に蹴る ルール

ラグビーを観戦していると、選手が自らボールを外に蹴り出すシーンが見受けられます。

「どうしてボールを外に出すの!?」「相手にボールを渡しちゃっていいの?」と疑問に思った人も少なくないかもしれません。

どうしてボールを外に蹴るのか、それは前にパスをしてはいけないというルールや、ラグビーが陣取り合戦の競技であることが大きく関わっています。

それらを踏まえて、ボールを外に蹴る理由について解説していきたいと思います。

また、試合終了のホーンが鳴ったあともプレーが続けられ、選手が外にボールを蹴った瞬間試合終了となるシーンをよく見かけます。

その理由についても見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

ボールを外に蹴るのは陣地を確保するため

ラグビー ボール 外に蹴る

ラグビーの試合でボールを外に蹴りだすプレーは、陣地を確保するために非常に重要なプレーです。

自陣でのプレーが続くと、一瞬の隙をついてトライされかねません。

また、自陣深い場所でファウルを犯してしまうと、ペナルティキックなどを相手に狙われてしまうこともあります。

そのため、なるべくプレーする場所を少しでも敵地に近い場所(敵地であれば深い場所)にすることが重要になります。

ラグビーではキックは別として、基本的に後ろにいる選手にしかパスを出せません。

そのため、攻撃して前に進みたいと思っても、なかなか前に進めないスポーツでもあります。

そこで大事になるのが、ボールを外に蹴ることでの陣地の回復です。

ボールを外に蹴る行為をタッチキックと言い、タッチラインを割ってボールが外に出た位置からプレーが再開します。

相手ボールのラインアウトで再開となりますが、それでも敵陣に少しでも近い場所でのプレーを選択したということになります。

ボールを外に蹴って相手ボールにしてでも、プレー場所を敵地に確保することでプレーがしやすくなります。

ただ、ペナルティキックで外に蹴った場合は、マイボールでの再開となります。

スポンサードリンク

ボールを最後に蹴り出すのはなぜ?

ラグビー ボール 外に蹴る

ラグビーでは、試合時刻の満了を知らせるホーンが鳴った後もプレーが途切れるまで試合を続けます。

自分のチームが勝っていても負けていても、どちらかのチームがファウルを犯すかボールを最後に蹴り出さないと試合終了になりません。

そのため、最後の1プレーといったシーンが見られます。

ラグビーワールドカップ2019日本大会では、日本代表が勝つためにマイボールで時間を使い切り、最後にボールを外に蹴り出し勝利しました。

試合終了のホーンが鳴ってもプレーが続くため、試合を切り終わらせるためにボールを最後に蹴り出しました。

また、アイルランド戦では、アイルランドが最後にボールを外に蹴り出し試合終了になりました。

「アイルランドの選手は負けてるのに何で外に蹴って試合を終わらせたの?」と感じた人も多かったようですが、これはアイルランドが「7点差以内での敗北を認め、勝ち点1と取りにいった行為」ということでした。

自陣深い位置で日本にボールを奪われトライされると、「7点差以内の敗北とならず」勝ち点が0になってしまうことを恐れてボールを外に蹴り出しました。

「プレーが続けられなくても7点差以内の敗北」を選択するため、ボールを蹴りだし試合を終わらせたのです。

勝ち点獲得の種類が多く設けられているラグビーならではのシステムによって、試合の終わらせ方次第で大きく結果が変わってくるところも、ラグビーを面白くさせています。

スポンサードリンク

まとめ

ラグビーの試合でボールを外に蹴るのは何故なのか、というテーマについてまとめてみました。

ボールを自ら外に蹴る行為は、ラグビー観戦初心者の人にとっては不思議だったかもしれません。

しかし、ラグビーでは陣地を挽回するキックは重要なプレーとなります。

また、試合を終わらせるために最後にプレーを切る意味で蹴り出すこともあります。

プレーが途切れた時点で試合終了となるためです。

これらの理由から、ラグビーではボールを外に蹴るプレーが必要となります。

コメント