ラグビーのユニフォーム背中の四角い膨らみには何が入っているの?

ラグビー ユニフォーム 背中 膨らみ ラグビー

日本で開催中のラグビーワールドカップ2019を観ていて、以前南アフリカ代表のユニフォームの模様が気になったので、それが何なのか調べましたが、今回ユニフォームに関してまた新たな疑問が生じました。

それは、各国代表選手のユニフォームの背中の膨らみです。

ユニフォームの背中の襟の下あたりをよく見ると、四角く膨らんでいるのが分かります。

この膨らみには何が入っていて、どういった意味があるのか探っていきたいと思います。

スポンサードリンク

ユニフォームの背中に膨らみに入っているものは?

ラグビー ユニフォーム 背中 膨らみ

引用:アーカイブティップス株式会社

ユニフォームの背中が膨らんでいるのは、「GPSトラッカー」と呼ばれているものが装着されているからでした。

「GPSトラッカー」のGPSとは、カーナビなどでおなじみの衛星を使って位置情報を把握できる「全地球測位システム」のことです。

GPSトラッカーを装着することで、その選手の練習や試合での走行距離を計測することができます。

また走行距離だけでなく、

  • 心拍数
  • 消費エネルギー
  • スピード
  • 加速度
  • 動きの強度

など、選手の様々なデータを収集することができます。

GPSトラッカーから得られたデータによって、これまで目で見ることができなかったものを数値化することができるようになりました。

そのデータを練習のメニューや戦術に活かすことはもちろんですが、選手の疲労度なども把握できるためケガの予防にも役立つそうです。

ラグビー ユニフォーム 背中 膨らみ

引用:アーカイブティップス株式会社

GPSトラッカーは様々なメーカーで製造されていていずれも小型化はされていますが、多少厚みがあるので、タックルを受けて背中が地面についた時、痛くないのだろうかと少し心配になります。

こちらの動画で、GPSトラッカー脱着の様子を見ることができます。

GPSトラッカーはラグビーだけでなくサッカーなど様々なスポーツに活用されています。

またGPSトラッカーは、盗難に遭った車やペットの追跡にも使われていて、数千円のものから数万円のものまでありますが、各競技のトップアスリートが使用する高性能のGPSトラッカーは、1個数十万円もするそうです。

15人でプレーするラグビーは費用がかかるなぁ、なんてどうでもいい心配をしてしまいました。

スポンサードリンク

まとめ

ラグビー選手のユニフォームの背中の膨らみについてお伝えしました。

背中が膨らんでいるのは、GPSトラッカーという選手の走行距離や心拍数、消費エネルギーを計測する装置が装着されているためでした。

GPSトラッカーで集めたデータは、選手のケガの予防やチームの戦術に活かされます。

かつてラグビーというと、努力と根性といったイメージのスポーツでしたが、現代ラグビーはGPSトラッカーという最新のテクノロジーを駆使した、論理的なスポーツになっていました。

コメント