スポンサーリンク

親子丼の作り置きの賞味期限はどのくらい?常温と冷蔵は何日日持ちする?

親子丼 作り置き 賞味期限 親子丼

親子丼の作り置きをよくするのですが、賞味期限があいまいでどのくらい日持ちするのか迷うことがあります。

先日、帰りがバラバラの家族の為に親子丼の作り置きしてたのですが、常温でどのくらい持つんだろうと不安に感じ調べてみました。

  • 常温保存の目安は約半日
  • 冷蔵保存の目安は約3日

親子丼の作り置きした際の日持ちの目安は上記の通りで、常温ではほとんど日持ちしません。

この記事では、親子丼を作り置きした場合どのくらい賞味期限は持つものかについてご紹介します。

親子丼の正しい保存方法を知って、家族が安全に食事ができるようにぜひチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク




親子丼の作り置き、常温での日持ち

親子丼 作り置き 賞味期限

親子丼を作っていて気になったのは常温での日持ちです。

これまで我が家は作っておいた具材をそのまま鍋の中に放置。そんなことをしていたのですが…

常温での日持ちは約半日と考えていた方が良いです。

結構日持ちは短いですよね。

その一番の理由は、親子丼に欠かせない卵の使用です。

卵はサルモネラ菌が繁殖する可能性が高いので、常温保存にはあまり適していません。

また、親子丼を常温で保存する場合は、ご飯と具材を分けて保存するようにしましょう。

ご飯に具材を乗せた状態で保存すると、具材の水分をご飯がすってベチャベチャなってしまい、風味が落ちてしまいます。

スポンサーリンク




親子丼の作り置き、冷蔵での日持ち

親子丼 作り置き 賞味期限

親子丼を半日以上置くことがあれば、必ず冷蔵庫で保存するようにしましょう。

親子丼を冷蔵庫で保存する場合、日持ちの目安は約3日ほどです。

具材とご飯は別々で保存し、具材は一食分ずつ保存容器に入れて食べる分だけ温め直しができるようにしましょう。

また、できるだけ外気に触れない様に、必ず密閉できるような保存容器を使用するようにしましょう。

ちなみに、深皿にラップをかけるだけの状態で冷蔵保存をしていたことがあったのですが、3日もたたないうちに少し嫌なにおいがしていたので、やはり密封状態がポイントとなるということが分かりました。

3日以上保存したい場合は冷凍保存がおススメです。


親子丼は腐るとどうなるの?

親子丼 作り置き 賞味期限

親子丼の賞味期限の目安はなんとなくわかったものの、その保存状況や季節によっては、やはり見た目やニオイで判断をしなければならなくなります。

見た目の判断は少しわかりにくいのですが、多少黒ずんでいたりするようであれば気を付けたほうが良いです。

かなり長く放置した場合はカビが発生することもあります。

ニオイは比較的わかりやすく、生ごみのようなニオイや酸味を感じるニオイが発生しているようであれば、食品が傷んでいる可能性が高いです。

そして気を付けなければいけないのが「加熱したら多少傷んでいても大丈夫なのでは?」

という考えです。

私もそう考えていたんですけどね。

食中毒の原因である黄色ブドウ球菌は60℃以上で最低30分加熱すれば殺菌することも可能、ではあるのですが、そのくらい加熱した場合はすでに親子丼として食べるには、加熱しすぎでパサついてしまい、美味しくなくなってしまう…といった状態になってしまいます。

「火を通せば大丈夫!」と言って中途半端な加熱で食べると食中毒になる恐れがあるので、少しでも傷んでいると感じる場合は、もったいないですが食べるのを控えた方がいいでしょう。

スポンサーリンク




親子丼の作り置きの賞味期限についてのまとめ

今回は親子丼を作り置きした場合の賞味期限についてご紹介しました。

  • 常温保存の目安は約半日
  • 冷蔵保存の目安は約3日

せっかく家族の為に用意した食事も保存状況が悪いと傷んでしまい、食中毒になっていまうことにもなりかねませんので、状況に応じて正しい保存方法ができるよう今回の記事が参考になれば幸いです。

特に夏場は室温と湿度がともに高くなりやすく、食品は傷みやすくなりますので、常温で置いていく場合は目安となる時間よりも早めに食べてしまうように気を付けるようにしましょう!

スポンサーリンク
親子丼
シェアする
スポンサーリンク
ライフアップトピックス

コメント