キムチ鍋

キムチ鍋の残り汁は翌日まで日持ちする?常温、冷蔵それぞれの賞味期限は?

残ったキムチ鍋を次の日も食べることはよくあると思いますが、いつまで日持ちするか把握していますか。加熱調理しているとはいえ、正しく保存できていないとすぐに菌が繁殖し、食中毒になる可能性もあります!常温、冷蔵それぞれの賞味期限についてまとめてみました。
たこ焼き

たこ焼き粉が賞味期限切れだけど未開封なら大丈夫?開封後はいつまで使える?ダニの発生に注意が必要!

たこ焼き粉には賞味期限が表示されているので、賞味期限切れだからといってすぐに使えないという訳ではありません。賞味期限切れから半年以内で未開封、かつ中身を確認して特に異常がなければ使用しても問題ないと思われます。ただし開封済みのたこ焼き粉の場合は、ダニが発生してる場合などがあるので、使用の際には注意が必要です。
コーヒー

コーヒー牛乳を子供は何歳から飲める?カフェインの影響は?

日本ではコーヒーに含まれるカフェインの摂取量に明確な基準が設けられていないので、はっきりと何歳からコーヒー牛乳を飲ませても大丈夫とは言えません。ただ、海外では子供のカフェイン摂取量に関して「4~6歳の1日のカフェインの摂取量を45mgまで」と提示していますので、4歳くらいから飲ませても大丈夫そうです。
ポトフ

ポトフの日持ちは冷凍、冷蔵庫それぞれ何日?腐るとどうなる?見分け方は?

ポトフの日持ちは、冷凍で約1ヵ月、冷蔵なら3日程度です。常温保存には向いていないので、作り置きする場合や余りは冷蔵か冷凍するようにしましょう。ポトフは腐ると、表面に膜を張ったような濁り、酸っぱい臭い、舌先がピリピリするような感覚などの異常が状態になります。
親子丼

親子丼の卵が鍋やフライパンにくっついたり焦げないようにとじる方法は?

親子丼を作る時に、鍋底に卵や具材がくっついてしまったり焦げてしまう原因として、具材を煮込むときに水分が少なすぎる、火が強すぎるなどがあります。親子丼を作る時には、出汁を多めにする、卵は2回に分けて入れ、卵を入れたら火を止めて蓋をし余熱で火を通すなどの対策でくっつくのを防ぐことができます。
うどん

茹でたうどんがくっつかない方法は?麺がくっつく原因は?

茹でたうどんがくっつかない方法として、油を絡めておく方法があります。サラダ油、オリーブオイル、ごま油などを絡めることで、麺がコーティングされくっつかなくなります。麺がくっつくのは表面についたでんぷんが原因なので、冷水でよく洗ってぬめりをとり、しっかりと冷やすことも対策になります。
たこ焼き

たこ焼きが鉄板にくっつく!原因とくっつかない方法が知りたい!

たこ焼きが鉄板にくっついてしまう主な原因に、鉄板に油がしっかりと馴染んでいない、鉄板の温度が低すぎることにあります。 これらの原因を解消することで、生地はぐちゃぐちゃにならずにお店のようなコロンとした綺麗なたこ焼きが作れるようになります。 それでは、たこ焼きが鉄板にくっつく原因とくっつかない方法について詳しく見ていきましょう。
オムライス

オムライスの卵がフライパンにくっつく!くっつかない方法が知りたい!

フライパンには表面温度が80℃くらいのとき、食材がくっつきやすいという性質があります。なので、卵がくっつかないようにするには、フライパンを80度以上の高温に熱する必要があります。また、卵を常温で使用することでフライパンの温度が下がるのを防ぐことができます。
生クリーム

生クリームが賞味期限切れに!未開封なら1ヶ月~2ヶ月過ぎても使える?

賞味期限切れの生クリームが冷蔵庫の奥から出てくることありますよね。賞味期限切れから5日程度しか過ぎていなければまだ使えそうですが、さすがに1~2ヵ月過ぎていた場合はやめましょう。また開封後は最低でも2日、3日以内をめどに使い切りってしまいましょう。 賞味期限の切れた生クリームのその活用法とは?!
親子丼

親子丼は冷凍できる?作り置きするときの冷凍方法や日持ちも調査?

親子丼は冷凍できることできます。卵を入れる前の状態で具だけを冷凍保存するのがおすすめです。そして冷凍保存した時の親子丼の日持ちは、約2週間ほどです。ただし、日数が経てばたつほど味が落ちてしまうので、美味しく食べられるのは1週間ほどとされています。