スポンサーリンク

たこ焼き粉が賞味期限切れだけど未開封なら大丈夫?開封後はいつまで使える?ダニの発生に注意が必要!

たこ焼き子 賞味期限切れ 未開封 たこ焼き

家でたこ焼きを作る機会はそう頻繁あるものでもないので、いざ焼こうとしたらたこ焼き粉の賞味期限が切れていたなんてこと、よくありませんか。

そんな時、賞味期限切れのたこ焼き粉は使っていいものか悩みますよね。

たこ焼き粉には賞味期限が表示されているので、賞味期限切れだからといってすぐに使えないという訳ではありません。

賞味期限切れから半年以内で未開封、かつ中身を確認して特に異常がなければ使用しても問題ないと思われます。

ただし開封済みのたこ焼き粉の場合はダニが発生してる場合などがあるので、使用の際には注意が必要です。

この記事では、賞味期限切れのたこ焼き粉の取り扱いや、保存方法について紹介していますので、長期にわたってたこ焼き粉を放置してしまっている方、ぜひこのチェックしてみてください!

スポンサーリンク




賞味期限切れのたこ焼き粉は使える?

たこ焼き 粉 賞味期限切れ

まず賞味期限の概念についてなのですが、賞味期限とは農林水産省のHPによると、その食品が美味しく食べられることができる期限という記載があります。

たこ焼き粉の日持ちがどのように記載されているのかを確認していただくとお分かりいただけますが

「賞味期限〇月〇日」と、大体はこのように記載があるかと思います。

「ということは、食べられなくなるというわけではないから大丈夫だよね!」

とお考えの方。それ、危険です!

未開封の場合

たこ焼き粉の袋に記載されている賞味期限は、あくまで未開封の状態のものを表します。

「未開封だから賞味期限が多少過ぎててもセーフじゃない?」

いえいえ。それだけでは確実に安全とは実はいえないのです…。

記事の後半で触れますが、未開封であっても中にカビや虫が発生している場合があり、その粉を使用するのはとても危険です。

賞味期限が過ぎたからといってすぐに使えなくなるわけではないですが、数カ月以上過ぎたものは慎重な判断が必要です。

使うか処分するかは自己責任で判断してください。

私個人の判断としては、半年ぐらいだったら状態を見て問題なさそうだったら使用してしまいますが、それ以上過ぎていたら処分します。

開封済みの場合

賞味期限が記載されているのはあくまで未開封時での話。

すでに開封済みのたこ焼き粉については、この期限の通りでは決してありません。

たこ焼き粉は賞味期限の記載に関係なく、開封してから大体2か月以内を目安に使い切るくらいでないと危険なんです。

スポンサーリンク




たこ焼き粉の保存方法

たこ焼き 粉 賞味期限切れ

なぜ長期保存していたたこ焼き粉が、未開封であっても危険とされるのか。

それは、正しい保存方法で安全に保存できているのかどうかにかかってきます。

コナダニの発生に気をつけろ!

実は粉ものには「コナダニ」というダニが入り込みやすいと言われています。

そのコナダニは高温多湿の状況だと特に大量発生しやすく、また未開封の状態でも袋を破って侵入するとさえ言われています。

そのコナダニが発生していることに気が付かず食してしまうと、アナフィラキシーショックにより呼吸困難など、様々な健康被害を引き起こす可能性がでてきます。

最近は、この症状を「パンケーキシンドローム(症候群)」と言ったりします。

たとえ加熱調理したとしても、ダニのフンや死骸を摂取することによりパンケーキシンドロームを引き起こすことになりますので、「火を通したから大丈夫」と判断しないでください。

コナダニの発生、侵入はなんとしても防ぐようにしましょう。

たこ焼き粉の正しい保存方法

たこ焼き粉の袋に記載されている保存方法の箇所を確認していただくとお分かり頂けるかと思いますが、たこ焼き粉は冷蔵保存をするように記載されています。

コナダニが発生しやすい高温多湿の環境を避けて保存するということですね。

さらにコナダニの侵入を防ぐ方法として、開封の有無に関係なく保存袋に袋ごと入れ、さらに密閉容器に入れることで、コナダニの侵入をできる限り防ぐことにつながります。

粉物の専用保存容器での保存だと、より安全に保管することができます。


まとめ

今回は、賞味期限切れのたこ焼き粉の取り扱いと、そのたこ焼き粉によって起こりうるリスクについてご紹介しました。

未開封の状態であれば賞味期限が切れていても使用することは可能ではあります。

ただ、それはあくまで正しい保存方法ができていたかどうかによって大きく変わってきます。

  • 開封済みの場合は2か月以内を目安に使い切る
  • 開封済みも未開封も必ず冷蔵庫で保存する
  • 保存袋と密閉容器を使用してコナダニの侵入を徹底的に防ぐ

ダニはとても小さくて、目視はなかなかできないものです。

安全に楽しくたこ焼きパーティができるよう、正しく保存するようにしましょう!

スポンサーリンク
たこ焼き
スポンサーリンク
ライフアップトピックス

コメント