もずく

もずくが賞味期限切れに!1週間過ぎてても大丈夫?腐るとどうなる?

賞味期限が切れたもずくは、1週間過ぎていても食べられるようです。但し、賞味期限切れから1週間経っていなくても腐っている場合もありますので、カビが生えていたり、もずく自体が溶けている・・・といった場合は食べずに処分しましょう。
親子丼

親子丼は冷凍できる?作り置きするときの冷凍方法や日持ちも調査?

親子丼は冷凍できることできます。卵を入れる前の状態で具だけを冷凍保存するのがおすすめです。そして冷凍保存した時の親子丼の日持ちは、約2週間ほどです。ただし、日数が経てばたつほど味が落ちてしまうので、美味しく食べられるのは1週間ほどとされています。
豆腐

高野豆腐は腐る?賞味期限切れから1年でも食べられる?日持ちは冷蔵庫でどれくらい?

高野豆腐は腐ることは少ないですが賞味期限切れから1年以上経過したものは、腐っている可能性があるので食べない方がよいです。開封後の高野豆腐は冷蔵保存すると1ヶ月ほど日持ちします。高野豆腐を含め煮にして作り置きすると冷蔵で5日間ほど日持ちしますが、夏場は早めに食べ切りましょう。
スイカ

スイカは半分に切ってから1週間日持ちする?冷蔵庫での賞味期限や保存方法を調査!

半分にカットしたスイカは基本的には冷蔵庫での保存になり、だいたい3日ほど日持ちするとされています。スイカを丸ごと保存する場合は常温保存が適していて、1週間から場合によっては約2週間ほど日持ちすると言われています。カットしたスイカは、1週間以上日持ちさせることは難しいです。
鰹のたたき

かつおのたたきは消費期限切れでも大丈夫?冷凍保存や解凍後の日持ちはどれくらい?

消費期限が切れた鰹のたたきについては、生食は避けた方が無難です。スーパーなどで購入した生食用の鰹のたたきは、消費期限内に食べるか、冷凍しても1週間程度の日持ちになります。冷凍していた鰹のたたきを解凍したら日持ちはしませんので、その日のうちに食べるようにしましょう。
ステーキ

冷凍サイコロステーキの美味しい焼き方!成型肉を焼く時のコツは?

まず冷凍のサイコロステーキを調理する際は、冷凍状態ではなく解凍してからです。そしてサイコロステーキを焼くときには、油は引かずにフライパンで焼きます。先に表面をしっかり焼いたら、フライパンに蓋をして弱火で蒸し焼きにすることで美味しく焼きあがります。
鶏肉

鶏肉は何分で火が通る?安全な茹で時間の目安は?ゆで汁の活用法はある?

鶏もも肉、むね肉などの茹で時間の目安は5分ほど。肉の厚みにムラがあると火の通りが均一でなくなるので、開いてならしておくのがおすすめです。鶏肉の茹で汁活用レシピとしては、鳥だしスープ、鳥だしうどん、炊き込みご飯などがあります。
ピラフ

炊飯器ピラフを失敗しないで作りたい!芯が残る、水の量、救済方法などを紹介!

炊飯器ピラフを失敗しないためには炊飯器の容量に合った量を作ることが大切です。お米は洗って吸水させ釜の一番下に入れ具材を上にのせて混ぜずに炊飯ボタンを押します。炊飯器ピラフが失敗したときの救済方法は炊飯器で再加熱するかレンジで加熱した後蒸らすと美味しく復活できます。
牛丼

牛丼の日持ちは冷蔵庫、冷凍でどれくらい?常温保存はできる?

牛丼の日持ちの目安は、冷蔵庫でおよそ3日間、冷凍で約1ヶ月ほどです。常温保存は、冬場の涼しい時期であれば1日ほどは日持ちしますが、それ以外に時期の常温保存は控えたほうがいいでしょう。牛丼を保存するときは、冷蔵、冷凍に関わらず基本的に具とご飯は分けて保存します。
ご飯

ご飯の水の量を間違えた柔らかいべちゃべちゃご飯のリメイクレシピ!

べちゃべちゃご飯は、ラップをかけずにレンジでチン、または炊飯器で再炊飯で復活させることができるかもしれません。または、リゾット、雑炊、チャーハン、ライスコロッケ、焼きおにぎり、甘酒などにリメイクすれば、べちゃべちゃのご飯を利用した美味しい料理としていただけます。