スポンサーリンク

牛丼の作り置きは冷凍保存、冷蔵庫、常温で何日くらい日持ちする?

牛丼

牛丼は某有名チェーン店で買ってきて食べるのも大好きな私ですが、お手軽簡単あったか牛丼は自宅で作り置きするにもとってもオススメです。

極論、牛肉と玉ねぎを甘辛いつゆで煮込むだけで美味しくできちゃうわけですから、各ご家庭でも登場回数はきっと多いはず。

そんな牛丼、自宅で作った場合何日くらい日持ちするか把握していますか?

目安としては

  • 冷凍で約1ヶ月
  • 冷蔵庫でおよそ3日間
  • 常温保存は数時間

となっています。

ただし、きちんとした保存方法でなければ日持ちが短くなってしまったり、味が落ちてしまうので注意が必要です。

この記事では、牛丼を作り置きした場合の日持ちや、冷凍、冷蔵、常温での保存方法についてご紹介します。

ちょっとしたポイントをおさえるだけで、美味しく安全に冷凍保存できちゃいますのでぜひチェックしてみてくださいね!

ちなみに、牛丼を冷凍や冷蔵保存するときは、具とご飯を分けてジッパー付きの保存袋で保存すると美味しく保存できますが、いちいち分けるのが面倒という方はどんぶり型のタッパーもあるのでそちらをご利用もご検討ください


スポンサーリンク

牛丼の冷凍保存での日持ち

牛丼 作り置き 冷凍

牛丼は冷凍保存すると約1ヶ月ほどは日持ちすることも充分可能です。

一度冷凍した牛丼は、解凍すると肉や玉ねぎにつゆがギューッと染み込んで、これがまたさらに美味しくなるんです。

ただし注意点として、牛丼を冷凍する際は「具材のみ」です。

ご飯と合わせた状態だと味や食感が変わってしまいますので、ご飯は別で保存するようにしましょう。

後ほど詳しく記載しますが、具材は密閉された状態で保存することがポイントになります。

また、冷凍庫の開閉の頻度によっても品質が変わってしまうこともあるので、食べる前に必ず食材が傷んでいないか、ニオイに違和感がないか確認するようにしましょう。

牛丼の冷凍保存方法

牛丼を冷凍保存する際のポイントとしては、まず具材のみで保存すること。

調理した牛丼は一人前ずつ密閉容器や保存袋に小分けして、雑菌の繁殖を防ぐためできるだけ空気が触れにくい状態にして保存することが大切です。

さらに品質を維持するポイントが「急速冷凍」をすることです。

金属製のトレーの上に小分けにした牛丼を置いて冷凍保存をすると、より早く冷凍状態になります。

急速冷凍の状態にすることで、食材はより新鮮な状態で保存することができるようになりますので、ぜひ取り入れてみてください。

解凍する際は電子レンジを使用し、少しずつ様子を見ながら解凍するようにしてくださいね!

牛丼は非加熱状態でも冷凍保存ができる

実は牛丼は食材を加熱せず、生の状態で密閉容器に詰めて冷凍保存することができます。

牛肉と玉ねぎを一口サイズに切って一人前ずつレンジ調理可能な密閉容器に詰め、つゆをかけた状態で冷凍保存。

ちなみにつゆは食材から水分がでることを想定し、通常よりも濃いめのつゆをかけておくことがオススメ。

食べるときに電子レンジで600Wで5分加熱。

その後具材を上下入れ替えてさらに600Wで5分加熱。

後は様子を見ながら必要であれば追加で加熱していってください。

すると、コンロを使わずとも美味しい牛丼が食べられちゃいます!

日持ちも冷凍で約1ヶ月ほど持ちますが、あくまで生食材なので冷凍庫の開閉の頻度によっては品質が維持できず、多少日持ちが短くなる可能性もあります。

食べる前に傷んでいないか必ず確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

牛丼は冷蔵庫だといつまで日持ちする?

牛丼 作り置き 日持ち

ご家庭で作った牛丼を冷蔵庫で保存した場合、日持ちの目安は約3日ほどとなります。

ただし、保存状態によっては早く傷んでしまう可能性もあります。

牛丼の具をご飯に乗せた状態での保存や、食べ残しの状態だと良い状態で保存できません。

雑菌も繁殖しやすくなってしまいますので、具材のみの状態で保存するようにしましょう。

その際、牛丼の具材は十分に加熱するようにし、冷蔵庫に入れる前は完全に粗熱が取れている状態を確認するようにしましょう。

粗熱が取れていない状態のまま保存をすると蒸気が容器内でこもってしまい、具材が傷みやすくなってしまいます。

また外気に含まれている雑菌によって傷まないように、密閉できる容器や保存袋を利用するようにしましょう。

ちなみに私は、以前器に軽くラップをかけた状態で保存したことがあったのですが、3日目で少し違和感のあるニオイがしたことがあったので、密閉できる状態がベストのようですね…。

スポンサーリンク

牛丼は常温だといつまで日持ちする?

牛丼 作り置き 日持ち

牛丼は常温だとあまり日持ちしません。

私の場合、具材のみを蓋つきの鍋に入れたままの状態で、約1日常温放置したことがありましたが、特に問題なく食べることができました。

ですが夏の暑い時期や外気に触れやすい状態での保存だと、1日持たない可能性も考えられます。

基本的に、牛丼は夏場であれば常温には置かないようして、それ以外の時期でも1日以上常温に置いたものは食べるのを控えた方がいいでしょう。

せっかく作った牛丼。

うっかり放置してしまって傷んじゃった…なんて悲しいことにならない様、できるだけ冷蔵庫か冷凍で保存するように心掛けましょう!

スポンサーリンク

まとめ

今回は牛丼を作り置きする場合の日持ちについてご紹介しました。

牛丼は具材のみであれば作り置き保存することが可能です。

  • 冷凍では約1ヶ月保存が可能
  • 冷蔵では約3日保存が可能
  • 常温では日持ちしない

この3点をおさえておくと良いです!

必ず密閉できる容器を使用して保存し、冷凍する場合は急速冷凍を心掛けるようにしましょう。

我が家では家族が食事する時間はバラバラなので、その日中に食べるようであれば一人前ずつ冷蔵で保存。

多めに作っておいて、残りは冷凍保存するようにしています!

「今日ご飯つくるのめんどくさいなー」

なんて日のお助けメニューにもなるので、とっても便利ですよ。

日持ちの目安がわかると安心して作り置きできちゃうと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!


スポンサーリンク
牛丼
スポンサーリンク
ライフアップトピックス

コメント