スポンサーリンク

牛丼の作り置きの日持ちは?冷蔵庫、常温だと賞味期限はいつまで?

牛丼 作り置き 日持ち 牛丼

みんな大好き牛丼は某有名店で買ってきて食べるのも大好きな私ですが、お手軽簡単あったか牛丼は自宅で作り置きするにもとってもオススメです。

極論、牛肉と玉ねぎを甘辛いつゆで煮込むだけで美味しくできちゃうわけですから、各ご家庭でも登場回数はきっと多いはず。

そんな牛丼、正しく保存できていますでしょうか?

家庭料理だと、賞味期限がいつまでなのかが分からずちょっと心配にもなりますよね。

今回は牛丼を作り置きした場合の日持ちはいつまでなのかをご紹介します。

手作り牛丼の日持ちの目安を知ることで、安心して作り置きすることができるようになりますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク

牛丼は冷蔵庫だといつまで日持ちする?

牛丼 作り置き 日持ち

 

家庭で作った牛丼を冷蔵保存する場合は、約3日間を目安に保存するのが良いとされているようです。

ただし、保存状態によっては早く傷んでしまう可能性もあります。

牛丼の具をご飯に乗せた状態での保存や、食べ残しの状態だと良い状態で保存できません。

雑菌も繁殖しやすくなってしまいますので、具材のみの状態で保存するようにしましょう。

その際、牛丼の具材は十分に加熱するようにし、冷蔵庫に入れる前は完全に粗熱が取れている状態を確認するようにしましょう。

粗熱が取れていない状態のまま保存をすると蒸気が容器内でこもってしまい、具材が傷みやすくなる原因となってしまいます。

また外気に含まれている雑菌によって傷まない様、密閉できる容器や保存袋を利用するようにしましょう。

ちなみに私は、以前器に軽くラップをかけた状態で保存したことがあったのですが、3日目で少し違和感のあるニオイがしたことがありましたので、密閉できる状態がベストのようですね…。

牛丼は冷凍保存も可能

牛丼は具材のみであれば、ご家庭で作ったものでも冷凍保存をすることができます。

約1ヶ月は保存も可能になりますので、長期保存が目的であれば冷凍するのもオススメですよ。

ポイントとしてはできるだけ急速冷凍を心掛けることです。

急速冷凍することで、より美味しい状態を維持したまま冷凍保存をすることができるようになりますよ。

すぐに冷凍状態になるよう、牛丼の具材は一人前ずつ小分けにして保存袋に入れ、できるだけ平な状態にすると比較的早く凍り始めます。

さらに、金属性のトレーに入れた状態で冷凍庫へ入れるとより効果的です。

スポンサードリンク

牛丼は常温だといつまで日持ちする?

牛丼 作り置き 日持ち

牛丼は常温だとあまり長く日持ちしないようです。

私の場合、具材のみを蓋つきの鍋に入れたままの状態で約1日常温放置したことがありましたが、特に問題なく食べることができました。

ですが夏の暑い時期や外気に触れやすい状態での保存だと、1日持たない可能性も考えられますので常温放置はオススメできません。

せっかく作った牛丼。

うっかり放置してしまって傷んじゃった…なんて悲しいことにならない様、できるだけ冷蔵庫内で保存するように心掛けましょうね!

スポンサードリンク

まとめ

今回は牛丼を作り置きする場合の日持ちについてご紹介しました。

牛丼は具材のみであれば作り置き保存することが可能です。

  • 牛丼は冷蔵で約3日保存が可能
  • 冷凍は約1ヶ月保存が可能
  • 常温では日持ちしない

この3点をおさえておくと良いです!

必ず密閉できる容器を使用して保存し、冷凍する場合は急速冷凍を心掛けるようにしましょう。

我が家では家族が食事する時間はバラバラなので、その日中に食べるようであれば一人前ずつ冷蔵で保存。

多めに作っておいて、残りは冷凍保存するようにしています!

「今日ご飯つくるのめんどくさいなー」

なんて日のお助けメニューにもなるので、とっても便利ですよ。

日持ちの目安がわかると安心して作り置きできちゃうと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

コメント