スポンサーリンク

お寿司は冷蔵庫だと賞味期限は何日?翌日まで日持ちする?常温保存は大丈夫?

寿司 冷蔵庫 賞味期限 何日 保存 寿司

お寿司をその日のうちに食べられなかったり、沢山買いすぎて余してしまった場合、冷蔵庫で保存すると思いますが、一体どれくらい日持ちするのか気になりますよね?

お寿司を冷蔵庫で保存した場合の賞味期限は、当日中か翌日までとされています。

冷蔵庫に入れても、ネタは生ものなので傷みやすく食中毒の危険があるので日持ちには注意しましょう。

冷蔵庫でも賞味期限は翌日までなので、常温に置いたお寿司はほとんど日持ちしません。

夏場だと常温に置いた場合、数時間で傷んでしまうこともあるので、お寿司は常温には置かないようしましょう。

今回は、お寿司の冷蔵庫での賞味期限や、常温保存の注意点について調べてみたのでチェックしてみてください。

スポンサーリンク

冷蔵庫で保存したお寿司の賞味期限

寿司 冷蔵庫 何日 保存

基本的にお寿司の消費期限は、冷蔵庫で保存した場合「当日中か翌日まで」になります。

特に青魚や貝類などは傷むのが早いので、冷蔵庫に入れて置いたとしてもできるだけ早めに食べたほうがよさそうですね。

赤身のマグロやサーモンは翌日まで食べられるようですが、これもやはり生魚に変わりはありませんので、なるべく当日中に食べたほうが安心です。

もしも仕方なく翌日まで残ってしまったお寿司が「なんか変なにおい・・・」となったり「色が黒くなってる!」となった場合は、傷んでいる可能性が高いのでやめておきましょう。

昔、色の悪いお刺身を「平気でしょうよこれぐらい」と食べた後、数時間トイレで過ごすことになった経験があります。

また、お寿司の中にはいなり寿司や蒸し穴子などもありますが、そちらは生魚のお寿司に比べると日持ちするという意見もありましたが、それでもやはり1日2日の期限になるので翌日には食べてしまった方が良いでしょう。

また、冷蔵庫に入れたお寿司は固くなりやすいので、そうならないためにちょっとした工夫が必要になります。

その方法についてはこちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

お寿司を常温で保存できる?

寿司 冷蔵庫 何日 保存

結論から申し上げますと、お寿司を常温で保存するのはやめておいた方が良いでしょう!

お寿司の保存条件は10℃以下と言われています。

特に夏場は一気に室温が上がるため、そのままの状態で置いておくとあっという間に腐敗しはじめます。

冷房が効いている場所でも、2時間以内には食べてしまった方が良いとの意見もあります。

では冬場はどうでしょう。

夏よりも室温も低く、冷蔵庫に近いんじゃないの?大丈夫なんじゃないの?と思うかもしれません。

確かに夏場の室温よりは低いですが、それでも45時間程が限界のようです。

人がいる空間になると少しづつ室温も上がってくるので、こちらも長く置かずに食べる前に冷蔵庫から取り出すようにしましょう。

もし、お父さんが夜中に酔っぱらって「お土産だぞぉう」と持って帰ってきたお寿司も、当日に食べられないと思ったらそのままにせず、必ず冷蔵庫に入れておくようにしましょう。

また、どうしても翌日以降も保存したいという場合は、冷凍保存という方法もあります。

お寿司の冷凍保存の仕方や、上手な解凍の仕方についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回はお寿司の冷蔵と常温での保存期間について調べてみました!

いかがでしたか?

ネタによっては翌日以降も保存が効くものもありますが、基本的には

冷蔵庫に入れたお寿司の賞味期限は翌日までで、常温に2時間以上置いたお寿司は傷んでいないか注意が必要です。

そして安全面もそうですが、なにより一度冷蔵庫で保管したお寿司ってシャリが硬くて美味しくなくなっちゃいませんか?

あのシャリの具合とネタが合わさってこその美味しいお寿司です。

せっかくのお寿司、美味しい思い出のままで終わらせたいじゃないですか。

安心安全に、そして最後まで美味しくいただくという事が、食べ物に対する感謝にもなるのではないかなと思います。

このご時世、テイクアウトやデリバリーでお寿司を楽しむ方も多いと思いますので、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク
寿司
スポンサーリンク
ライフアップトピックス

コメント