お寿司を冷蔵庫に入れたら固くなる!何とか食べれるように復活させたい!

寿司 冷蔵庫 固くなる 寿司

お寿司、美味しいですよねー!

私はお寿司が大好きでよく買ってきて食べるのですが、買いすぎて結構余ってしまうんですよね。

なので、「常温だとお寿司が傷んでしまう!」と思い冷蔵庫に入れておくんですが、1日たつとシャリがパサパサしておいしくない!

そんな失敗をした私が、なんと冷蔵庫に入れて固くなってしまったお寿司を復活させる技を習得致しました!これは朗報だー!

この方法を実行すれば、ついつい買いすぎてしまったお寿司を翌日も美味しく、限りなく買ってきた日に近い状態で美味しく食べることができますので、ぜひチェックしてみてください!

スポンサードリンク

お寿司を冷蔵庫に入れると固くなる原因は?

寿司 冷蔵庫 固くなる

そもそもなぜお寿司を冷蔵庫に入れると固くなってしまうのか。

その原因は主に

  • 乾燥
  • でんぷん質の老化

この二つが原因なんです。

冷蔵庫の中は特に乾燥していて、冷蔵室の温度は約0℃~10℃。

そのためシャリの水分が奪われ、パサついてしまいます。

ご飯の保存をするには冷蔵室は温度が低すぎて適していません。

また、この冷蔵室の温度がちょうどご飯のでんぷん質の老化が進むとされる、0℃~3℃に該当するので、米自体の味も落ちてしまいます。

なので、できるだけ良い状態を冷蔵庫で維持させるならば、野菜室がおススメです!

野菜室の温度は約7℃。

冷蔵室と比べると温度は若干高めになっているので、でんぷん質の老化を若干おさえることができるんです。

さらに冷やしすぎ防止として、残ったお寿司は蓋つきのタッパーに入れ、新聞紙をくるんで、私は念のためジップ付きのビニール袋に入れて、完全に乾燥を防ぐ対策をして保存してます。

すると、かなり効果は期待できますよ!

スポンサードリンク

固くなったお寿司をおいしく復活させる方法

寿司 冷蔵庫 固くなる

冷蔵庫である程度配慮して保存はしていても、それでも買ったばかりのあの状態を維持するのはなかなか厳しく、シャリのでんぷんの老化が進むのは完全には防ぐことはできません。

なので、これは必殺技なのですが、「シャリを電子レンジで温める!」

私が実際に試してみて効果があったのはこの方法です。

ネタの部分は温めてしまわないよう、ネタをはがしてシャリだけを耐熱皿にいれ、ラップをかけて少しずつ温めていきます。

いきなり温めすぎないよう、20秒ずつくらいで様子を見ながら温めると失敗しにくいと感じました!

軽く温まったら取り出し、人肌くらいになっていればネタをのせて完成!

これだけでもじゅうぶん再現できてはいるのですが、さらにひと手間加えるなら、温めるときにすし酢をハケなどで軽く塗っておくと乾燥してしまったシャリを復活させつつ、乾燥により飛んでしまった酢を補うことができるので、このひと手間はぜひ試していただきたいです!

スポンサードリンク

冷蔵庫で固くなってしまったお寿司を復活させる方法のまとめ

寿司を冷蔵庫に入れると固くなる原因についてお伝えしました。

冷蔵庫で保存する以上、シャリが固くなってしまうことは避けられませんが、

  • 保存は新聞紙とビニール袋に入れて、野菜室で保存
  • シャリだけを電子レンジで温める

といった対策をとることで、冷蔵庫のお寿司も美味しくいただけます。

出来たてのお寿司って、ネタは冷たくてシャリは人肌くらいに温かかったりしませんか?

この方法だと、その出来たてのお寿司にかなり近い感じで復活させることができたんです!

少し手間をかけてあげると、たくさん買いすぎて余らせてしまっても翌日、また美味しいお寿司を食べることができるので、ぜひ試していただきたいです!

ちなみに私はこの方法を知ってから、わざと多めに買って大好きなお寿司を堪能してしまっています(笑)

コメント