スポンサーリンク

炊飯器で炊いたご飯は保温でいつまで食べれる?保温時間は何日まで?

炊飯器 保温 いつまで ご飯

炊飯器には保温機能があるとは言え、いつまでも炊きたての状態を維持することは難しく

炊飯器メーカーが推奨する保温時間は機種にもよりますが、おおよそ12時間~24時間となっています。

しかし、これはご飯を傷まないように保てる時間であり、お米を美味しく保っている時間は12時間~15時間ほどで、炊きたてに近い状態は6時間ほどしか保てないと言われています。

高価な機種だともう少し長い時間品質を保てるものもありますが、炊飯器と言えども何日も保温するのは難しく、保温時間の限度は24時間以内が目安になります。

ご飯を炊くときは炊飯器を使うのが一般的ですが、今は電子レンジでご飯を炊くことができます。

一度に大量のご飯を炊くことは難しいですが、食べたいときに食べたい分だけ炊けるので、ご飯を余してしまう機会を減らせるかもしれません。

気になる方は、電子レンジ専用の炊飯器をチェックしてみてください。


また、ついついご飯を炊飯器に入れっぱなしにしてしまい、パサパサのご飯や少しニオイのするご飯を食べることになってしまう方は、保温中に少しでも水分の蒸発を抑えられるように、専用のシートを使ってみるの良いかもしれません。


スポンサーリンク

炊飯器の保温でご飯はいつまで持つ?

ご飯

最近の炊飯器メーカーが推奨する保温時間は、大体が12時間~24時間となっています。

中には、保温に特化した機種があり、30時間~40時間を謳っている製品もあります。

ただし時間が経てばご飯の味はどうしても落ちてしまうので、美味しく食べられる時間は約半日ほどで12時間~15時間と言われています。

もっと言うと、炊きあがりに近い状態で食べられるのは、6時間以内が限度と言われています。

もし初めから長時間の保温になることが分かっているのであれば、冷凍保存してしまうことをおすすめします。

スポンサーリンク

炊飯器に入れたままのご飯はどうなる?

ご飯

炊飯器に長時間入れたご飯はどうして味が落ちてしまうのか、その理由について見ていきます。

炊飯器の保温機能は、炊いたご飯の雑菌の繁殖を抑えるため、釜の内部を菌が繁殖しにくい60~70℃の高温に保つようになっています。

そのため時間が経てば経つほどお米の水分が蒸発してしまい、

  • お米の風味がなくなる
  • お米が黄ばんでくる
  • お米の水分が減りパサパサカピカピになる

以上のような理由で保温するとお米の味が落ちてしまいます。

保温機能で菌の繁殖を抑えることと引き換えに、水分の蒸発は避けられないのですが、少しでもご飯をおいしく保つ方法があるので、そちらについては次でご紹介します。

スポンサーリンク

炊飯器の保温でご飯を美味しく保つ方法

米の水分の蒸発を防ぐ

長時間炊飯器の中にご飯を入れていると、お米の水分が失われ食感が悪くなります。

なので少しでも水分が失われるのを防ぐことができれば、ご飯を美味しく保つことができます。

その方法として、炊きあがったご飯をなるべく中央に寄せるという方法があります。

炊飯器 ご飯 日持ち

こうすることで、ご飯と内釜の接触面が減り水分の蒸発量を減らすことができます。

また、水分の蒸発を抑えるためシートが市販されているので、そういった製品を利用しているのもいいかもしれません。


臭いニオイの素をなくす

長時間保温したご飯が美味しくないと感じる原因の一つに、炊飯器内のニオイがご飯に付着し味に影響を与えてしまう場合があります。

炊飯器内のニオイの原因は、炊飯器のフタのパッキンなどに付着した汚れや、そこれが元で増殖した雑菌だったりします。

こまめにパッキンや炊飯器内部を洗浄し、雑菌の繁殖を予防しましょう。

炊飯器のお手入れについては、こちらの記事で紹介しているのでチェックしてみてください。

ご飯を美味しく保存するなら冷凍

ご飯を美味しく保存する方法は、炊飯器の保温機能ではなく冷凍保存になります。

保存するなら冷蔵庫の方がいいとお思いの方もいるかもしれませんが、実は冷蔵だとご飯の劣化を早めてしまうのでおすすめしません。

冷凍だとお米のおいしさを損なわずに保存することができるので、冷蔵よりも向いています。

ご飯の冷凍保存のやり方については、こちらの記事で詳しくご紹介しているのでぜひ参考にしてみて

ください。

ちなみにご飯は常温のときに食中毒の原因となる菌の繁殖が活発になるので、長時間常温に置くのは控えましょう。

スポンサーリンク

まとめ

炊飯器で炊いたご飯は、保温でいつまで日持ちするかについて調べてみました。

  • 炊飯器メーカーが推奨する保温時間は12時間~24時間
  • ご飯を美味しく保てる保温時間は12時間~15時間ほど
  • 炊きたての状態を保てる保温時間は6時間程度

最近では、24時間以上保温しても美味しさをキープできる機種もあるようです。

とはいえ、やはりご飯は炊きたてが一番おいしいので常に食べる分だけ炊けるのが理想です。

どうしてもそれが難しく、半日以上保温が続くようなら冷凍保存したほうがご飯の品質を保つことができます。

炊飯器の保温機能を正しく理解して、ご飯をおいしく頂きましょう。

ついつい炊飯器の保温に頼ってしまう方は、電子レンジ専用の炊飯器がおすすめです。


スポンサーリンク
ご飯
スポンサーリンク
ライフアップトピックス

コメント