炊飯器で炊いたご飯はいつまで日持ちする?保温時間は何時間まで?

炊飯器 フード

ご飯を炊いた後、保温機能を使用すればいつまででも品質が保たれてると思い、ついつい入れっぱなしなんてこともあるかと思います。

でも長時間炊飯器に入れたご飯は、お米がパサついていたり、少しニオイがしたりすることがあると思います。

保温機能があるとは言え、いつまでも炊きたての状態を維持することは難しいと思われます。

では実のところ、炊飯器の保温機能でどのくらい日持ちするのかは、意外と知らなかったりしませんか?

そこで今回は、炊飯器の保温でご飯はどのくらい日持ちするのか調べてみたので、今後の皆さんのライスライフにお役立てください。

スポンサードリンク

炊飯器の保温でいつまで日持ちする?

ご飯

最近の炊飯器が推奨する保温時間は、12時間~24時間となっています。

保温に特化した機種だと、30時間~40時間というものもあります。

ただし時間が経てばご飯の味はどうしても落ちてしまうので、美味しく食べられる時間は約半日ほどで12時間~15時間と言われています。

もっと言うと、炊きあがりに近い状態で食べられるのは、6時間以内が限度と言われています。

もし長時間の保温になることが分かっているのであれば、冷凍保存してしまうことをおすすめします。

スポンサードリンク

炊飯器に入れたままのご飯はどうなる?

ご飯

炊飯器に長時間入れたご飯はどうして味が落ちてしまうのか、その理由についてみていきます。

炊いたご飯の雑菌の繁殖を抑えるため、炊飯器の中は菌が繁殖しにくい60~70℃の高温に保たれています。

そのため、時間が経てば経つほどお米の水分が蒸発してしまいます。

  • お米の風味がなくなる
  • お米が黄ばんでくる
  • お米の水分が減りパサパサになる

お米の水分が蒸発すると、ご飯が上記のようになり味が落ちてしまいます。

スポンサードリンク

炊飯器の保温でご飯を美味しく保つ

米の水分の蒸発を防ぐ

長時間炊飯器の中にご飯を入れていると、お米の水分が失われ食感が悪くなります。

なので少しでも水分が失われるのを防ぐことができれば、ご飯を美味しく保つことができます。

ご飯の水分が失われるの防ぐためには、なるべくご飯を中央に寄せて保温しましょう。

こうすることで、ご飯と内釜の接触面を減らし、少しでもご飯に伝わる熱を減らすことができるからです。

ニオイの素をなくす

長時間保温したご飯が美味しくないと感じる原因の一つに、炊飯器内のニオイがご飯に付着し味に影響を与えてしまう場合があります。

炊飯器内のニオイの原因は、炊飯器のフタのパッキンなどに付着した汚れから増殖した雑菌だったりします。

こまめにパッキンや炊飯器内部を洗浄し、雑菌の繁殖を予防しましょう。

ご飯を美味しく保存するなら冷凍がおすすめ

ご飯を美味しく保存する方法は、炊飯器の保温機能ではなく冷凍保存になります。

ただこれも、正しい冷凍保存のやり方でやった場合です。

ちなみに、冷蔵保存はご飯の劣化を早めてしまうのでやらないほうがいいです。

そして常温保存は、食中毒の恐れもあるのでお勧めできません。

詳しくは下の記事で紹介しているのでご参照下さい。

スポンサードリンク

まとめ

炊飯器で炊いたご飯の日持ちについて調べてみました。

最近の炊飯器は24時間以上保温しても食べることができます。

ただし、ご飯の品質を保っていられる時間は半日程度で、炊きたてのように美味しく食べられるのは6時間が限度です。

やはりご飯は炊きたてが一番おいしいので常に食べる分だけ炊くのが理想ですが、どうしてもそれが難しく、保温時間が長くなる場合は冷凍保存したほうがご飯の品質を保つことができます。

炊飯器の保温機能を正しく理解して、ご飯をおいしく頂きましょう。

コメント