ご飯

ご飯

ご飯の水の量を間違えた柔らかいべちゃべちゃご飯のリメイクレシピ!

べちゃべちゃご飯は、ラップをかけずにレンジでチン、または炊飯器で再炊飯で復活させることができるかもしれません。または、リゾット、雑炊、チャーハン、ライスコロッケ、焼きおにぎり、甘酒などにリメイクすれば、べちゃべちゃのご飯を利用した美味しい料理としていただけます。
ご飯

炊飯器で炊いた米に芯が残る原因は?芯があるときの対処法も紹介!

炊飯器で炊いたお米に芯が残るのは、次のような原因が考えられます。米の計量ミス、硬水で炊いた、洗米が不十分、炊飯器の設定ミス、ほぐし足りない、炊飯器の劣化、米の劣化、水の浸透不足。炊きあがったご飯に芯が残った時の対処法についてもご紹介しています。
ご飯

冷蔵庫にご飯を入れると硬くなる!固くならない方法や固くなったご飯を復活するには?

ご飯い含まれるデンプンは、0℃~5℃くらいの時に固くなりやすい性質があるため、平均温度が0℃~10℃の冷蔵庫内はご飯が硬くなりやすい環境です。ご飯の品質を保つには、冷凍保存か炊飯器の保温機能がおすすめです。固くなったご飯を復活させるには、蒸し器で蒸らす、電子レンジで温める、アレンジ料理に使うといった方法があります。
ご飯

炊飯器で炊いた米が底で茶色く汚れているけど食べられる?変色の原因は?

米が茶色く炊きあがった主な原因として、炊飯器の劣化、炊飯器の汚れ、炊飯器の設定が間違っている、お米が古い、米研ぎが甘い、水の分量が間違っているなどが考えられます。おこげ以外は、基本的に茶色くなったところは食べずに取り除いた方がいいでしょう。
ご飯

ご飯が炊飯器の内釜にくっつく!こびりつく原因と防止方法が知りたい!

炊飯器の内釜に米がくっつく原因に、お米がつぶれてしまう、乾燥、炊飯器又は内釜の劣化などが考えられます。これらを防止する方法として、米を固めに炊く、長時間保温しない、内釜の手入れなどがあげられます。毎日、内釜にくっついたお米を落とすのに疲れた方は、ぜひ最後まで読んでみてください。
ご飯

炊き込みご飯の素が賞味期限切れから1か月だけど使える?ちょい足しアレンジレシピも知りたい!

炊き込みご飯の素の賞味期限が切れてしまっても1か月程度なら食べられることが多いです。でも未開封で保存状態が良い場合に限ります。炊き込みご飯の素は具材をちょい足してボリュームを出したり調味料で味にアクセントを加えるとさらに美味しく食べられます。
ご飯

炊飯器の内蓋を洗う頻度は?毎回洗うの?各パーツごとの洗い方も紹介!

炊飯器の内蓋は、使用したら毎回洗いましょう。蒸気口も取り外し可能なものは毎回洗い、細かい部分は綿棒などで汚れを落とします。内釜はコーティングが剝がれないように、柔らかいスポンジで撫でるように洗ます。ニオイが気になる場合は、「重曹」や「クエン酸」を使用すると臭いが落ちやすいです。
ご飯

炊飯器で炊いたご飯は保温でいつまで食べれる?保温時間は何日まで?

炊飯器メーカーが推奨する保温時間は12時間~24時間ですが、そのうちご飯を美味しく保てる保温時間は12時間~15時間ほどとされています。さらに言うと、炊きたての状態を保てる保温時間は6時間程度です。炊飯器の保温機能でも、保温時間は24時間以内が目安になります。
ご飯

炊飯器を途中で止めてしまったり開けたけど炊き直しできる?停電の時の対処法は?

炊飯器の蓋を途中で開けてしまった場合、すぐに気が付いたときは閉じてそのまま続行して大丈夫です。時間が経ってしまったときは、炊飯の進捗によって「早炊き・高速炊飯」で炊き直すか「保温」で蒸らすかを判断します。もし停電になっても、ほとんどの炊飯器は復旧後に継続炊飯されますが、長時間続くと「取り消し」状態になるので注意が必要です。
ご飯

パサパサご飯をふっくらに復活させたい!ぼそぼそになる原因は?

パサパサに炊きあがってしまったご飯をふっくらに復活させる方法として、炊飯器で蒸らす、レンジで温める、アレンジ料理に使う、といったものがあります。ご飯がパサパサ、ぼさぼさに炊きあがってしまう原因には、水が少ない、米が古い、蒸らしが足りない、炊飯器の故障などが考えらます。