スポンサーリンク

イチゴがぶよぶよでピンク色に変色してるけど食べられる?

いちご 変色 食べられる イチゴ

いちごを食べるとき部分的にピンク色っぽく変色していることってよくありませんか?

ただのカワイイきれいなピンクっていうわけではなく、なんかぶよぶよしている感じというか…。

「これって腐ってる?!」って、やっぱり食べられるのかどうか気になったりしますよね。

この記事ではいちごの変色は食べることができるのかどうかについてご紹介します。

変色の状態によっては食べるのをあまりオススメできない状態もありますので、甘くて美味しいいちごを安心して食べることができるよう、ぜひチェックしてみてくださいね!

スポンサードリンク

ぶよぶよで変色したイチゴは食べても大丈夫?

いちご 変色 食べられる

まずは変色したいちごは食べることができるのかどうかについてです。

いちごの変色でよくみられるのが

「ピンク色っぽくてぶよぶよしている状態」

「黒っぽくてぶよぶよしている状態」

この2つが特によくみられる現象だと思います。

この2つの違いについて見ていきましょう。

ピンク色っぽくてぶよぶよしている状態

この状態は基本、食べても健康被害が出ることはあまりありません。

いちごはとってもデリケートでほんの少しの刺激にも弱く、軽く当たっただけでもしばらくするとピンク色に変化します。

人間に例えると「机の角に外ももぶつけて気が付いたらアザができた」あの状態に近いですかね(笑)

人間は回復しますが、摘み取ったいちごは回復しません。

ピンク色の状態だとまだ何かに当たってさほど日数がたっていない状態なのですが、これを放置するとやがてこの部分から腐りやすくなると言われています。

そのため、この状態になったいちごはできるだけ早く食べるようにした方が良いですね。

黒っぽくてぶよぶよしている状態

上記のピンク色でブヨブヨしている状態からしばらく日数がたつと、やがてこの部分から黒っぽくなっていきます。

こうなってくるとすでにいちごが傷んでいる可能性があるので、食べないほうが良いです。

私の場合はこうなったときは、黒っぽく傷んでいる部分だけを切り落として食べてしまうことが多いです。

特に健康を害することはなかったのですが、食べる場合は自己責任のもと判断された方が良いですね。

私がめちゃくちゃ身体が頑丈だったってことも考えられるので(笑)

ですがここからカビが発生している状態はすでにいちご全体に菌がまわりこんでいる可能性も考えられますので、残念ですが食べるのを諦めたほうが良いと思います。

スポンサードリンク

イチゴが傷む原因と対策

いちご 変色 食べられる

イチゴが傷む原因で考えられるのは、パック詰めされたイチゴであれば、イチゴどうしが当たってしまって傷んでしまうということが第一に考えられます。

パックのいちごが転がったりしないよう、ぴっちり詰められていると思うのですが、この状態のまま保存するとパックや重なりあったいちごどうしで傷んでしまいます。

そのため、購入後はすぐにいちごが重ならないよう、別の密閉容器に移し替えるようにしましょう。

冷蔵庫の野菜室で保存すると1番鮮度を保つことができます。

その際はいちごは洗わず、ヘタがついたまま保存するようにしましょう。

水分が残った状態だと菌が繁殖しやすいので、食べる直前に洗ってヘタをとって食べるようにすると新鮮な状態をキープすることができます。

スポンサードリンク

まとめ

今回は変色したいちごは食べられるかについてご紹介しました。

  • ピンクのぶよぶよいちごは食べても大丈夫だが、早めに食べるようにする
  • 黒っぽいぶよぶよいちごは腐っている可能性があるため食べないほうがよい
  • いちごは別容器に重ならないように並べて冷蔵庫で保存する

これらの3点をおさえておくと安心していちごが食べられるようになりますよ。

また、いちごの保存方法についてはコチラの記事も参考になると思いますので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね!

コメント