親子丼をお弁当に入れて大丈夫?お弁当の詰め方にも注意!

親子丼 お弁当 大丈夫 親子丼

親子丼ってよく作るんですよ。

なぜって。

器1つで成立する料理なので洗いものが少なくてすむでしょう。おまけに美味しい。

そこでふと思ったのですが…。

「親子丼って、お弁当に持っていけるんだろうか」

これです。

親子丼をお弁当として持って行くことができれば、お弁当のおかずにアレコレ作らなくてすみますし

「親子丼」で献立なり立つでしょう?

調べてみると、親子丼はお弁当として持っていくことは可能です。

ただし、いくつか注意点があるようですので、どのようにして詰めて持っていくのかについてご紹介します!

親子丼をお弁当として持って行くことができれば、絶対お弁当作りの時短になるはずですのでぜひチェックしてみてくださいね!

スポンサードリンク

親子丼をお弁当に入れるときの注意点

親子丼 お弁当 大丈夫

親子丼をお弁当として持っていく際の注意点。

キーワードは

「汁気」「卵」

です。

つまりどういうことかというと

親子丼を作るときって、あのつゆだくが美味しかったりもするのですが、お弁当にもっていく際は要注意です。

常温で持ち運びする際は、水分が多い食品ほど傷みやすいと言われているのでお弁当用に親子丼を作る場合は、水分量をできるだけ少なくして作るようにした方が良いです!

あと「卵」についてですが、こちらもあのトロッと半熟具合がたまらないのですが、お弁当となるとこちらも遠慮しておいた方がよいですね…。

卵は特にきちんと加熱していないと菌が繁殖しやすく、食中毒の原因にもなりかねないので、ここはぐっと我慢してしっかりと火を通すようにしましょうね!

スポンサードリンク

お弁当に親子丼を上手に詰めて持って行く方法

親子丼 お弁当 大丈夫

汁気を少なめにする。

卵は完全に火を通すようにする。

このポイントを押さえておけば、よほど暑い時期や長時間にわたって常温に置かない場合は

そのままご飯の上に乗せてしまっても問題はないです。

まあ、この方が洗い物が少なく済んで私としてはこのスタイルが楽で嬉しいんですが…。

ところが、真夏の時期だとこれがちょっと心配なんですよね。

ご飯に親子丼の水分が浸透して、その部分から傷みやすくなっていくと言われていますので

やはりご飯と具材をセパレートして持っていく方が安全です!

その際、具材のほうはやはり汁漏れが心配になると思いますので、私がよく実践している方法をご紹介します!

それは、具材を入れた密閉容器に蓋をする前にラップを被せてから蓋をすることなんです!

全く汁漏れしない!なんていう優秀なモノもそろっているご時世なのですが、使う容器によってそれがちょっと心配だなと思うときはぜひ試してみてください!

容器をよっぽどぶん回さない限り、漏れることはありませんでしたよ!


親子丼の気になる賞味期限についてはこちらもチェック!
スポンサードリンク

まとめ

今回は親子丼をお弁当として持っていく際の注意点についてご紹介しました!

親子丼はお弁当として持っていくことはできます!

ただし、汁気を少なくして、卵は完全に火を通す。

お弁当用の親子丼として作る必要はありますね!

気温が高い時期はご飯と具材、別々で持っていく方が安全に食べることができます。

これらのポイントを押さえておくと、親子丼はお弁当でも美味しく安全に食べることができますよ!

私はこれらを実践してから、丼のお弁当の登場回数が増えました!

多分8割はこのスタイルでお弁当作ってます(笑)

お弁当って、中にいれるおかずをどうしようか迷うし、いろいろ作って用意しないといけなかったのですが、その手間が一切なくなったのがすごく嬉しいです!

お弁当は時短がすべてです!

ぜひこの親子丼弁当をきっかけに家事の時短につながれば幸いです。

コメント