スポンサーリンク

たこ焼きの賞味期限はどれくらい?常温、冷蔵、冷凍それぞれの日持ちは?

たこ焼き 賞味期限 日持ち たこ焼き

皆さんは夏祭りに行くと必ず買うものはありますか?

私は100%「たこ焼き」を買います!

夏祭りと言ったら「たこ焼き」!これを食べるためにお祭りに行くといっても過言ではありません。

お祭りのたこ焼きって、特別に美味しく感じるものなんですよねー。

そんなたこ焼きを明日も明後日も楽しみたい…。

そう考えた私は

たこ焼きの賞味期限について調べてみました!

「常温」「冷蔵」「冷凍」でどのくらいの日持ちがするのか、またどんなふうに保存しておくほうがいいのかを知ることで、保存したたこ焼きを美味しく食べることができるようになりますので、

「たこ焼き大好き!明日も明後日もたべたーい!」

という同志の方、必見です!

スポンサードリンク

たこ焼き常温での日持ち

たこ焼き 賞味期限 日持ち

以前お祭りで買ったたこ焼きが食べきれず、冷めてから冷蔵庫に入れようと思っていたのにそのまま寝落ちしてしまい、常温でそのまま翌日まで放置してしまったことがありました…。

すると、翌日…ちょっとニオイに違和感があったんですよね…。

夏の暑い季節だったので、残念ながら処分してしまうことにしました(ゴメンナサイ)

たこ焼きは常温ではやはり日持ちはほとんどせず、夏場だとせいぜい4~6時間ほどしか日持ちしません。

しかも保存状況によっては私のように、腐らせてしまうケースもありますのでくれぐれも常温で放置することはしないようにしましょう!

スポンサードリンク

たこ焼き冷蔵庫での日持ち

たこ焼き 賞味期限 日持ち

たこ焼きは冷蔵だと丸一日は日持ちしますので、翌日もたこ焼きを食べたい方は常温で放置せず、必ず冷蔵庫へ入れるようにしましょう!

冷蔵で保存する場合は、買ってきた時の器のまま冷蔵庫に入れず、必ず密閉できる保存容器に入れるようにしましょう。

密閉容器に入れることで冷蔵庫のにおい移りや乾燥を防ぐことができるようになります。

温めなおす場合は、電子レンジ対応の器に入れて20秒ごとに少しずつ温めなおすと、均一に温めることができます。

ちなみに好みの問題もありそうなのですが、私はラップをせずに温めなおしています。

ラップをかけるとたこ焼きが少しべチャッとなるような気がするので。

スポンサードリンク

たこ焼き冷凍での日持ち

たこ焼き 賞味期限 日持ち

買ってきたたこ焼きを長期保存する場合は冷凍してしまうのがオススメです。

たこ焼きは冷凍で約2週間は日持ちさせることができますので、保存目的で大量買いをした場合は冷凍保存をするようにしましょう!

たこ焼きはラップに包んでジップ付き保存袋に入れて冷凍しましょう。

その際、金属製のトレーがあればそのトレーに乗せて冷凍庫へ入れるとより早く冷凍状態にすることができ、品質の劣化を遅らせることにもつながりますのでぜひ活用したほうが良いですよ!

解凍する際は凍ったまま電子レンジで少しずつ解凍していきましょう。

いきなり長時間で温めると、温め具合にムラができたり焦げ付いたりしますので焦らず少しづつ解凍していくとうまくいきますよ。

保存目的で買うならソース無しで注文?

あらかじめソースがかかっている状態で保存をすると、どうしてもソースの水分でたこ焼きがベチャっとなってしまうものです。

もし、最初から保存目的で購入するということなのでしたらソース無しで購入してみると良いですよ!

ただ、「当店自慢!秘伝のソース!」なんて謳い文句があればちょっと心揺れますよね…(笑)

スポンサードリンク

まとめ

今回はたこ焼きの賞味期限について、常温、冷蔵、冷凍でどのくらい日持ちするのかについてご紹介しました!

  • 常温は日持ちしない。4~6時間を目安に食べきってしまう
  • 冷蔵は約1日。密閉容器で保存する
  • 冷凍は約2週間。急速冷凍で品質の劣化を遅らせるようにして保存する

この3点を意識して保存するようにすれば、たこ焼きを美味しく食べることができますので、ぜひ試してみてください!

コメント