スポンサーリンク

手作りチョコレートブラウニー・チョコムースなどの日持ちを調査!

チョコレート ブラウニー 日持ち チョコレート

皆さんは、チョコレートを使ったスイーツを作ったり貰ったりした時に「消費期限はどのくらいなんだろう?」と思ったことはありませんか?

お店で購入するスイーツであれば、賞味期限及び消費期限が大体表示されていますが、手作りとなるとちょっと日持ちが心配ですよね。

友達などから手作りスイーツを貰った際に、当日のうちに食べきれなかったものは日持ちもそうですが、保存方法も気になります。

そこで、この記事では代表的なチョコスイーツ

  • チョコレートブラウニー
  • チョコムース
  • チョコクッキー

の日持ちや保存方法について紹介したいと思います!

スポンサードリンク

手作りチョコレートブラウニーの日持ちと保存方法

チョコレート ブラウニー 日持ち

常温での日持ち

チョコレートブラウニーの日持ちですが、常温では2日から4日以内とされています。

ちなみに、チョコブラウニーは作った当日よりも翌日の2日目の方がしっとりしており美味しさがアップと言われています。

冷蔵での日持ち

冷蔵での保存だと、最大1週間ほど日持ちするとされています。

冷凍での日持ち

冷凍であれば、3週間から1ヶ月は日持ちします。

バレンタインや誕生日にチョコブラウニーを貰っても最大翌月まで楽しめますね!

手作りチョコレートブラウニーの保存方法

常温にするにしても、冷蔵や冷凍する場合でもラップに包んで保存することが大切です。

チョコブラウニーの美味しさは、なんといってもあのしっとり食感に加え絶妙な甘さのバランスです。

スイーツだけでなく、食べ物を保存する時には乾燥を防ぐことや直射日光は避けることは重要です。(干しとくと旨味が増すものは除きます。アジの開き大好きです。)

さらに言うと、チョコブラウニーに何が入っているかによっても日持ちは変わってくるので注意して下さいね‼︎

生のフルーツが入っていると傷みやすくなってしまいますので早めに食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

手作りチョコムースの日持ちと保存方法

チョコレート ブラウニー 日持ち

常温での日持ち

チョコムースの日持ちについてですが、まずムースは常温では日持ちしないので注意しましょう。

その理由は、ムースを作る時に必要な材料の「ゼラチン」にあります。

ゼラチンは20度以上になると崩れ出すので、夏場など室温でも溶けてしまいます。

なので常温にはおかないようにしましょう。

持ち出す際は、必ず保冷剤などの対策が必要です。

冷蔵での日持ち

常温では日持ちしないチョコムースですが、冷蔵保存の場合でも日持ちは、3日ほどです。

しかも手作りの場合は雑菌が発生しやすいので、冷蔵庫に入れていたとしても作ってから翌日中には食べてしまった方がいいでしょう。

冷凍での日持ち

冷凍保存の場合は週間以上保存することは可能です。

しかし、それ以上過ぎると冷凍庫の匂い移りが起こったり、だんだんとおいしさが失われてしまうので、できるだけ1週間以内に食べきってしまった方がよさそうです。

また、原材料の分量によっては解凍したときに水分が出てくることもあるので注意が必要です。

手作りチョコムースの保存方法

チョコムースの保存方法については、先に述べたように溶けてまう恐れがあるので常温に置くのはやめましょう。

チョコムースの保存には、冷蔵または冷凍になります。

冷蔵庫、冷凍庫いずれに入れる際もラップを被せたり、ジップロックなどのフリーザーバッグに入れて乾燥や匂い移りを防ぎましょう。

とにかく早く食べることが鉄則なのでそこを守ればバッチリです

スポンサードリンク

手作りチョコクッキーの日持ちと保存方法

チョコレート ブラウニー 日持ち

最後に、定番手作りスイーツのチョコクッキーの日持ちを見ていきましょう。

クッキーは製造過程で火を通しているので、生菓子に比べて日持ちは長く常温で1週間近く持ちます。

ただしおいしい状態で頂くなら、最大3日以内には食べましょう♪

保存するときは基本的に常温保存で大丈夫ですが、湿気対策として密封容器に入れ、直射日光の当たらないところで保存しましょう。

スポンサードリンク

まとめ

スイーツは作るのも渡すのも食べるのも楽しくて美味しいですよね!

今回はチョコレートをメインとするスイーツの中で、ブラウニー・ムース・クッキーを取り上げてみました。

日持ちと保存方法が分かったと思いますので、みなさん美味しく楽しくスイーツ生活を送っていきましょう!

筆者も貰ったスイーツは当日までに一生懸命食べようと心に決めました。

それでは、レッツ!クッキング〜

コメント