スポンサーリンク

レトルトご飯が賞味期限切れに!半年以上過ぎてるけど食べても大丈夫?

レトルトご飯 賞味期限切れ 半年 レトルトご飯

最近自宅の食糧庫を片付けしていた時の出来事。

すっかり忘れ去られてしまい、賞味期限をゆうに半年は過ぎてしまっていたレトルトご飯を見つけました。

見た目は何も変化はなかったので、ビビりながらも通常通りレンジで温めて食べてみたのですが…。

全く問題なし!普通に美味しい!

賞味期限めちゃくちゃ過ぎてるのになんでこんなに変化ないんだろーと感心しましたよ。

調べてみると、なんとレトルトご飯は賞味期限が切れてたとしても食べられるという意見が大多数だったのです。

ではなぜレトルトご飯はこんなにも長期の保存が可能なのでしょうか。

その秘密について詳細を見ていきましょう!

スポンサーリンク

賞味期限切れのレトルトご飯は食べられる?

レトルトご飯 賞味期限切れ 半年

レトルトご飯は賞味期限が過ぎていても食べることができます。

一体いつまで食べることができるの…?

実は賞味期限自体が「美味しく食べられる期間」となっていて賞味期限切れだからと言って、必ず食べることができなくなってしまうわけではないのです。

賞味期限切れから1ヵ月が経っていても、場合によっては1年が経っていても食べることも可能なようです。

レトルトご飯の賞味期限はなぜ長い?

一般的にレトルトご飯の賞味期限は、約1年ほどに設定されているものがほとんどです。

普通に「ご飯」と考えると、そこまで長い保存期間であるのがなんだか不思議な感じがしますよね?

これにはレトルトご飯の製造過程に秘密があるです。

レトルトご飯はお米の時点で高温のスチームにより完全に雑菌を消滅させているのです。

さらに真空状態でパックすることで、完全に菌が繁殖することのない状態を維持することができるからなのです。

保存状況によりパックに穴が開いていて空気に触れてしまっている場合は、未開封であっても雑菌が繁殖してしまっている可能性もありますので、食べる際は十分に注意が必要です。

スポンサーリンク

レトルトご飯はそのまま食べられるの?

レトルトご飯 賞味期限切れ 半年

パッケージを見ても「温めずに食べると危険です!」といった文言はなかったので、とりあえずそのまま食べてみました。(謎に身体を張る)

結論。ぽそぽそして全く美味しくないので温めたほうが良いです。

しかもなんか変なニオイもするし。

この「変な」ニオイについては後ほど説明しますが…。

あるメーカーさんのサイトによると「温めてお召し上がりください」とありました。

調べてみると、冷たいご飯はデンプンが老化していて、消化に悪いからということのようです。

温めることで老化したデンプンが糊化され、消化できるデンプンに変化するのでメーカーさんも温めることを推奨しているみたいですね。

スポンサーリンク

レトルトご飯が臭い原因

レトルトご飯 賞味期限切れ 半年

レトルトご飯を温めずに食べたときに感じたのですが

「なんかちょっと臭い」

これはレトルトご飯を長期保存させるにあたり、PH調整剤や酸化剤が含まれていることが原因のようです。

温めた場合であっても、ニオイに敏感な方はその匂いに気付くようですね。

私は全く気になりませんが。

PH調整剤が含まれていることでご飯の変色や腐敗を防ぐ効果がありますし、酸化剤によりご飯の酸化を防ぐ効果がありますので、レトルトご飯を製造するうえで欠かせないものではありますね。

レトルトご飯のニオイを消す方法

レトルトご飯を温める前に、小さじ1杯程度の日本酒を振りかけて加熱してみてください!

気になるニオイが軽減され、ご飯もふっくらと温めることができます。

これは日本酒も米からできていて、相性が良いからですね。

日本酒の自然な甘い香りでレトルトご飯も甘みが出て、より美味しく食べることができますよ!

スポンサーリンク

まとめ

今回はレトルトご飯の賞味期限についてご紹介しました!

  • レトルトご飯は賞味期限が半年以上過ぎていても食べられる
  • レトルトご飯はそのまま食べると消化に悪いので温めて食べること
  • レトルトご飯は長期保存を可能にするためPH調整剤や酸化剤が使われていてニオイが発生する

最後に。

レトルトご飯は賞味期限が過ぎていても食べることはできるのですが、あくまできちんと保存できていることが絶対条件です。

パッケージが破れていたり、穴が開いている箇所があるとそこから腐敗していきますので、賞味期限切れを食べる際は自己判断のもと、じゅうぶん気を付けて食べるようにしましょう!

スポンサーリンク
レトルトご飯
スポンサーリンク
ライフアップトピックス

コメント