ケーキ

炊飯器ケーキが上手く焼けない!生焼けは保温、レンジで対処できる?

炊飯器ケーキが生焼けだった場合は、ひっくり返してもう一度ケーキモードもしくは炊飯で10分で加熱してみてください。生焼けは、電子レンジやフライパンを使って中まで火を通すこともできます。電子レンジなら600Wで3分加熱し、フライパンの場合は油をひいてケーキをのせ、蓋をするかアルミホイルで上部をおおって弱火で蒸し焼きすると、中まで焼くことができます。
ごぼう

きんぴらごぼうの日持ちは冷蔵、冷凍で何日?保存方法はどうやるの?

きんぴらごぼうの冷蔵保存での日持ちは3~4日程度、冷凍保存での日持ちは1ケ月ほど、常温保存での日持ちは1日から1日半ほどです。保存するときは、密封容器に移し替えてから冷蔵、冷凍しましょう。作り置きをお弁当に入れるときは、鍋で火入れするかレンジで1分以上加熱してからにしましょう。
ケーキ

スポンジケーキを炊飯器で作ったけど膨らまない!失敗しないでふわふわに作るコツが知りたい!

スポンジケーキが膨らまない原因は、十分空気を含んだ状態まで卵を泡立てていないことにあります。ハンドミキサーを使ってしっかり卵を泡立てることが重要です。ハンドミキサーがない場合は、ホットケーキミックスを使うと小麦粉とはまた違った美味しいケーキができます。
ぶどう

ぶどうの賞味期限は冷蔵庫だとどれくらい?カビが生えても食べられる?

ぶどうを冷蔵保存する場合は、一粒ずつ軸を2~3mm残してハサミで切りタッパーに入れ野菜室で保存すると、1週間程度日持ちさせることができます。ぶどは、枝部分や実がついている軸部分にカビが生えることが多く、その部分を取り除けば食べても大丈夫です。
カニカマ

カニカマは赤ちゃんにいつからあげていい?アレルギー症状ってどんなの?

赤ちゃんにカニカマを食べさせていい時期は、1歳以降と言われています。また、カニカマは魚のすり身で作られていますが、カニエキスが入っていますので少量でもアレルギーの心配があります。今回は赤ちゃんにカニカマをあげられる時期、カニカマのアレルギー症状、カニカマを使った簡単なレシピを紹介します。
冷凍食品

冷凍食品は何歳から食べていいの?子供に冷凍食品ばかりはよくない?

子供が冷凍食品を食べられるようになる時期は、冷凍野菜・冷凍うどんは離乳食中期(生後7~8ケ月)、調理済みおかずのチャーハンやピザなどは2歳を過ぎてからとされています。子供に冷凍食品ばかり食べさせると栄養バランスがかたよってしまい、味覚形成に影響する可能性があります。
ピーナッツ

ピーナッツの薄皮には栄養が満点?食べるとどんな効能があるの?

ピーナッツの薄皮には、抗酸化作用や血流改善の効果があるポリフェノールが沢山含まれているので皮をむいて捨ててしまうのはもったいないです。しかもピーナッツの薄皮に含まれるポリフェノールには、アンチエイジング効果があると言われる、最強ポリフェノール「レスベラトール」が含まれています。今回はピーナッツの薄皮に含まれる栄養とその効能、薄皮の簡単なむき方などを紹介します。
シュトーレン

手作りシュトーレンの日持ちは冷凍だとどれくらい?保存方法や人気の食べ方も紹介!

手作りシュトーレンの日持ちは把握されていますか?冷凍で保存した場合の日持ちは、約2~3週間ほどになります。今回は、手作りシュトーレンの保存方法や人気の食べ方、また日持ちさせる切り方などについても紹介しています。
キウイ

キウイの追熟でりんごの種類は何がいい?バナナやみかんだと何日くらいで追熟する?

キウイの追熟におすすめのりんごの品種は、つがる、ジョナゴールド、王林です。キウイの追熟はリンゴだけではなく、バナナ、みかん、桃、メロン、アボカドでも可能です。今回はキウイの追熟を早めてくれるりんごの種類、またりんご以外の追熟方法を紹介します。