やすらぎの刻(道)第94話ネタバレ乃木坂テレビの対応に憤慨する出演者たち!

やすらぎの刻 道 第94話 やすらぎの刻

テレビ朝日帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年8月15日放送、第94話の内容をご紹介。

乃木坂テレビへの出演を止められなかったことを悔やむ理事長。

そしてついに迎えたテレビ収録の日。

菊村、お嬢、マヤはこっそり収録の様子を覗き見ることに。

乃木坂テレビに到着した桂木夫人たちを待ち受けていたのは、テレビ局の目に余る対応だった。

一方で、番組のホストを務めるタレントへの局の対応は忖度極まりなく、その様子に憤慨するやすらぎの郷の面々。

果たして収録はどうなってしまうのか。

■やすらぎの刻-道-第94話 あらすじ(公式ツイッター)

←第93話 乃木坂テレビの企画に菊村激怒!     第95話大荒れの収録→

スポンサードリンク

理事長の後悔

菊村(石坂浩二)と理事長の名倉(名高達男)がカサブランカで飲んでいる。

理事長は、桂木夫人一派が乃木坂テレビに出演することを止めることができなかったことを菊村に侘びた。

そして、「あとはただ、テレビ局の良心を信じるしか方法がなくなった」と言って、出演者たちが恥をかかない事を願った。

菊村は、「彼らが自ら望んだことなんです。あとは結果がどうなるか待ちましょう」と言って、理事長を慰めた。

菊村が、やすらぎの郷の住人は皆静かな暮らしを望んでいるかと思っていたが、今回の一件でそんな彼らの中にも、未だに花を咲かせたいと思う気持ちがあることに驚いたと言うと、理事長も「そういうもんなんですなあ、人間って生き物は」と共感した。

そんな事を言いながら、ひっそりと「道」のシナリオを書いている自分も、彼らと同じようにどこかで「道」が世間の注目を浴びることを望んでいるのではないかと菊村は自問するが、「ただ自分が最後のエネルギーを費やして生きた証を自ら味わいたい」そのために書いているのだとその疑問を払拭した。

スポンサードリンク

ぞんざいな扱いを受けるやすらぎのメンバー①

番組収録の日、菊村は東京で開催している人形作家、与勇輝の展覧会に行くため準備をしていた。

するとそこに、お嬢(浅丘ルリ子)とマヤ(加賀まりこ)がやってきて、テレビ収録をこっそり覗き見すると言ってきた。

そして菊村は、強引に乃木坂テレビに連れて行かれるのであった。

 

乃木坂テレビの会議室のような部屋に詰め込まれた、桂木夫人(大空眞弓)、中川玉子(いしだあゆみ)、九重めぐみ(松原智恵子)、岸井さとみ(水野久美)、香川さくら(丘みつ子)、原田剛(伊吹吾郎)、那須十三郎(倉田保昭)、高井秀次(藤竜也)、マロ(ミッキー・カーチス)がスタッフから番組の説明を受けていた。

別のスタッフが、番組のホストである豊臣家康(木下ほうか)の到着を告げると、スタッフたちは豊臣家康の出迎えに行ってしまった。

するとそこに、専務の石坂と編成局長の柳年男(小木茂光)がやって来て、楽屋がないことと出迎えに行けなかったことを侘びた。

 

テレビ局の地下入り口で、大勢のスタッフが豊臣家康を出迎えていた。

豊臣の楽屋前までの道すがら、すれ違うスタッフやタレントたちは、皆頭を下げて挨拶をし、局内を豊臣軍団と呼ばれるタレントたちが、我が物顔で闊歩していた。

豊臣の楽屋に先回りしたスタッフが部屋に入ると、九重めぐみがかつての楽屋を懐かしんでいた。

しかしすぐにスタッフに追い出される九重。

その際、部屋入ってきた豊臣とぶつかり九重は謝罪を口にするも、豊臣はいちべつするだけだった。

桂木夫人たちは、テレビ局が用意した安い弁当を食べていたが、皆箸が進まなかった。

スポンサードリンク

ぞんざいな扱いを受けるやすらぎのメンバー②

桂木夫人たちはほったらかしにされたまま、時間が過ぎていった。

桂木夫人が、番組のホストである豊臣家康が自分たちに挨拶に来ないことを嘆いた。

すると玉子が部屋を飛び出し、スタッフを呼び止め豊臣に挨拶に行きたいと詰め寄るが、時間がないとあしらわれた。

収録の時間が近づき、メイクや着替えを促されるがほとんどがセルフだった。

九重が着物を自分で着付けていると、近くで衣装を畳んでいた女性スタッフに伊達締めをとってとお願いした。

するとその女性スタッフは舌打ちし、投げて伊達締めを渡した。

その態度に立腹した九重はそのスタッフを叱責し、鬼ちゃん(故鬼沢専務)を呼べと訴えた。

するとその女性スタッフは、「鬼ちゃんて誰ですか?そんな人知りません!」と返した。

九重は、「乃木坂テレビで鬼ちゃんを知らないの!」と声を上げた。

 

出番が近づきスタッフにスタジオへ行くように促さられる桂木夫人たち。

その足取りは重く、皆の表情は呆れや怒りに満ちていた。

第94話終了。

スポンサードリンク

感想

かつてテレビで活躍した人たちが、また世間の耳目を集めたいと思うのは当然、というかそんな人たちばかりじゃないのかと思ってしまいますけどね。

安室奈美恵さんのように、全盛期に自ら去っていくような人はきっと未練はないでしょうけど。

豊臣家康と、豊臣軍団とは某ビートたけしさんと、某たけし軍団がモデルですかね。

倉本先生の業界いじりはネタなのか、マジなのか分かりづらい。

 

桂木夫人たちの雑な扱いや、横柄な態度のタレント、無礼なスタッフの描写は多少誇張されていると思いますが、中には本当にいるんでしょうね。

というか、あんなクズ人間はテレビ業界よりも、一般社会のほうが多いんじゃないですかね。

湾岸テレビの「スカッとジャパン」はまさにそんな連中を扱ってますし。

 

豊臣家康こと木下ほうかさんの態度は無礼極まりないですが、実際の収録現場では木下さんはきっと若手になるでしょうから、真逆の対応なんでしょうね。

やすらぎの郷の出演者の中には、豊臣家康のような横柄な態度をとるような方がいないと信じたい。

スポンサードリンク

視聴者の声

スタッフの態度に皆さんやはり注目がいったようです。

流石に舌打ちするスタッフはいないと思いたいですね。

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻第94話のまとめ。

テレビ出演で一花咲かせようと意気込んで乃木坂テレビに向かった桂木夫人たち一行。

しかし、思いもよらぬテレビ局やスタッフ、タレントたちからの雑な扱いに怒りを募らせながら収録に向かう話でした。

もうこれは、絶対にやすらげない番組になること必至ですね。

←第93話 乃木坂テレビの企画に菊村激怒!  第95話大荒れの収録→

コメント