やすらぎの刻(道)第92話ネタバレ乃木坂テレビの話で郷が大騒ぎ!

やすらぎの刻 道 第92話 やすらぎの刻

テレビ朝日帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年8月13日放送、第92話の内容をご紹介。

菊村が、お嬢とマヤを一喝したことが次の日には郷で噂になっていた。

そしてにわかにやすらぎの郷に、お嬢やマヤたちの主流派と桂木夫人を中心とする新興勢力との派閥が出来上がろうとしていた。

菊村は、幽霊騒動で部屋にいられなくなった岸井さとみのために、部屋の引っ越し作業をしていた香川さくらに出くわし、彼女の意外な趣味を知る。

いつの間にか乃木坂テレビ60周年番組への出演の話が進み、郷の住人は出演するものとそれを心良く思わない者たちの間で騒動となっていた。

そんな中、突如高井が騒動の収拾を図ろうと・・・。

■やすらぎの刻-道-第92話 あらすじ(公式ツイッター)

←第91話 九重めぐみが認知症かも     第93話ネタバレ→

スポンサードリンク

やすらぎの郷に2大派閥が誕生

ロビーで新聞を読んでいる菊村(石坂浩二)にマロ(ミッキー・カーチス)が、前の日に菊村がお嬢(浅丘ルリ子)とマヤ(加賀まりこ)を一喝したことが、やすらぎの郷で噂になっていると言ってきた。

するとそこにロク(橋爪功)もやって来て、菊村がお嬢とマヤを一喝した話を持ち出し、マヤは憤慨し、お嬢は意気消沈していると言ってきた。

そしてマロは、やすらぎの郷にお嬢とマヤの主流派と桂木夫人の新興勢力による派閥が出来上がっていると面白がった。

マロとロクはお互いにどっち派か尋ねると、お互いにまだ様子見だと答えた。

そんな2人を菊村は呆れて見ていた。

するとそこに辛坊修(ジェリー藤尾)がやって来た。

辛坊は、「生きてた?」と言ってロクに挨拶し、以前貸したいかがわしいビデオの感想を求めてきた。

ロクは、「フフフ、よかった。でもあれだね、あなた下半身動かないのに、よくあんなもの見ようという気になるね」と言うと、辛坊はチッチッチと舌を鳴らし、「上半身と下半身は別よ。フフフ」と笑った。

スポンサードリンク

香川さくらが208号室に引っ越し

その日の昼菊村は、先日入居してきたばかりの香川さくら(丘みつ子)にでくわした。

香川は、同じく先日入居してきた岸井さとみ(水野久美)と部屋を交換している最中だった。

マヤとお嬢によるドッキリで、井深涼子の幽霊が出ると言って部屋に戻りたがらない岸井に、香川が部屋の交換を提案していた。

香川は引っ越の手を休め、菊村を部屋に誘った。

香川は6歳のとき広島郊外で被爆し、母と姉を失っていた。

菊村との付き合いは、50年前菊村が書いたドラマへの出演だった。

菊村が、しばらくテレビに出演していなかったことを香川に尋ねると、仕事が来なくなり京都でバイト生活していたことを告白した。

そしてその時の「涙会」という不思議なバイトの話をした。

それは、知らない人の葬式に参列するさくらのバイトで、香典返しを売って生活の足しにしていたことを話した。

また、香川は人形作りを趣味にしていて、与勇輝(あたえゆうき)のという人形作家の作品集を菊村に見せた。

そしてその作家の個展を一緒に見に行こうと菊村を誘うのだった。

スポンサードリンク

乃木坂テレビの件で郷が大騒ぎ

いつの間にか、桂木夫人一派が乃木坂テレビの60周年記念番組に出演する事が決まり、やすらぎの郷は大騒ぎになっていた。

マヤは、理事長の妻みどり(草刈民代)に詰め寄っていた。

みどりは、「桂木さんがね、受けちゃったんですよ。勝手に」と言うと、マヤは「このやすらぎの郷の名前が出ちゃうってこと?」と、やすらぎの郷の名が世間に出てしまうことを危惧した。

一方その頃お嬢も理事長(名高達男)に、やすらぎの郷の名が表に出てしまうことを訴えていた。

歯切れの悪い答えを繰り返す理事長に、「やすらぎの郷も、もうおしまいね」とお嬢は吐き捨てた。

 

菊村、ロク、マロ、白鳥(上條恒彦)、蒟蒻亭乙葉(笹野高史)らもラウンジでテレビ出演の話をしていた。

菊村もやすらぎの郷の名が世間に知れ渡ってしまうことを危惧していた。

すると蒟蒻体乙葉が、一人そっぽ向いていたマロに「でもあんた、出るんでしょ?」と投げかけた。

それを聞いて驚く菊村たち。

するとマロは、「だってさ、高いの秀さん(藤竜也)だって出るっていうしさ。少しは男女のバランスを取らないと、じゃないとやすらぎの郷がもうババアばっかりの老人ホームと思われちゃうじゃない」と苦しい言い訳をした。

 

そのころ桂木一派も会合を開いていた。

岸井さとみがテレビ出演を拒んでいる者たちのことをほっとけと一蹴し、中川玉子(いしだあゆみ)も「本当は皆さん出たいんですよ。先を越されてカッカしてるだけなんです」と優しい口調でディスっていた。

桂木夫人は、「あの人たちも出りゃあよかったのに」と言って優雅に紅茶を飲んでいた。

 

お嬢とマヤの元をロクと蒟蒻亭乙葉が訪れ、テレビ出演について話していた。

お嬢は、「嫌です。絶対に嫌です。100万積まれても絶対に断ります」と言って出演を拒んだ。

マヤも、「当たり前よ。ここの伝統も知らないで」と言ってお嬢に追従した。

そこで蒟蒻亭乙葉が、「200万積まれたら?」と言うと「出ません」」と答えるお嬢。

「300万では?」と言われても「嫌です」と答えるお嬢。

隣のロクが、「500万?」と言うと、マヤは手を上げ「私、考える」と言ったが、お嬢は「絶対に、ノー」と返した。

スポンサードリンク

突如仕切りだす高井

理事長室で、理事長夫妻と乃木坂テレビの編成局長、柳年男(小木茂光)が話し合っていた。

みどりは、誰の断りでテレビ出演の話が進んでいるのか柳を責めた。

柳は、「桂木玲子さんが任してくれとおっしゃって・・・」と返した。

理事長は、「桂木さんはここではまだ新人なんです。もっとうるさい方々が、ここには以前からいっぱいいらして」と郷の事情を説明した。

柳は、「ネックは白川さん(お嬢)と水谷(マヤ)さんでしょ?いいです。あの方たちは諦めます。ご出演頂かなくて結構です」と言うと、みどりが「そんな事したらあとからどうなる事か!」と心配を口にした。

するとそこに高井がやってきた。

高井は部屋に入るなり、今回の乃木坂テレビのやすらぎの郷の事情を無視したやり方を叱責した。

そして平身低頭する柳に「どなたかがいったん引き受けた以上、この方(柳)の立場もおありでしょう。いかがですか理事長?

受けたものは受けたものとして、出演をするのが筋ではないでしょうか?

では今回は出演をすることにしましょう。

皆さんの説得は、私がやります。それからね、乃木坂との間に立ってつらい立場に立っている九重めぐみさんのことも考えてあげなければなりません」と一方的に話して部屋を出ていった。

そして柳が胸を撫で下ろし、理事長夫妻が顔を見合わせ溜め息をついたところで、第92話終了。

スポンサードリンク

感想

やすらぎの郷の派閥争いはどうなっていくんでしょう。

齢80過ぎても、誰がいいとか悪いとかそんなのは嫌ですね。

だけど同じく齢80過ぎて、しかも車椅子生活にも関わらず、下半身の上半身はまだ元気な辛坊の出番はまだ少ないけど、これからそっち系の騒動を起こすのか楽しみです。

 

そう言えば、香川が紹介していた人形作家の与勇輝さんは実在の方でしたね。

与さんを検索したら、見たことのある人形でした。

本当に人形の表情がリアルで、表現力の巧みさに感心しますね。

 

そして乃木坂テレビの話が進展してきたけど、どーなるんですかね。

やすらぎの郷の設立趣旨を考えたら、テレビ出演は駄目だと思うけど、言ってもスターと呼ばれていた人たちだから、少しつつけばあっさり出演しちゃうんだね。

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻、第92話の内容は

  • やすらぎの郷にお嬢・マヤ派と桂木夫人派の派閥が出来上がろうしていた
  • 岸井さとみの幽霊部屋と香川さくらの部屋を交換
  • 桂木派の住人が勝手に乃木坂テレビ出演を決定して大騒ぎ

以上のような内容でした。

相変わらずやすらぎの郷は、やすらがないですね!

←第91話 九重めぐみが認知症かも     第93話ネタバレ→

コメント