やすらぎの刻(道)第85話ネタバレ噂話が生きがいの郷の住人!みどりが噂話の被害に!

やすらぎの刻 道 第85話 やすらぎの刻

テレビ朝日帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年8月2日放送第85話の内容をご紹介。

約1ヶ月ぶりの「やすらぎの郷」パートの放送です。

今日から新しい入居者が登場。

どんな人物なのか楽しみですね。

■やすらぎの刻-道-第85話 あらすじ(公式ツイッター)

←第84話ネタバレ     第86話ネタバレ→

スポンサードリンク

桂木夫人の万引事件が郷に広まる

菊村(石坂浩二)の部屋に、マヤ(加賀まりこ)がやってきて、「来るわよ明日、トマト」と告げた。

トマトとは、明日からやすらぎの郷に入居してくる女優の九重めぐみ(松原智恵子)のことだった。

彼女は昔、「あんたダイコンね」と言われたが、大根役者の意味をしらず「わたくしトマトのほうが好きでございます」と答えたことから、陰でトマトと呼ばれるようになっていた。

マヤは、トマトの話はそこそこにどこからか入手した、桂木夫人の万引事件の話をしてきた。

菊村は、桂木夫人が万引常習犯であることを知らなフリをしながらマヤの話を聞いていた。

マヤがひとしきり話し終えると菊村が、「誰に聞いたんだ?」と尋ねた。

するとマヤは、「某筋」とだけ答えた。

それを聞いた菊村は、「そんなもん、人に言うなよ」とマヤに忠告し、その話が広まらないことを願った。

しかし、菊村の願いも虚しくその話はあっという間にやすらぎの郷に広まった。

菊村たちいつものメンバーはもちろんのこと、蒟蒻亭乙葉(笹野高史)の句会で万引の句が詠まれるほど、桂木夫人の万引の話は広まっていた。

スポンサードリンク

副理事長みどりの噂話

夜、カサブランカで菊村、マロ(ミッキー・カーティス)、白鳥(上條恒彦)、ロク(橋爪功)が酒を飲んでいる。

話題は例の桂木夫人の万引の話だった。

そしてロクが、やすらぎの郷で噂話が広まる速さは、時速何キロくらいか実験してみたいとつぶやいた。

するとそこに、お嬢(浅丘ルリ子)とマヤがやって来て、トマトと愛人関係だった乃木坂テレビの帝王の話を知っているか菊村たちに聞いてきた。

帝王とは、先日亡くなった乃木坂テレビの鬼沢専務のことだった。

皆が知らないと返すと、お嬢はどや顔で話し始めた。

トマトが帝王の愛人だった事は一般には知られてはいなかったが、業界内では有名な話だった。

そのおかげでトマトは、演技は上手くないが長年乃木坂テレビで起用されていた。

あるとき新人の記者が帝王に、トマトとの愛人関係のことを聞いてしまったことがあり、その時の帝王の返しが歴史に残る名ゼリフだったとお嬢が紹介。

帝王は豪快に笑い、「言っとくがあれは俺がスターに手をつけたわけじゃない。俺がめかけをスターにしたんだ!」と語ったとのことだった。

その話が終わると、マロがある話を思い出したと言って話し始めた。

それは、副理事長の名倉みどり(草刈民代)がやすらぎの郷の創設者である、加納英吉の実の娘ではないというものだった。

本当は、みどりは加納英吉の愛人だったが飽きてしまったので仕方なく養女にし、やすらぎの郷の理事長、名倉修平(名高達男)にあてがったというものだった。

その場にいたものは全員その話を聞いたことがなく、皆驚いていた。

マロは、コレは極秘中の極秘だから絶対に誰にも話してはいけないと釘を刺した。

 

菊村とマロは部屋で飲み直していた。

菊村が、みどりの話をどこで聞いたのかマロに尋ねると、マロは笑いながら全部フィクションだと答えた。

それは、噂話がどれくらいでやすらぎの郷に広まるかを測るための、マロの作り話だった。

スポンサードリンク

噂話、驚異のスピードを記録

翌日、トマトこと九重めぐみがやすらぎの郷にやって来た。

理事長の名倉やみどりがエントランスで出迎えていたが、横から桂木夫人がしゃしゃりでてきて、我が物顔でトマトにやすらぎの郷を案内した。

 

その日の昼過ぎ、マロが菊村の部屋にすっ飛んできた。

部屋に入り一息つくとマロは、「すごいよ、すごいスピード。早いよ。もう結果がでたよ」と興奮した。

昨日話したみどりの作り話が朝には広まっていて、総務の宮下一馬(平野勇樹)に「あの話っていうのは本当なんですか?」と聞かれたとマロが説明した。

それを聞いた菊村が、噂の広まるあまりの速さに信じられないという顔をしたところで、第85話終了。

←第84話ネタバレ     第86話ネタバレ→

コメント