やすらぎの刻(道)第236話ネタバレ3.11東日本大震災が発生!

やすらぎの刻 道 第236話 ネタバレtitle 236 ネタバレ

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2020年3月11日放送、第236話の内容をご紹介。

平成23年3月11日、東日本大震災が発生。

公平としのは、福島で暮らす里子たちと連絡が取れず不安を募らせる。

■やすらぎの刻-道-第236話 あらすじ(公式ツイッター)

←第235話 ゴウ真実を知る

第237話 公平の徘徊→

スポンサードリンク

東日本大震災発生

平成23年3月11日。

居間で縄をなっていた公平(橋爪功)としの(風吹ジュン)を、突然大きな地震が襲った。

テーブルの下に身を隠し、揺れが収まるのを待つ二人。

揺れが止まり、テーブルの下から這い出た二人は家の中の惨状に衝撃を受ける。

公平は鯉沼の主の大ナマズが暴れたと言って、昔三平たちが鯉沼会議をしていたのを思い出した。

するとそこに、四男の圭(山村憲之介)が二人の安否確認にやってきた。

圭はテレビをつけて、東北地方に津波が迫っていることを二人に教えた。

公平としのは、テレビに映し出される惨状に身を震わせた。

そこに翔(菅谷哲也)も駆けつけ、福島の富岡で暮らす里子やしのぶの安否を心配し、電話を掛けるが通じなかった。

 

その日の夜、翔の妻詩子(渡辺早織)や圭の長男、克夫(戸塚祥太)も駆けつけ、皆でテレビを見ながら里子たちの安否を心配していた。

何度電話してもしのぶと連絡がつかず不安を募らせる翔は、しのぶとの思い出を思い返した。

 

翌日、ゴウ(田中哲司)も公平らのもとを訪れ、里子たちの安否を心配した。

ふと公平が、しのぶがいくつになったのかとつぶやくと、しのが「もう、とうに30は過ぎとります。もう結婚もせんでピアノばっかり弾いとるって里子が言っとった」と返した。

そこに詩子が血相を変えてやってきて、「福島の原発が・・・爆発した」と皆に伝えた。

翔がテレビを点けると、原発が爆発したことや地元住民に避難指示が出たことを伝えるニュースが流れていた。

〈公平のナレーション〉

夢を見とるような気分じゃった。

悪い悪い夢じゃ。

戦時中の毎日空襲に見舞われとった頃の、あの頃の気分が舞い戻ってきたんじゃ。

平和なこの時代に。

しかもわしの大切な、大切な家族が・・・。

その悪夢の中に巻き込まれとるんじゃ。

第236話、終了。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻、第236話。

平成23年3月11日、東日本大震災が発生。

テーブルの下に身を隠し、地震をやり過ごす公平としの。

山梨に暮らす家族は無事だったものの、福島で暮らす里子と連絡が取れず不安を募らせる公平たちだった。

←第235話 ゴウ真実を知る

第237話 公平の徘徊→

コメント