やすらぎの刻(道)第235話ネタバレ公平、ゴウに真実を告げる!

やすらぎの刻 道 第235話 ネタバレ ネタバレ

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2020年3月10日放送、第235話の内容をご紹介。

ニキビを見送り、帰宅した公平。

夕飯時、しのの様子がおかしいので声を掛けると、公平がゴウに本当の父親は三平だとしゃべたことを咎められた。

しかし、公平にはその記憶がなかった。

■やすらぎの刻-道-第235話 あらすじ(公式ツイッター)

←第234話 マロ死す

第236話 3・11→

スポンサードリンク

公平、記憶にございません

ニキビ(山本圭)の見送りを終え、家に戻った公平(橋爪功)。

夕飯時、公平はニキビとの別れ際の様子をとうとうと語っていた。

それを黙って聞くしの(風吹ジュン)。

しのの様子がおかしいことに気付いた公平が声を掛けると、「あんた最近少しボケた?」としのが口を開いた。

「ボケとらんよ」と返す公平に、しのはため息をついた後、「あんた最近、ゴウ(田中哲司)になんか言わんでもいいこと言った?」と尋ねた。

「なんも言わんよ」と返す公平に、しのは「あの子が本当はあんたの子じゃないってこと。三平さんの子供だっていうこと」をゴウに公平が言ったと告げた。

公平は、「そんなことを言った記憶はございません!」と否定するが、しのに「言ったことまで忘れちゃったんだ」言われ、だんだん自信がなくなった。

〈公平のナレーション〉

本当にわしゃあ覚えとらんのじゃ。

事実だとしたら、わしゃボケたのかもしれん。

この物語のナレーションも、そろそろしのに譲らにゃならんか・・・

とにかくゴウを放っとくわけいかんから、わしゃあアイツに全てを打ち明けて、今まで黙っていたことを詫びる決意をした。

その夜、わしゃあゴウに電話して、町の飲み屋で会うことにしたよ。

本当にわし、そんなことしゃべったのかなあ?

スポンサードリンク

公平、ゴウに真実を告げる

居酒屋「オモチャ」。

カウンター席に並んで座る公平とゴウ。

女将のみどり(高橋由美子)が、公平に「久しぶり」と声を掛け、翔の様子などを尋ねた。

 

公平は、ゴウに「変なことをわし、言っちゃたみたいだな」と言って例の話題を切り出した。

ゴウは、「別にいいんだ。だからって親父は親父なんだから」と公平を気遣った。

公平は、隠そうとしたつもりはないが、あえて言う必要はないと考えていたと告げた。

そして、三平という兄がいた事、その兄が戦争に行くのが嫌で屋根の上で服毒自殺したことを話し、そのときしのの腹の中にすでにゴウがいた事を告げた。

ひと通り話し終えると、公平は突然咳き込んだ。

そんな公平にゴウはハンカチを差し出し、背中をさすった。

「戦時中には、よくあることなんじゃ。そんだけのことだ。だが、まあ隠しとったのは謝る。以上」と言って話を締めた。

ゴウは黙って公平の話を聞いていた。

すると突然公平が、みどりに向かって「あれ?ママ見た事あるな」と言い出し、ゴウには「この店、お前の行きつけ?」と聞いてきた。

そんな公平に、「何言ってんだよ!親父がここに連れてきたんじゃないか」と返すゴウ。

突然ボケたふりをする公平だったが、その時店にみどりの兄、荒巻三次(眞木蔵人)が入ってきて動揺する公平だった。

〈公平のナレーション〉

ゴウとの話はそれで終わった。

話し合やあ、意外と簡単にわかり合えるもんよ。

スポンサードリンク

2011年の小野ヶ沢

それから10年以上の月日が流れた。

翔(菅谷哲也)には、二人目の子ども、正太が誕生していた。

ブドウの栽培に挑戦していた翔は、品種と土が合わず何度も失敗を重ねていたが、その年はうまくいきそうだった。

還暦を過ぎたゴウも、これまでと変わらない生活を続けていた。

公平は86歳、しのは87歳になろうとしていた。

 

公平としのがチョボクレを歌いながら、布を割いて縄を綯っていた。

すると突然激しい揺れが二人を襲い、家中のものが倒れた。

 

テロップが表示される。

2011年(平成23年)

3月11日

午後2時46分

 

第235話、終了。

スポンサードリンク

感想

すこぶる気になるところで終わっていた道でしたが、その続きが再開されついにゴウが真実を知ることになり、とても楽しみにしていましたが、何だかちょっと肩透かしをくらったような感じです。

揉める展開を望んだわけではないですが、あっさりし過ぎで、何だかな~って感じです。

ゴウは優秀すぎますね。

まあ、それが三平の子どもだという証明でもありますけどね。

そしてとうとう「道」のなかの時代が、2011年を迎えました。

避けては通れないあの出来事は、いったい公平たちにどんな影響を与えるのか・・・。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻、第235話。

ニキビの見送りから戻った公平は、しのからゴウに本当の父親は三平だと公平がしゃべったことを責め立てられた。

しかし公平にはその記憶が全くなく、自分がボケたのではと不安になるも、しのには許してもらえなかった。

その夜、公平はゴウを居酒屋「オモチャ」に呼び出し、本当の父親が三平である事や、その三平が屋根で自殺したことなどすべてを話した。

それを聞いたゴウは、特に動揺することなくすべてを受け入れた。

それから約10年の時が流れ、翔は第2子、正太が誕生し、ブドウの栽培に力を入れていた。

ゴウは還暦を過ぎたが、今まで通りの生活を送っていた。

公平は86歳、しの87歳になろうとしていた。

これまでと変わらず、チョボクレを歌いながら布を割いて縄をなっていた公平としの。

そこで突然激しい揺れが起こった。

2011年3月11日、午後2時46分。

未曽有の災害が東日本を襲った。

←第234話 マロ死す

第236話 3・11→

コメント