スポンサーリンク

やすらぎの刻(道)第231話ネタバレ旅に出た菊村、旅館に籠る!

やすらぎの刻 道 第231話 ネタバレ ネタバレ

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2020年3月4日放送、第231話の内容をご紹介。

マロの病室を訪ねた菊村は、高井だけでなくマロからもシナリオの執筆を依頼され、逃げるように病室を後にした。

郷にいるのが煩わしくなった菊村は、誰にも告げず一人旅に出ることを決心する。

■やすらぎの刻-道-第231話 あらすじ(公式ツイッター)

←第230話 菊村のシナリオ講座

第232話 菊村、詐欺師に間違われる→

スポンサードリンク

菊村、旅に出る

マロ(ミッキー・カーチス)の病室を訪ねる菊村(石坂浩二)。

菊村が九重めぐみ(松原智恵子)のためにシナリオを書いていると聞いたとマロが言うと、菊村は構成をちょっと手伝っただけで、書いてはいないと否定した。

その後マロは、1951年公開の映画「黄昏」のあらすじを語り始めた。

そして、エンディングまで語り終えたマロが唐突に、「あれをやりたい」と言い出し、黄昏のリメイクのシナリオを書くよう菊村にお願いした。

それに対し菊村は、九重の件もあり「冗談じゃないよ。もうよしてくれ」と言って病室を飛び出した。

病室を出ると、今度は目の前に高井秀次(藤竜也)が尿瓶を持って現れ、「雪国」の続編のシナリオの進捗を聞いてきた。

菊村は、シナリオを書いてもいないし、頼まれてもいないと強く否定し去っていった。

 

夜、一人カサブランカで飲んでいる菊村。

ホッピー(草刈麻有)が、菊村に「お疲れみたいですね」と声を掛けると、「そう、お疲れなんだよ」と返す菊村。

そして、ホッピーに誰にも言うなよと言って、皆に内緒で旅に出ることを告げた。

ホッピーの携帯番号を聞いた菊村は、何かあったときは連絡をくれるようホッピーにお願いした。

スポンサードリンク

菊村、小野ヶ沢を訪ねる

〈菊村のナレーション〉

そして私は誰にも言わずに、一人こっそり旅に出た。

さしたる目的地があるわけではなかった。

しかし私はとにかく一人に、誰とも会わずに済むひなびた山の温泉にでも泊まって、一人でシナリオを書こうと思っていた。

例の書き続けているあのシナリオをだ。

「道」という名のあのシナリオ。

シナリオはもう、終盤に差しかかっていた。

私の足は気づかぬうちに、山梨の山あいへと向かっていた。

山梨県、小野ヶ沢。

根来一家が暮らしている村。

それはあくまで架空の村だったが、明確なモデルが私の中にあった。

それはかつて湾岸テレビの財前とシナリオハンティングで山梨を歩いた時見た、小さな山あいの村だった。

その村へ、私は向かおうとしていた。

何年経つのだろう?この場所に来るのは・・・

周囲の山や、谷あいの姿は全く昔と変わっていなかったが、家々の佇まいがすっかり変わっていた。

しのも公平も、ニキビもハゲも・・・

人の気配が全くなかった。

久しぶりに見る私の小野ヶ沢は、今や完全な限界集落になっていたのだ。

しばらく一人でその場に佇み、私は自分の心の中に「道」の世界がよみがえるのを感じた。

なんとも懐かしい、農村の風と自然と廃屋のにおいに包まれて、久方ぶりに私の心に創作への意欲が沸々と湧いた。

スポンサードリンク

旅館に籠る菊村

菊村が、一軒の旅館を訪ねる。

女将に、4~5日泊まりたいと告げると、菊村は離れの部屋に案内された。

部屋に満足した菊村は、物書きをするので邪魔しないで欲しいとお願いし仲居を返した。

 

バッグから原稿用紙を取り出し、前回まで書いた公平とニキビの別れのシーンを振り返る菊村。

しばらくすると、菊村の部屋に女将らと共に二人の男が入ってきた。

菊村が男らに「なんなんだ?」と言うと、男の一人が「菊村栄先生だね?」と聞いてきた。

そして「はい」と答える菊村に、男は「警察だ」と言って警察手帳を見せた。

「えっ?」と驚く菊村。

第231話、終了。

スポンサードリンク

感想

マロにまでシナリオ書いてくれなんて言われたら、そりゃ菊村先生も嫌になちゃいますね。

そしてやっと面倒から逃れたと思ったら警察沙汰って、やっぱり持ってますね。

次回は、里見浩太朗さんとの絡みがあるようですが、一体何者なんでしょうか、楽しみです。

視聴者の声

まとめ

やすらぎの刻、第231話。

マロの病室を訪ねた菊村。

マロは、昔見た映画「黄昏」の話をし始めた。

ひと通り映画の話を終えたマロは、九重めぐみの「雪国」の続編のシナリオを書いたように、自分にも黄昏のリメイクのシナリオを書くよう菊村にお願いした。

菊村は、「雪国」のシナリオは書いていないと否定し、マロの依頼も断り病室を飛び出した。

夜、カサブランカで一人酒を飲む菊村。

郷の住人の厄介ごとに巻き込まれることが嫌になった菊村は、旅に出ることを決心し、ホッピーにだけそのことを告げた。

昔、湾岸テレビの財前とシナリオハンティングで訪れた山梨の小さな山あいの村を一人歩く菊村。

周囲の山や、谷あいの姿は昔と変わらないが、空き家が目立ち、村は限界集落へと変わっていた。

その景色を「道」の中の小野ヶ沢と重ね合わせた菊村は、創作意欲を掻き立てられた。

旅館の部屋に籠り、執筆作業に没頭する菊村。

そんな菊村のもとに突然警察がやってきた。

 

←第230話 菊村のシナリオ講座

第232話 菊村、詐欺師に間違われる→

コメント