スポンサーリンク

やすらぎの刻(道)第228話ネタバレ菊村栄一最後の登場!総集編

やすらぎの刻 道 第228話 ネタバレ

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2020年2月28日放送、第228話の内容をご紹介。

再び菊村の父、栄一(梅宮辰夫)が姿を現し、これまでの菊村の労をねぎらった。

そして菊村は、直近1か月のあらすじを語り始めた。

■やすらぎの刻-道-第228話 あらすじ(公式ツイッター)

←第227話 マヤ、自殺未遂

第229話 マヤが行方不明→

スポンサードリンク

2月放送回の総集編

夜、菊村(石坂浩二)が寝室からリビングに向かうと、父親の菊村栄一(梅宮辰夫)がソファーに座って酒を飲んでいた。

菊村が、「いらっしゃい」と声を掛けると、「もうひと頑張りじゃな」と息子の労をねぎらった。

菊村が、「ラストスパートだね」と返すと、栄一は「もうわしも邪魔しちゃいかんと思ってた。だから最後だ」と言って、グラスを菊村に突き出した。

そして菊村は、「さあ、じゃあどこから話そうかねえ」と言い、体を視聴者のほうに向け「では、この1か月のあらすじをご覧ください」と声を掛けた。

スポンサードリンク

感想

恐らく今回が辰兄最後の登場でしょうか。

そして、長かったこのドラマもあと1か月となってしまいました。

今回流れた予告を見る限り、まだ安らげない展開が続きそうで、一体どんなふうにエンディングを迎えるのか予想がつきません。

あと何人、お亡くなりになるのだろう。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻、第228話。

2月総集編。

父、栄一が姿を現し、菊村はここ1か月のあらすじを語った。

 

←第227話 マヤ、自殺未遂

第229話 マヤが行方不明→

コメント