スポンサーリンク

やすらぎの刻(道)第225話ネタバレ稲垣の車に傷が!わかりにくい女マヤ

やすらぎの刻 道 第225話 ネタバレ

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2020年2月25日放送、第225話の内容をご紹介。

香川さくらから「デンデラ野」の話を聞き、自身の死に方を考える菊村。

そんな中、ヨガ教室の講師、シンちゃんこと稲垣新一の車が何者かに傷をつけられ、犯人が誰なのか詮索する女性陣。

■やすらぎの刻-道-第225話 あらすじ(公式ツイッター)

←第224話 マヤが孤立

第226話 マヤが失踪→

スポンサードリンク

菊村、死に方を想う

菊村(石坂浩二)が部屋で一人、香川さくら(丘みつ子)から聞いた「デンデラ野」の話を思い返していた。

年老いて周囲の人に迷惑を掛けて死ぬのは嫌だと考える菊村は、かつて北海道で見た桂の巨木を思い出す。

その桂は、樹齢およそ400年で朽ち果てていたが凛としていた。

菊村は、その桂のように死にたいと願った。

〈菊村のナレーション〉

誰からも悲しまれず、誰からも忘れられて。

スポンサードリンク

桂木夫人のレオタード

菊村と辛坊修(ジェリー藤尾)がテラスでコーヒーを飲みながら話をしている。

辛坊は、マロ(ミッキー・カーチス)は先が長くないと言い、病室を訪ねたときマロの手を握ったらあまりの細さに涙が出てきたと語った。

 

稲垣新一(中島歩)のヨガ教室を受けるやすらぎの郷の女性陣。

彼女らに混じって、名倉みどり(草刈民代)がレオタードに身を包み、本気でヨガに取り組んでいた。

ヨガ教室の後、お嬢(浅丘ルリ子)、桂木夫人(大空眞弓)、中川玉子(いしだあゆみ)、岸井さとみ(水野久美)がサロンで一服していた。

岸井が、稲垣が履いていたヨガパンツはみどりがプレゼントしたものだと話すと、桂木夫人が自分もレオタードを着たいと言い出した。

その発言に玉子が、悲惨なことになるからやめた方がいいと言って桂木夫人をなだめた。

スポンサードリンク

宗匠の句会

宗匠(蒟蒻亭乙葉/笹野高史)の句会。

お題「啓蟄(けいちつ)」

読み人 玩迷

「啓蟄や わしはも少し 眠ていたい」梅の下

詠み人知らず

「啓蟄に 這い出す気力 もはやなく」梅の上

スポンサードリンク

稲垣の車に傷

駐車場に停められた稲垣の新車。

その車につけられたひっかき傷を見る稲垣とスタッフの中里正(加藤久雅)と宮下一馬(平野勇樹)。

騒ぎを聞きつけ、岸井さとみが駆けつけてきた。

車の傷をみて驚く岸井。

 

夜のレストラン。

岸井が、稲垣の車に傷がつけられていたことを桂木夫人らに報告した。

岸井が「犯人は誰だろう」と言うと、皆黙って一人で食事をしているマヤ(加賀まりこ)の方を見つめた。

しかしお嬢が、「そこまであの子陰湿じゃない」と言ってマヤをかばった。

するとお嬢は、稲垣が新車を買ったことに言及し、彼にそんな資金力があるのかと疑問を呈した。

岸井は、ここにいる誰かが買ってあげたのではないかと言って、周りを見回した。

しかし、誰もがそんなお金はないと言って否定すると、玉子がみどりを疑った。

お嬢が、車に傷をつけた犯人探しに話を戻し、「あたしは、女じゃなくて男だと思う」と言い、別の席で食事をとる菊村、ロク(橋爪功)、宗匠、白鳥洋介(上條恒彦)たちの方を見た。

お嬢は、「あたしたちこの頃、レッスンに夢中で男の子に構ってやってないじゃない」と言って、ロクと白鳥を犯人候補に挙げた。

わかりづらい女

カサブランカで一人酒を飲む菊村。

ホッピー(草刈麻有)が、「女の人って面白いですね」と言って菊村に話しかけた。

店に来る人たちを見ていると勉強になると言うホッピーは、「みんな年取ることが怖いんですね。だから皆さん愛に飢えています」と語った。

菊村が、「誰が一番飢えているように見えるんだ?」と尋ねると、お嬢がわかりやすいと返すホッピー。

納得した菊村は、「でもさ、中にはそう見えない奴もいるだろ?」と言うと、ホッピーは「マヤさんが一番わかりづらいです。あの人、感情を隠しますから」と返した。

うなずく菊村。

〈菊村のナレーション〉

ホッピーの言うことも一理あると思った。

マヤは確かにわかるようで、わかりにくいところがある。

第225話、終了。

感想

なんか今回の話は、シンちゃんが車に傷を付けられたことが一番のハイライトなんでしょうけど、それ以外の話がなんかすごく淡々としていたというか、うまく言えないですが、なんか変な回に感じました。

視聴者の声

まとめ

やすらぎの刻 、第225話。

  • 自分の死に方を考える菊村。
  • 辛坊が、衰弱していくマロの姿を嘆き悲しむ。
  • ヨガ教室の講師稲垣のヨガパンツが、みどりがプレゼントしたものだと知りざわつく女性陣。
  • 宗匠が、「啓蟄」のお題で句会を開く。
  • 稲垣の新車に何者かが傷をつけた。
  • 稲垣の車に傷をつけたのが誰なのか詮索する女性陣。
  • ホッピーが、郷の入居者たちは愛に飢えていると発言

以上

←第224話 マヤが孤立

第226話 マヤが失踪→

コメント