やすらぎの刻(道)第218話ネタバレ根来家に犬がやって来た!

やすらぎの刻 道 第218話 やすらぎの刻

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2020年2月14日放送、第218話の内容をご紹介。

オレオレ詐欺に遭いかけて落ち込むしの。

そんなしのを慰める翔たちだったが、なかなかしのの気持ちは晴れなかった。

そんな中、甲府に買い出しに出かけた翔と詩子は、そこで思わぬプレゼントを貰うことになる。

■やすらぎの刻-道-第218話 あらすじ(公式ツイッター)

←第217話 オレオレ詐欺

第219話 白骨遺体を発見→

スポンサードリンク

翔、サンタクロースと巌からプレゼントを貰う

公平(橋爪功)、しの(風吹ジュン)、翔(菅谷哲也)、木宮詩子(渡辺早織)が朝食をとっている。

オレオレ詐欺に騙されそうになったことにショックを受け、落ち込むしの。

公平たちが詐欺のことを早く忘れるよう慰めるが、なかなか気が晴れないしのだった。

 

甲府のホームセンターまで買い出しに出た翔と詩子。

買い出しを終え、フードコートで軽食を取る二人。

詩子が、年末公平の家に一族が集結することに触れ、そこに自分が行ってもいいのか翔に尋ねた。

翔が、「当たり前だよ。来年にはもう家族なんだから」と言うと、詩子は「信じられないな~私がお嫁に行くなんて」と言って照れた。

翔が、一人娘の詩子を嫁に出す父親の巌の気持ちを察して、「一体どんな気分なんだろうな・・・育てた娘をとられる親ってのは」とつぶやくと、詩子は「取られるなんて思っちゃいないわ。息子が一人できたと思ってるわ」と言って翔を喜ばせた。

そして翔は、公平としのは育てた6人の子供が全員家を出て行ってしまったことに触れ、「おじいちゃんとおばあちゃんは寂しいんだろうな」と語った。

 

翔と詩子が駐車場の車に戻ると、一匹の犬がドアミラーにリードで繋がれていた。

ワイパーに手紙が挟まっていることに気付いた翔が中を見ると、「飼い主が死にました。どうかあなたが飼ってください。サンタクロースからのプレゼントです」と書かれていた。

犬の前にしゃがみこんだ詩子が、翔を見つめ犬を引き取りたいと無言で訴えてきた。

するとその犬も同じように翔の顔を見つめた。

「えっ?!」と言って戸惑う翔。

 

詩子の実家の玄関先で、「かわいい~」と言ってさっきの犬を愛でる翔と詩子と詩子の母親の逸子(赤間麻里子)。

逸子からこの犬について問われ、サンタクロースから貰っと答える詩子。

すると家の裏手から巌が翔を読んだ。

返事をして裏に回る翔。

巌に手招きされ、翔は白い布が掛けられた物体の前に立たされた。

そして、巌がその布をめくると中からパジェロミニが姿を現した。

巌が、「もらってくれ!」と言うと、翔は「えっ?こ、こんなもん・・・(もらえません)」と返した。

すると巌が顔をしかめた。

詩子と逸子も、貰うよう促すが戸惑う翔。

そんな翔に「もらえ!!」と怒鳴りつける巌。

翔は、「あっ、ありがとうございます」と言って頭を下げて車を受け取った。

スポンサードリンク

犬の三平

貰った車の助手席に犬を乗せて家にもどった翔は、公平としのに車と犬のことを報告。

そして犬をしのにプレゼントし、名前を考えるよう伝えた。

すると突然、後ろから誰かが翔の目をふさぎ、「だ~れだ?」と言ってきた。

翔が「しのぶ?」と答えると「当たった!」と言ってはしゃぐしのぶ(清野菜名)。

久しぶりの再開に翔としのぶはじゃれついた。

公平が犬の名前について「メスだが三平にしよう」と言って、何度も三平と言って犬に呼び掛けた。

それを聞いていたしのは、「なんだか嫌だな!」と言って苦笑した。

〈公平のナレーション〉

お前がそう言うと思うとったよ!!

三平兄ちゃんの名を犬につけたら、お前はきっとむくれるだろうなって。

へっへっへっへっへ!ざまあみろ~!

これから毎日、三平!三平!三平!って呼んでお前を嫌な気にさせてやるからな!

へっへっへっへ!

 

作業小屋で話をする翔としのぶ。

「私に会えて嬉しい?」と聞くしのぶに、「当たり前だろ!嬉しいよ」と答える翔。

「詩子さんといるのとどっちが嬉しい?」としのぶ。

「そりゃあもちろん、詩子だな」と翔が返すと、「ちょっと!」と言って翔を小突くしのぶだった。

翔が、2月に詩子と式を挙げることを伝え、出席してくれるかしのぶに尋ねると、「嫌だ!絶対に来てやらない!翔ちゃんの幸せそうな顔をみたら、きっと悔しくて私泣いちゃうから」と答えるしのぶ。

翔は笑って、「お前の泣き顔見たいな~」と言うと、しのぶは「意地悪」といって翔を突き飛ばした。

 

公平が、三平の犬小屋を作り世話をしている。

公平は三平の相手をするとき、何かにつけて「三平」と呼びかけていた。

それに対して、「その、なんだか三平っていうの引っかかるなあ。ねえ名前変えない?」と提案するしのだったが、公平は犬がもう自分のことを三平と覚えこんでしまったから名前は変えられないと言って、しのの申し出を却下した。

その翌日、東京から三男の健(青柳信孝)と妻のマリ(澤 真希)が公平の家にやってきた。

〈公平のナレーション〉

今年の正月はいつもの年と違う。

明るくてにぎやかな正月になりそうだった。

第218話、終了。

スポンサードリンク

感想

オレオレ詐欺に落ち込むしのが一気に老け込んで見えましたね。

この出来事が、きっと後々影響してくるんでしょうね。

そして出ました公平のクズ行為。

オレオレ詐欺で落ち込むしのをいじり倒し、犬に三平と名付けてネチネチ。

肥溜めに落ちればいいのに。

それとちょっと気になったのが、公平の子供たちがだれも一緒に暮らしてないことを指摘する翔でしたが、結局お前も出ていくじゃねーか!

一緒に住んであげてよ~

それから、クリスマスプレゼントとして登場した犬ですが、もうちょっと違う登場の仕方はなかったんですかね?

ちょっと強引すぎるような。

ハゲが飼ってた犬とかでもよかったんじゃないか。

そして相変わらず翔としのぶのやり取りは昭和だな~。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻、第218話。

オレオレ詐欺に遭いそうになったことにショックを受け落ち込むしのを、翔たちが慰めるがなかなか気持ちに整理がつかないしのだった。

甲府のホームセンターに買い出しに出た翔と詩子。

買い物を終え車に戻ると、そこに犬と「飼い主が死にました。どうかあなたが飼ってください。サンタクロースからのプレゼントです」と書かれた手紙が置かれていた。

その犬を連れて詩子の実家に行った翔は、詩子の父、巌から軽自動車をプレゼントされた。

その車に犬を乗せて家に帰った翔は、犬をしのにプレゼントし、その犬に公平が三平と名付けた。

三平と言う名を嫌がるしのだったが、そんな嫌がるしのの姿を楽しむ公平だった。

福島から一足先に一人で小野ヶ沢に来たしのぶと久しぶりの再開を果たし、じゃれ合う翔としのぶ。

翔が2月の詩子との結婚式に出席できるかしのぶに尋ねると、翔の幸せなそうな姿を見たら泣いてしまうから行かないと返すしのぶ。

そんなしのぶに、「お前の泣き顔見たいな~」と意地悪を言う翔だった。

年末が近づき、東京から三男の健夫妻が小野ヶ沢に帰ってきた。

今年の正月は賑やかになると喜ぶ公平だった。

←第217話 オレオレ詐欺

第219話 白骨遺体を発見→

コメント