やすらぎの刻(道)第209話ネタバレマムシの三次登場!孫に泣きつく公平!

やすらぎの刻 道 第209話 やすらぎの刻

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2020年2月3日放送、第209話の内容をご紹介。

みどりの兄、荒巻三次に嘘がバレて慰謝料として100万円を用意するよう脅さた公平。

ニキビとハゲに助けを求めると、警察への相談を勧められるが、しのにバレたくないと言ってそれを拒む公平だった。

■やすらぎの刻-道-第209話 あらすじ(公式ツイッター)

←第208話 公平泥沼にはまる

第210話 マグニチュード8級→

スポンサードリンク

公平脅される

店に入ってきた男が公平(橋爪功)の隣の席に座ると、別の男が2人入ってきて、彼らも公平の隣に座った。

公平が、金を払って店を出ようとすると、男たちが呼び止め再び席に着かせた。

男は、公平に名刺を渡し居酒屋のママみどり(高橋由美子)の兄の荒巻三次(眞木蔵人)と名乗った。

そして荒巻は、公平が嘘をついてみどりに手を出したことを責め立てた。

 

血相を変えてニキビ(山本圭)の家にやってきた公平。

ニキビが何事か尋ねると、公平は「お、脅された・・・か、金作ってこいって言われた・・・」と声を絞り出した。

いくら必要なのか尋ねるニキビに、公平は100万と告げた。

ハゲ(ミッキー・カーチス)も加わり、事の次第を説明する公平。

荒巻の名刺をみたハゲは、「こりゃまずいな。これマムシの三次って奴だよ」と嘆いた。

ハゲが公平に、このことをしの(風吹ジュン)に話したの尋ねると、「するわけないよ!」と返す公平。

公平が小さい声で、「100万、都合してくれや」と言うと、「そんな金あるか!」とニキビは返した。

ハゲは、警察への相談を勧めると、しのにバレてしまうとそれを拒む公平。

なすすべもなく肩を落とす3人。

 

帰り道、嘘をついたことを深く後悔する公平だったが、家に着き寝床に入ると、みどりに高倉健に似てると言われたことを思い返した。

そして、それがなければこんなことにはならなかったと高倉健を責める公平だった。

スポンサードリンク

翔、公平の尻ぬぐい

翔(菅谷哲也)が台所で作業しているしのに、最近公平の帰りが遅く様子が変だと尋ねた。

するとしのは翔を近くに呼び寄せ、小声で「女よ」と告げた。

それを聞いて驚く翔にしのは、今公平は久しぶりに青春をしていると言って、春になれば熱が冷めると語った。

それを聞いた翔は、「おばあちゃんはすごい」と言って感心した。

 

翔が炭焼きの作業をしていると、公平がやってきた。

翔は、「なるべく早く女はやめたほうがいいよ」と公平に声を掛けた。

それを言われた公平は、突然泣き出し翔を慌てさせた。

どうしたのかと尋ねる翔に、「あいつ(しの)だけには・・・知られとうないんじゃ。絶対に傷つけとうないんじゃ」と泣きながら訴える公平。

翔は泣きじゃくる公平に、「任してよ!俺、できることならなんでもするから!」と言って公平の背中をさすった。

公平から脅されていることを聞いた翔は、荒巻の元へ自転車を走らせた。

荒巻が営む産業廃棄物処理工場の事務所に着き、一人荒巻を待つ翔。

そこに荒巻が現れ、翔は公平の孫だと名乗った。

荒巻が金を持ってきたか尋ねてきたので、翔が「そのことで少しお話が」と言うと、「話なんかないよ。金を持ってきたかどうか聞いとるんだ!」と声を荒げる荒巻。

その声におののく翔だった。

第209話、終了。

スポンサードリンク

感想

マムシの三次の行為は許されない行為ではあるけど、どうしても公平には同情できないし、むしろ天罰を喜んでしまった。

孫の前で号泣して、孫に尻ぬぐいさせるなんて本当に情けない爺さんですね。

ああはなりたくない!

公平のクズエピソードは、最高の反面教師だ。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻、第209話。

みどりの兄、荒巻三次に慰謝料として100万円を用意するよう脅された公平は、ニキビのもとに向かい助けを求めた。

ハゲも駆けつけ警察に相談するよう勧めるが、しのにバレたくないと言ってそれを拒む公平だった。

帰り道、自分がついた嘘を後悔する公平だったが、しばらくすると高倉健のせいにしていた。

最近公平の帰りが遅いことを変に思った翔は、しのにそのことを尋ねると、しのは他に女がいると答えた。

そして、いずれ熱が冷めるだろうと達観した。

そんなしのに感心する翔だった。

翔が一人炭焼きの作業をしていると、公平がやってきて突然泣き出した。

事情を聴いた翔は、単身荒巻の元へと向かった。

←第208話 公平泥沼にはまる

第210話 マグニチュード8級→

コメント