スポンサーリンク

やすらぎの刻(道)第203話ネタバレ真野六郎生前葬実行委員会立ち上げ

やすらぎの刻 道 第203話 ネタバレ

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2020年1月24日放送、第203話の内容をご紹介。

マロの生前葬を行うためいつものメンバーが集められ、実行委員会が立ち上がった。

菊村が実行委員長となり準備を進めるが、マロがいろいろと口出しするためトラブルが絶えなかった。

■やすらぎの刻-道-第203話 あらすじ(公式ツイッター)

←第202話 黒蜥蜴参上

第204話 鼻毛で絶交→

スポンサードリンク

生前葬実行委員会立ち上げ

マロ(ミッキー・カーチス)の生前葬が現実的になり、準備会が開かれた。

その会には、菊村(石坂浩二)、ロク(橋爪功)、宗匠(蒟蒻亭乙葉/笹野高史)、お嬢(浅丘ルリ)、マヤ(加賀まりこ)、そしてマロが出席していた。

マロが、生前葬の実行委員長が必要だと言い、自分を推してきた。

それに対して、マヤが仏様の立場のマロが仕切るのは変だと言うと、お嬢も死人に口出しする権利はないと言って、マロが口出しすることを拒んだ。

マロは、理不尽だ、寂しいと嘆きながらも渋々それを受け入れた。

そして、菊村が実行委員長となり、マロのいない会議が改めて開かれ、そこに新たに白鳥洋介(上條恒彦)が加わった。

菊村は、マロが準備した葬儀で歌ってほしい曲のリストを白鳥に見せ、その中から3曲を選曲し合唱用に編曲して欲しいと依頼した。

また、その歌を歌う聖歌隊をやすらぎの郷の中からオーディションで選出し、その者たちを教育して欲しいことも併せてお願いした。

白鳥は、楽譜の読めない人たちを教育するのは無理だと何度も拒んだが、出席者全員で白鳥を励まし強引に話を進めた。

 

郷の掲示板にコーラス隊募集のポスターが張り出され、後日オーディションが開催された。

オーディションには、いつものメンバーはもちろん、名倉理事長夫妻や有坂エリ(板谷由夏)も参加していた。

白鳥とマロの前で次々と歌声を披露してく応募者たち。

桂木夫人(大空眞弓)は、白鳥の評価に納得できず、腹を立ててオーディション会場を飛び出した。

しかし、しばらくすると今度は審査をしていた白鳥が腹を立てて会場を飛び出していった。

何事かとマヤが白鳥に駆け寄ると、マロが横から口出ししてくることに腹を立てた白鳥が、オーディションの審査から下りると言ってきた。

そんな白鳥に、マロをつまみ出すと言ってなだめるマヤだった。

スポンサードリンク

九重めぐみの状態

九重めぐみの病室を訪ねる菊村。

ベッドに横になった九重は、遠い目をして「七つの子」を歌っていた。

その傍らには高井秀次(藤竜也)が付き添っていた。

菊村が高井に、九重の具合を伺うと、なんとも言えな表情を浮かべる高井だった。

マロが生前葬をやろうとしていることを知った高井は、マロがそんなに具合が悪いようには見えないと言うと、「よくわかりません」と笑って返す菊村。

「あの方は、そんな簡単に死にませんよ」と言う高井に、菊村は強くうなずいた。

高井は、一人動揺を歌い続ける九重を見て、正気と認知症の狭間の苦しみを抜け、今は緩やかに穏やかに天国への階段を上っているようだと告げた。

スポンサードリンク

マロ紙幣誕生

夜、カサブランカで菊村とマロが飲んでいる。

マロは、葬儀の後の楽しい二次会を考えたと言い、札束を菊村の前に広げた。

そのお札にはマロの肖像画が描かれていて、弔問者に香典の額に応じてそのお札を配りそれで「さよなら賭博」をやるとマロは嬉しそうに語った。

それを聞いた菊村は、大きなため息をついて呆れた。

スポンサードリンク

感想

今回、オーディションのシーンをみて、改めて出演者が豪華だと感じましたね。

そして、その大物たちにアホずらで歌を歌わせるなんてほんと贅沢なドラマです。

そういえば、桂木夫人はギックリ腰じゃなかった?

怒りで失禁するくらいだから、きっと秒で治ったんでしょうね。

そして、また出ました偽札!

しかも、とうとう今度はマロ自身のマロ紙幣。

現実世界じゃ反省できなかったようなので、あの世で反省してもらうしかなさそうです。

視聴者の声

まとめ

やすらぎの刻、第203話。

マロの生前葬を行うにあたり、実行委員会が立ち上げられた。

菊村が実行委員長となり、まず葬儀の聖歌隊のオーディションが行われることになった。

白鳥が応募者の審査を行っていたが、マロが横から口を挟むのでそれに白鳥が激怒し、抜けると言い出す事態になった。

そのころ九重めぐみの病室を訪ねた菊村は、高井から彼女が認知症の苦しみから解放され、ゆっくりと天国への階段を上り始めたことを知らされる。

夜、マロとカサブランカで飲んでいた菊村は、マロの肖像画が描かれた偽札の束を見せられた。

マロは、その偽札は、生前葬の2次会で行う博打で使うものだと嬉しそうに語った。

それを聞いた菊村は、ただただマロに呆れた。

←第202話 黒蜥蜴参上

第204話 鼻毛で絶交→

コメント