スポンサーリンク

やすらぎの刻(道)第197話ネタバレお嬢、柳介との面会を懇願!

やすらぎの刻 道 第197話 ネタバレ

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2020年1月16日放送、第197話の内容をご紹介。

柳介のイギリス行きが決まったことを名倉理事長から告げられたお嬢は、最後に柳介と二人きりで話がしたいと懇願した。

一方、中川玉子に呼び出された菊村は、桂木夫人のことで相談を受ける。

■やすらぎの刻-道-第197話 あらすじ(公式ツイッター)

←第196話 柳介の女装

第198話 ネタバレ→

スポンサードリンク

お嬢、柳介に会いたい

竹芝柳介(関口まなと)、井本雪之丞(小野武彦)、名倉みどり(草刈民代)、有坂エリ(板谷由夏)の4人が、やすらぎの郷のエントランスでマダム・ハミルトンを見送っていた。

そのころ理事長室では、お嬢(浅丘ルリ子)が名倉理事長(名高達男)から次の水曜日に、柳介がマダム・ハミルトンと共にイギリスへ行くことになったと説明を受けていた。

その話を聞いたお嬢は、柳介とゆっくり話がしたいので、彼を今夜自分の部屋に泊めさせて欲しいと名倉理事長にお願いした。

しかし、名倉理事長は、柳介の身元はやすらぎの郷の中で秘密にされているので、お嬢の部屋に柳介がいたことがバレると問題になると言って難色を示した。

するとお嬢は、「先生、あたしもう80です!あの子が、今度いつイギリスから帰ってくるか・・・もしかしたら、これでもう永遠に会えいないかもしれないんですよ?」と声を震わせ訴えた。

するとそこに、マダム・ハミルトンの見送りを終えたみどりが入ってきた。

お嬢はすかさずみどりに、柳介と会う時間を作って欲しいと土下座をして懇願した。

その姿に慌てた理事長は、夜カサブランカに二人だけで会う時間を設けることを約束した。

スポンサードリンク

桂木夫人がいろいろとやばい

中川玉子(いしだあゆみ)に電話で呼び出され、カサブランカに向かった菊村(石坂浩二)。

玉子は、他言無用と菊村に断りを入れて、桂木夫人(大空眞弓)のことについて話し始めた。

今度の水曜日に桂木夫人らと原宿に買い物に行く予定があり、夫人が高級ブランド店のバッグを万引きするつもりだと告げた玉子。

また、認知症も進行していて、一人で着替えができなくなったことや、杖に細工して酒を忍ばせ飲酒していることを話し、名倉理事長からは、これ以上症状が悪化すれば病院棟へ移すことになると告げられたことを伝えた。

玉子は、他の入居者に認知症のことを知られたら、気位の高い桂木夫人はどうなってしまうのかと不安を口にした。

話を聞いた菊村は、玉子に桂木夫人としばらく距離を置くことを提案する。

しかし、玉子もすでに桂木夫人にその話をしたが、大泣きされてしまい夫人がかわいそうで見捨てられないと告げた。

菊村は、とりあえず今度の水曜日の原宿での買い物には、誰か警護を付けた方がいいと提案した。

スポンサードリンク

柳介とお嬢が密会

玉子がカサブランカを去り、菊村がひとりで酒を飲んでいる。

〈菊村のナレーション〉

一人になった私は、しばらく桂木夫人のことを考えて飲んだ。

かつては一世を風靡した老女優が、アルコールと認知症に頭を侵され、それでも昔の栄光と気位だけが今なお、脳に棲み着いている。

そのことが哀れだった。

 

ホッピー(草刈麻有)が、店を21時に閉めると言って菊村に退店を促した。

それからホッピーは突然、皆にシロと呼ばれているスタッフが、竹芝柳介でお嬢の孫であることを菊村に確認した。

菊村は驚き、そのことは絶対人に話してはいけないと口止めした。

「わかりました」と答えたホッピーは、唐突に「秘密なんですけど、私まだ処女なんです」と言い出した。

戸惑う菊村に、ホッピーは目を輝かせながら白馬の騎士が現れたと言い、その騎士は竹芝柳介で、私をさらいに来たと語った。

菊村がそれを否定するも、ホッピーは聞く耳を持たず、柳介に対する想いを熱く語り始めた。

呆れて聞いていた菊村が、柳介が間もなくイギリスへ行ってしまうことを告げようとしたとき、みどりが入ってきて、早く店を閉めるようホッピーに催促してきた。

それを聞いた菊村は、そそくさと店を後にした。

 

閉店後の誰もいなくなったカサブランカ。

裏口から店内に入ってくる柳介。

しばらくすると、店の入り口からお嬢が入ってくる。

お嬢は、カウンターの中に立つ柳介に、「元気だった?」と声を掛けた。

「元気です。おばあちゃん」と答える柳介。

見つめ合う二人。

〈菊村のナレーション〉

白馬の騎士と、そのおばあさまがここで密かに別れの前のひとときを過ごすことを、私は全く知らなかった。

第197話、終了。

スポンサードリンク

感想

久しぶりに桂木夫人が取り上げられましたが、さらに強烈なご夫人になられていてお見事です。

もう万引きとは言えないレベルで、完全に盗人の域に到達ですね。

万引きがグレードアップしただけでも十分なのに、杖に酒を仕込むなんてネタまで投下されて、もうお腹いっぱいです。

しばらく郷が静かだったので、また賑やかになりそうで楽しみです。

そして、ホッピーの突然のバージン告白や白馬の騎士発言から、ホッピーが結構痛い子だったことが判明。

ホッピーは、やすらぎの郷の数少ない良心かと思っていましたが、やっぱり普通じゃなかった。

間もなく白馬の騎士がイギリスへ行ってしまうことを知ると思いますが、その後のホッピーがどうなるのかも楽しみです。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻、第197話。

柳介がイギリスへ行ってしまうことを知ったお嬢が、柳介と話がしたいと名倉理事長にお願いした。

しかし、名倉理事長は柳介の素性を秘密にしているので、柳介と会うことに難色を示した。

それでも土下座をして懇願するお嬢に、名倉理事長は、閉店後のカサブランカで柳介と会うことを許した。

一方そのころ、玉子に呼び出され、桂木夫人の万引き癖の悪化について相談を受ける菊村。

菊村は、桂木夫人と距離を置くことを玉子に提案するが、以前その話をしたら泣かれてしまい、そんな夫人が不憫でならないと返す玉子だった。

そんな玉子に菊村は、とりあえず買い物の際、万引き防止のために護衛を付けることを提案した。

その後一人で飲んでいる菊村に、ホッピーが目を輝かせながら、竹芝柳介が白馬の騎士だと言い出し彼に対する熱い思いを語りだした。

その途中にみどりが店に入ってきて、退店を促され店を後にする菊村。

その後、閉店後の静まり返ったカサブランカで、柳介とお嬢が密会していたことを菊村は知る由もなかった。

 

←第196話 柳介の女装

第198話 ネタバレ→

コメント