やすらぎの刻(道)第188話ネタバレ小野ヶ沢に鐘の音が鳴り響く

やすらぎの刻 道 第188話 ネタバレ

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年12月26日放送、第188話の内容をご紹介。

平成4年の大晦日、ゴウと圭の一家、そして長女の晴子が公平の家に集まり、皆で年越しを祝った。

そして夜、ついに翔の計画が実行され、村に鐘の音が鳴り響く。

■やすらぎの刻-道-第188話 あらすじ(公式ツイッター)

←第187話 鐘の音計画始動

第189話 年末総集編→

スポンサードリンク

大勢の孫が集う

公平(橋爪功)の家に、長男のゴウ一家と四男圭一家、そして長女の晴子(手塚真生)が集まり、餅つきをしている。

大勢の孫たちが一堂に会し、楽しそうにしている姿に公平は目を細めた。

餅つきの後、女性陣はおせちの準備を始め、男衆は公平の家の大掃除を始めた。

圭の長男、克夫(戸塚祥太)が大人たちの目を盗み、除夜の鐘計画の進捗を、ゴウの次男、湧郎(斎藤嘉樹)に尋ねた。

湧郎は順調であることを伝えると、そこに湧郎の兄、剛太(岡本智礼)が慌ててやってきて、祥恩寺の住職が境内の掃除を始めたので、作戦本部のある寺の物置に見張りを立てた方がいいと言ってきた。

すると翔(菅谷哲也)が、しのぶ(清野菜名)と克夫の妹、結(小川紗良)を呼び出し寺に向かわせた。

境内の掃き掃除をしていた住職が、物置から延びるコードに気が付き近づこうとした刹那、結が住職の前に現れ、「お掃除なんて、お年寄りがやっちゃダメ!こういのは若いもんのやる事」と声を掛けほうきを奪い、住職を陽動した。

その隙にしのぶが、物置から延びていたコードを見えないように隠した。

住職が掃除を結いに任せて、再び物置の方に目をやるとコードが無くなっていた。

そして、しのぶがしれっと住職の前に現れて公平の孫だと挨拶した。

住職が、公平の子供の誰の子か尋ねると、「里子の娘です」と返すしのぶ。

住職は、「ほ~、里子さんの・・・」と言って去っていったが、「(公平の孫が)多すぎて名前が覚えきれん」とつぶやいた。

しのぶと結は、うまくごまかせたと顔を見合わせた。

スポンサードリンク

小野ヶ沢に鐘の音が鳴り響く

夜、皆ですき焼きの鍋を囲み、大晦日を祝った。

〈公平のナレーション〉

久しぶりに楽しい夜じゃった!

本当に何年ぶりじゃろうか、一族がこれだけ集まるのは。

竜と健のとこは来れんかったけどな。

それに里子もじゃ。

しのぶも久しぶりに幸せそうじゃった。

わしゃ少し酒を過ごしたようじゃ。

23時半に初詣に出た。

うちの初詣は時間がかかるんじゃ。

まず鎮守様にお参りをして、それが終わると祥恩寺へ鐘を突きに行ったもんじゃったが、今はもう突く鐘が無くなってしもうたから、住職に挨拶をして、閼伽桶(あかおけ)をお借りし墓地へ向かう。

 

根来家の墓に、皆で花を手向け線香を備えた。

その間、翔や克夫はしきりに腕時計を見て時刻を気にしていた。

墓に手を合わせた後、公平が「みんなお墓に入ってしもうたのう・・・親父、お袋、公一兄さん、公次兄さん、三平兄さん・・・もう誰も知らんじゃろう。ええ」と言って、皆の方を振り返った。

そして、「公次兄さんは戦死した。三平兄さんは戦争が嫌で、屋根に上がって自殺した」と皆に語った。

墓に手を合わせていたゴウの長女みどり(四ツ倉フミカ)が、「そうだったんだ・・・」とつぶやいた。

翔が腕時計に目をやると、0時まで30秒を切っていた。

(孫たちの顔に緊張が走る)

(秒を刻む音が響く)

公平は、他の墓に誰が入っているのか皆に説明していた。

そして、ついに午前0時を迎えた。

 

(ゴーン)

鐘の音が鳴り響く。

公平としのが音の方を振り返る。

公平「なんじゃ?今のは」

しの「嘘でしょ・・・」

他の大人たちも振り返り、耳を疑った。

孫たちは目を合わせ笑顔を見せた。

その後も鳴り響く鐘の音。

公平は走り出し、祥恩寺に向かった。

途中、墓参りに向かうニキビ(山本圭)とすれ違いも構わず走りすぎる公平。

ニキビは公平の後を追った。

祥恩寺では、住職が慌てて本堂から飛び出し、音の出所を探った。

ハゲ(ミッキー・カーチス)も鐘の音に気づき、家から外にでて鐘の音に聞き入った。

公平は鐘楼に着くが、そこには鐘はなく、再び音の出所を探しに向かった。

そして鐘の音が、村の広報無線から出ていることを気づいた公平は、スピーカーを見上げ、昔を思い出し涙で顔を濡らした。

そこにしのたち全員が駆け付ける。

そして翔としのぶが、しのに「「おばあちゃん、明けましてめでとう」と声を掛けた。

しのも笑顔で「おめでとう」と返した。

境内の物置の中では、実行部隊のハットリとカワスミがハイタッチを決めていた。

涙を流し感慨にふける公平に、孫たちが「おじいちゃん、明けましておめでとう」と声を掛けた。

公平は振り返り、「おめでとう」と声を絞り出し、目頭を押さえしのの肩を抱いた。

〈公平のナレーション〉

その大晦日は、一生忘れん!

誰が一体、仕組んだものか・・・あんなプレゼントはもろうたことがない。

第188話、終了。

スポンサードリンク

感想

根来一族ほぼ総出演の回でしたが、人数が半端ねぇ~

あんなに集まって、みんな泊まれるのか、布団は足りるのか、なんてどうでもいいことを考えてしまいます。

いや~、でも今って葬式でもないとなかなか親族が一堂に会することってあんまりないので、今日の放送はすこぶるしみじみしましたね。

それにしても、公平はなぜ急に三平の自殺をカミングアウトしたんですかね。

人がいっぱい集まったんで、テンション上がってしまったからなのか・・・。

っつても、孫たちは鐘が気になっていて、あんまり真剣に聞いてなかったように思いますが。

とりあえず公平が大号泣で、孫たちからのプレゼントは大成功のようで良かったです。

そして、ハットリとカワスミにお疲れ様と言いたい。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻、第188話。

平成4年の大晦日、公平の家にゴウと圭の家族、そして長女の晴子が集まり、皆で餅つきやおせちの準備、大掃除で賑わった。

夜は皆ですき焼きを囲み、年の瀬を祝った。

そして、年が明ける前に、皆で根来家恒例の墓参りも兼ねた初詣に出かけた。

根来家の墓に手を合わせているときに午前0時を迎え、鐘の音が村中に響き渡った。

鐘の音に耳を疑う公平としの。

公平は駆け出し、祥恩寺へと向かったが、鐘楼に鐘はなかった。

鐘の音の出所を探る公平は、村の広報無線から出ていることを突き止める。

そしてスピーカーを見上げ、かつての記憶がよみがえりむせび泣く公平だった。

そこにしのたちも駆けつけ、皆で新年を祝った。

←第187話 鐘の音計画始動

第189話 年末総集編→

コメント