スポンサーリンク

やすらぎの刻(道)第186話ネタバレ巌の教育哲学!あの鐘を鳴らすのは・・・?

やすらぎの刻 道 第186話 ネタバレ

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」。

2019年12月24日放送、第186話の内容をご紹介。

詩子を連れ戻しにきた父親の巌は自身の教育論を語り、その話に公平としのは不安を募らせる。

一方翔は、公平としののために、いとこたちを巻き込んであることを計画する。

■やすらぎの刻-道-第186話 あらすじ(公式ツイッター)

←第185話 瞬間湯沸かし器

第187話 ネタバレ→

スポンサードリンク

詩子、連れ戻される

根来家の居間に、公平(橋爪功)としの(風吹ジュン)、木宮詩子(渡辺早織)の両親、巌(梨本謙次郎)と逸子、そして詩子本人、翔(菅谷哲也)、しのぶ(清野菜名)が揃い話をしている。

巌が高校の体育教師をしていると知った公平が、最近の高校生はどんな様子か尋ねると、反応が鈍い、礼儀がなっていないなどと、「最近の若者」論を語る巌。

それから、ちょっと手を出しただけで体罰と言われ懲罰に掛けられると嘆き、翔を実際に小突いて見せて、この程度で体罰と言われることが心外だと言い、殴った方はもっと痛いと独自の教育論を語った。

そして、「わかるでしょう、おじいさん」と公平に同意を求めた。

すると公平は、「わかるけど・・・木宮さん。あんた日本語を間違えとるよ。私は、あんたから『おじいさん』と言われる覚えはないもん」と、さっき翔が巌に言われてことを逆に巌に言った。

それを言われた巌は、「失礼しました」と言って茶をすすった。

しのが、詩子のことについて触れると、自分たちの教育不足だと詫びて連れて帰ると返した。

しのは巌に、家に連れ帰った詩子のことをぶたないか問いただした。

巌は、「親の愛情と権威の範囲で・・・ちょっとなでるかもしれません」と返すと、「それって・・・叩くってことでしょ?」としのは渋い顔をした。

すると巌は、自分も父親からそうされて育ったが、のちに父親の愛情を知る事が出来たと目頭を熱くした。

そう語る巌にしのぶたちは目を丸くした。

そして公平が、自分も殴られて育ったから分かると言いつつも、体罰はよくないと巌を諭そうとしたところに、ニキビ(山本圭)とハゲ(ミッキー・カーチス)が入ってきて、翔と詩子が結婚すると勘違いしをしてその場を乱した。

すかさず公平はニキビとハゲを外に連れ出しその場を収めた。

 

その後、木宮親子との面談は夕方まで続いた。

結局詩子は連れ戻されることになり、公平らは木宮親子を庭先で見送った。

寂しそうに詩子を見送る翔の手をしのぶが握っていた。

去り際に巌が縁側の縄に気づき、それが何か尋ねると、しのが古着で縄を綯っていることを話した。

それを聞いた巌は、「すごい。お二人はすごいです」と言って去っていった。

スポンサードリンク

公平、鐘の音を懐かしむ

年の瀬を迎えた小野ヶ沢。

村の寄り合い所で、公平、ニキビ、ハゲがたき火にあたり、翔としのぶは落ち葉を掃いていた。

ハゲがハーモニカで、「ふるさと」と奏でている。

ニキビが、一緒にたき火にあたるよう翔としのぶを呼び、皆で焼き芋を食べる。

ふいに公平が、昔皆で聞いた祥恩寺の鐘が聞こえなくなって寂しいと嘆くと、ニキビとハゲも共感した。

〈ハゲの演奏をBGMに、3人の回想シーンが流れる〉

ハゲの演奏が終わると、公平が鐘を購入するとしたらいくらになるかとつぶやいた。

ニキビは、何百万はするだろうと言い、寄付を集められないかと提案するが、ハゲが無理だと返した。

公平は寂しそうに祥恩寺の方を見つめていた。

スポンサードリンク

翔、動く

夜、布団の上でため息をつき考え込む翔。

部屋の外から、もう寝たのか確認してくるしのぶを翔は招き入れた。

翔は、父親たちが公平としのに対して寄り添っていないと嘆き、ならば代わりに自分たち孫の世代で二人に何かプレゼントができないかと語った。

しのぶが何をプレゼントするのか尋ねると、「カネよ」と笑って答える翔だった。

 

翔が、いとこの克夫(戸塚祥太)と自転車を押しながら、昨夜の話をしていた。

克夫が、いくら「金」をプレゼントするのか尋ねると、その金じゃなく、除夜の「鐘」だと説明する翔。

鐘は高いと言う克夫に、「だから音だけ贈る」と返し、翔は大晦日に近所の火の見櫓の広報無線のスピーカーから、鐘の音を流す計画を話した。

克夫が、鐘の音はどうするのか尋ねると、どこかの寺の鐘の音を録音させてもらい、その音を流すと翔は答えた。

それを聞いた克夫は、「ものすごいこと考えるなお前!」と感心した。

 

克夫の弟の文彦(吉田翔)と圭司(渡辺甚平)も加わり、計画を話し合っていた。

文彦が広報無線はどこから流しているのか疑問を投げかけると、村役場だろうとの結論にいたり、その回線を借りるのは難しいと克夫が嘆いた。

すると翔が、「電線を途中でちょん切って、テープレコーダーと繋ぐんだ」と強引な策を提案した。

すると克夫は、「すげえなお前!」と感心した。

圭司が、回線工事はどうするのか尋ねると、プロを見つけて頼むしかないだろと翔が答えた。

すると克夫が、「すげえなお前!」とまた感心した。

そして、圭司がゴウの次男湧郎(斎藤嘉樹)の彼女の兄が、電気工事をやっていると告げた。

それを聞いた翔と克夫は、湧郎のもとへ自転車を走らせた。

 

翔たちから話を聞いた湧郎は、彼女の兄がNTTの技師であると答えた。

その場には湧郎の兄剛太(岡本智礼)もおり、翔の計画を聞いて、バレたら捕まるぞと警告した。

すると翔は、「そん時は・・・俺、責任持つよ」と言った。

その言葉を聞き、克夫たちは顔を見合わせた。

第186話、終了。

スポンサードリンク

感想

冒頭から、このご時世に抗うかのような教育論を語る巌氏。

まさに名は体を表すです。カッチカチですね。

しのの願いもむなしく、詩子は殴られてしまったのか気になります。

たき火のシーンでハゲがハーモニカを吹いていましたが、ハゲってそんなキャラだったかとふと思ってしまいました。

これってきっと、ハゲ役がミッキーさんじゃなかったら吹いてなかったんじゃないかと・・・。

かつてのハゲの見てくれからは、ハーモニカより草笛の方が似合いそうだ。

そしてまだまだ翔の活躍が続きそうです。

これまであまり出番のなかったいとこたちを巻き込んで、除夜の鐘計画が発動されました。

克夫ファンの方は、「よっ待ってました」って感じかと思いますが、なんか今回の克夫の発言がちょっとアホっぽかったと感じのは私だけでしょうか。

いや、きっと感受性が豊かなんですね。

いずれにしても、あの鐘を鳴らすのは誰なのか、明日から楽しみです。

視聴者の声

まとめ

やすらぎの刻、第186話。

木宮詩子を連れ戻しに来た父親の巌は、自身の教育論を語り体罰を是認した。

皆が詩子の身を案じる中、詩子は連れ戻されていった。

しのぶは、寂しそうに詩子を見送る翔の手を握り、その寂しさに寄り添った。

年の瀬が迫ったころ、村の集会所で公平、ニキビ、ハゲ、翔、しのぶらがたき火を囲み焼き芋を食べていた。

そこで公平が、かつて大晦日に聞いていた祥恩寺の鐘の音が聞こえなくなって寂しいと嘆いた。

その日の夜、翔は公平としのに何かプレゼントしたいと考え、大晦日に鐘の音を聞かせることを画策する。

後日、いとこの克夫たちを巻き込んで、計画を実行すべく奔走する翔だった。

←第185話 瞬間湯沸かし器

第187話 ネタバレ→

コメント