スポンサーリンク

やすらぎの刻(道)第185話ネタバレ孫の恋愛をいじる!父は瞬間湯沸かし器!

やすらぎの刻 道 第185話 ネタバレ

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年12月23日放送、第185話の内容をご紹介。

しのぶの思いがけない行動に、盛り上がる公平としの。

しのぶと詩子の親しげな様子に安堵する公平だったが、ついに詩子の両親が根来家にやってきて・・・。

■やすらぎの刻-道-第185話 あらすじ(公式ツイッター)

←第184話 詩子登場

第186話 巌の教育哲学→

スポンサードリンク

AかBか?

家出した木宮詩子(渡辺早織)が、公平の家に来たその日の夜、公平(橋爪功)としの(風吹ジュン)が寝床で、しのぶ(清野菜名)の内心を探っていた。

翔(菅谷哲也)が詩子を連れて家に戻ってきたときのしのぶは、目が血走っていて鬼女の顔になっていたと、公平は嬉しそうに話した。

そんなしのぶが、詩子を家に泊めてあげてと言い出したことに驚いたと話すしの。

そして、翔と詩子の関係がどこまで進んでいるのか楽しそうに詮索する公平としのは、キスはしているだの、乳はすでに触ってるだのとゲスな話で盛り上がった。

スポンサードリンク

詩子の父は瞬間湯沸かし器

甲斐大泉のゴウ(田中哲司)の元を訪れる公平。

ゴウと妻の朋子(ホーチャンミ)は、新種の「しの姫」という桃の売れ行きが好調だったと嬉しそうに語った。

世間話が終わると、公平は木宮詩子を知っているか尋ねた。

知っていると答えるゴウと朋子に、公平は詩子が家出をして、今自分のところで預かっていることを説明した。

そして、翔と詩子の関係がどこまで進んでいるのか尋ねた。

すると朋子が、詩子の同級生である娘のあい(酒井波湖)を呼んだ。

朋子が、あいに翔と詩子がどのくらい仲が良かったのか聞くと、「長さで言うの?深さで言うの?」とふざけて返すあい。

ゴウが「アホ」と言って、改めて二人の関係が友達の範囲なのか、それ以上だったのか尋ねると、あいは「まあ、ちょっとは越えてるんじゃないの?付き合い始めて、もう1年以上経つから」と返した。

それを聞いて驚く公平たち。

朋子が、詩子が家出して公平のところにいることを説明すると、あいは「瞬間湯沸かし器と衝突したな!」と言って、高校の教師を務める詩子の父親が、突然激高するので生徒たちから瞬間湯沸かし器と呼ばれていることを話した。

公平は、詩子の両親への対応をあいたちに任せて帰路に就いた。

 

公平の家では、しのぶと詩子が一緒に台所に立ち楽しそうにしていた。

姉妹のように親しくする二人の姿に、公平は安堵した。

 

夜、寝床でしのが、しのぶは翔へ恋心を抱いているが、翔のために必死に身を引こうとしている健気な姿に、涙が出そうだと公平に語った。

公平は、しのぶはまだ子供で、そこまで思慮していないと言い、恋敵が現れたらもっととんがっているはずだと返した。

そんな公平にしのは、「そこがしのぶの偉いところなんですよ。翔の心を気遣うとるんですよ。あの子は、私の血を引いていますよ」と語った。

スポンサードリンク

瞬間湯沸かし器襲来

数日経った昼過ぎ、公平のもとを詩子の両親、木宮巌(梨本謙次郎)と逸子(赤間麻里子)が訪ねてきた。

巌がお詫びの言葉を口にすると、「もっと早くにお知らせすべきとこだったんじゃが・・・」と公平は返した。

そこに炭焼き場から翔、しのぶ、詩子が走って戻ってくる。

翔は開口一番で、「お父さん!お母さんも・・・すみません!」と言葉を震わせ頭を下げた。

そんな翔に、逸子が「ごめんなさいね!本当に。詩子がご迷惑をおかけして」と声を掛けたが、巌は「君!・・・君は日本語を間違えてます。私は君からまだ、お父さんと呼ばれるいわれはありません。おじさんと言いなさい」と指摘した。

そして、家の中に入らず、玄関先に隠れている詩子に、巌がすこぶる大きな声で「詩子っ!」と怒鳴り、「出てきなさい」と言った。

ゆっくりと姿を現した詩子を自分の横に呼ぶ巌。

そして、「座って、まずおじい様とおばあ様に、恥ずかしいことをしでかしたことを、きちんとお詫び申し上げなさい」と指示した。

詩子は、「申し訳ありませんでした」と言って公平としのに土下座した。

すると巌は、「申し訳ございませんでした」だと指摘し、詩子は再度「申し訳ございませんでした」と言って土下座した。

〈公平のナレーション〉

瞬間湯沸かし器が湯を噴いたのを見た。

第185話、終了。

スポンサードリンク

感想

自分の孫を鬼女と言ったり、乳は揉んだじゃろとか、久しぶりに公平ゲスの極み。

そして、すぐに怒る人を「瞬間湯沸かし器」と表現するの、久しぶりに聞いてすこぶる懐かしい気分になりましたね。

「コラおじさん」とか、今の若い人は知らんでしょうね。

巌が、翔の「お父さんお母さん」発言に嫌味を言ってましたが、そのあとの公平としのへの「おじい様おばあ様」発言も結構な違和感を感じたのは、私だけでしょうか。

次回予告では、翔が巌に小突かれるシーンが映っていたので、また一波乱ありそうで楽しみです。

視聴者の声

まとめ

やすらぎの刻、第185話。

家出してきた詩子を招き入れたしのぶの意外な行動を、楽しそうに話す公平としの。

公平は、詩子のことでゴウのもとを訪ね、孫のあいから詩子と翔が以前から交際していたことを知らされる。

また、詩子の父親が高校の教師をしていて、急に怒り出すことから、生徒たちに「瞬間湯沸かし器」と呼ばれていることを聞かされた公平は、詩子と両親の取次ぎをあいたちに任せて家に戻った。

公平は、しのぶが詩子と親しげにしている姿に安堵していたが、しのは、しのぶが翔への気持ちを押し殺し、身を引こうとしているのを察し、そんなしのぶを不憫に思っていた。

そんな中、詩子の両親が公平たちのもとを訪ねてきた。

詩子の父、巌は瞬間湯沸かし器と呼ばれる通り、大声で詩子を呼びつけ、土下座で公平としのに詫びを入れさせた。

←第184話 詩子登場

第186話 巌の教育哲学→

コメント