スポンサーリンク

やすらぎの刻(道)第181話ネタバレ翔としのぶ仲がいい!嵐で停電!

やすらぎの刻 道 第181話 ネタバレ

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年12月17日放送、第181話の内容をご紹介。

しのぶは翔を兄のように慕い、一緒に行動するようになった。

ゴウと圭は、竜のことを心配し公平のもとを訪れる。

そんな中、小野ヶ沢を嵐が襲う。

■やすらぎの刻-道-第181話 あらすじ(公式ツイッター)

←第180話 しのぶがやってきた

第182話 公平、停電を笑う→

スポンサードリンク

翔としのぶのふるさと

悲別炭鉱閉山と組合長の自殺が書かれた新聞記事を読む、公平(橋爪功)としの(風吹ジュン)。

二人は、里子たちが暮らしていけるのか不安を口にした。

 

翔(菅谷哲也)としのぶ(清野菜名)が、小屋で童謡しりとりをしながら作業をしている。

翔はのこぎりで丸太を切り、しのぶはナイフやナタの刃を研いでいた。

途中、しのぶが「あっ!」と声を上げたので翔が振り向くと、しのぶの指先から血が流れていた。

翔はしのぶの手をとり、指先の傷口に口をつけた。

しのぶは、翔の行為を黙って見つめていた。

 

おにぎりを食べる翔としのぶ。

しのぶは、翔が東京にいたときのことを尋ねた。

引きこもりになった原因はいじめなのか問われた翔が、「それもあったな」と答えると、しのぶは「ぶっ飛ばしちゃえばよかったのに!しのぶ、前いじめっ子ぶん殴った」と返した。

翔が、引きこもりの原因はいじめだけでなく、東京が合わなかったんだと思うと言うと、しのぶは悲別のクラスメートは、皆東京に行きたがっていると言って東京への憧れを語った。

そんなしのぶに、翔は東京には土がなく「俺、きっと土に飢えていたんだな。土っていうか、ふるさとに」と言って笑った。

翔が、しのぶのふるさとはどこか尋ねると、悲別と答えるしのだったが、「でも悲別も、もうじきなくなるっていうから、もしかしたらここがふるさとかもしれない」と言って笑顔を見せた。

スポンサードリンク

嵐が来る

ゴウ(田中哲司)と圭(山村憲之介)が、公平のもとを訪れ、竜(駿河太郎)が金を借りに来たことを話していた。

ゴウは、竜を甘やかすことになると考え金を貸さなかったと語り、その対応は厳しすぎたのか公平に尋ねるも、何も答えない公平だった。

 

ひとり機織りをしているしの。

傍らのラジオからは、大型台風接近の情報が流れ、それを聞いたしのは不安を募らせた。

 

日中、翔としのぶは台風対策に奔走していた。

 

夜、しのとしのぶが布団を敷いていると、しのぶがタンスの上に飾られた木彫りの人形に気づき、しのに尋ねた。

しのは、戦時中かくまった朝鮮人労働者が、お礼に掘ってくれたものだと言って、それぞれが誰なのか説明した。

しのぶが、「三平兄さんって、戦争で死んだの?」と尋ねると、「まあね・・・」としのは答え、戦時中、三平が横浜まで会いに来た夜のことを思い出した。

 

それから3日後の夜、小野ヶ沢は嵐に襲われ、一帯が停電に見舞われた。

スポンサードリンク

感想

怪我したしのぶの指を咥える翔の行為に、思わず「そんな奴いねーよ!」と思ったのは、私だけではないでしょう。

今のご時世、この行為に対して衛生面や倫理観でいろいろツッコミが入りそうです。

そして、いじめっ子をぶっ飛ばしたと得意げに語るしのぶは、しっかりとしの遺伝子を引き継いでいるようです。

平成編にも、犬山的な奴の登場を期待してしまいます。

それから、台風の到来で農園や畑は大丈夫なんでしょか。

農作物の無事を祈りたいと思います。

それにしても、清野名菜さんの時代を感じるピンクのジャージ姿は貴重ですね。

今度はぜひ、ケミカルウォッシュのジーパン姿を披露してほしい。

スポンサードリンク

視聴者の声

まとめ

やすらぎの刻、第181話。

新聞の悲別炭鉱閉山の記事を読む公平としの。

二人は、里子のこれからの生活に不安を募らせた。

しのぶは翔を兄のように慕い、農作業を手伝うようになっていた。

ゴウと圭は公平のもとを訪ね、竜からの借金の申し出を断ったことを告げ、竜の今後を心配した。

それからしばらくして、嵐が小野ヶ沢を襲い、一帯は停電に見舞われた。

←第180話 しのぶがやってきた

第182話 公平、停電を笑う→

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ネタバレ
シェアする
ライフアップトピックス

コメント