スポンサーリンク

やすらぎの刻(道)第179話ネタバレ里子のお願い!ほらほらあれあれ!

やすらぎの刻 道 第179話 ネタバレ

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年12月13日放送、第179話の内容をご紹介。

1992年、平成4年の春。

北海道の炭鉱で暮らしていた里子が、久しぶりに小野ヶ沢に帰ってきた。

炭鉱の状況が厳しいと嘆く里子は、娘のしのぶを預かってほしいとしのに打ち明ける。

■やすらぎの刻-道-第179話 あらすじ(公式ツイッター)

←第178話 マコの夢

第180話 しのぶがやってきた→

スポンサードリンク

里子のお願い

1992年、平成4年、春。

しの(風吹ジュン)が、4男圭の家を訪れ、古新聞を束ねていた。

嫁の文子(秋元才加)が、その古新聞を何に使うのか尋ねると、桃に掛ける袋を作ると返すしの。

文子が、その袋は農協で100枚650円で売っているから作る必要がないと言うと、しのは高いと言い、暇な自分が作ると返した。

 

新聞を抱えてしのが自宅に戻ると、長女の晴子(手塚真生)と北海道悲別で暮らす次女の里子(菅野恵)が来ていた。

晴子は、大量の古着を持ち込んでい、それを何に使うのか里子が尋ねると、しのが古着から縄をなったり、裂き織の材料にしていると説明した。

そして、かつて晴子や里子が来ていた服で作った縄を見せた。

しばらくして、居間の時計が3時を知らせると、晴子は甲府へと戻っていった。

 

夕方、翔(菅谷哲也)が農作業から戻ってきた。

翔が誰か分からない様子の里子に、しのが「竜のところの長男の翔よ」と紹介した。

翔が頭を下げると、里子は「翔ちゃん?いつの間に大きくなって!」と声を上げた。

そして公平(橋爪功)が、2年前に翔がこの家にきた経緯を説明した。

 

公平、しの、里子、翔が夕飯を食べている。

公平が、里子に悲別の暮らしを尋ねると、炭鉱が下火になり多くの人が去り、空き家が増え寂れていると嘆いた。

 

夜、しのと里子が布団に入りながら話をしている。

しのが、里子の夫、堺俊一(聡太郎)の様子を尋ねると、俊一は組合で人員整理の職を担当していて、再就職の手配や解雇された者から逆恨みされたりと大変な状況だと嘆いた。

そして里子は、「お願いがあるの」と言って、娘のしのぶをしばらく預かってほしいとお願いした。

しのは、「うん!大歓迎よ!うれしいわ」と即答した。

すると里子はすすり泣きながら、「今、うちに置いときたくないの。うち、いま毎晩大変だから。首切られた人たちが、お酒飲んでしょっちゅう怒鳴り込んできて」と苦しい胸の内を明かした。

しのは黙って里子の肩を撫でた。

 

翌日、しのから里子の願いを聞いた公平は、かわいい孫がまた一人来ると喜びながら里子を見送った。

そして、軒先でニキビ(山本圭)と語らう公平は、新たに孫が来ることを自慢した。

スポンサードリンク

よみがえるあの頃の記憶

その日、いつもより遅く帰ってきた翔。

何をしていたのか公平に聞かれた翔は、鉄兵の言いつけだったドングリの種まきをしていたと答えた。

そして、翔は裏山の休耕地が根来家のものなのか公平に尋ねた。

しかし、公平がどこの土地のことを言っているの分からず悩んでいると、しのが「昔、桑畑があったところですよ」と言って公平を助けた。

かつて桑畑だったことを思い出した公平は、昔、家族総出で桑摘みをしたり蚕を育てていたことを、翔に話した。

そこにしのも加わり当時の話をするが、二人とも「ほらほら」や「アレアレ」が多く、言葉に詰まりながらも、とても楽しそうに話していた。

そんな二人の会話を、翔は笑顔で聞いていた。

〈公平のナレーション〉

あの頃の毎日が、よみがえったよ。

蚕を育て、繭を取って、それを卸していたあの頃の日々。

戦争が始まり、絹より食い物の時代になり、戦後は大量生産の化学繊維に取って代わられて、誰も見向かんようになったわしらの養蚕業。

第179話、終了

スポンサードリンク

感想

里子の出番はしばらく無いかと思っていましたが、意外と早々にやってきました。

早速の出戻りなのかと思いましたが、しのぶを小野ヶ沢に投入するためだけの登場のようです。

来週から、清野名菜さん演じるしのぶが登場ということで、どうやら翔や詩子との色恋沙汰が繰り広げられるようです。

それにしても、「清野さん、何役こなすねん!」ってツッコミが聞こえてきそうですね。

しのぶがしのと話しているとき、昭和の回想シーンで清野さん演じるしのが出てきたら、もうカオスの極みですね。

と言いながら、ちょっと期待してたりして。

スポンサードリンク

視聴者の声

まとめ

やすらぎの刻、第179話。

桃にかぶせる袋を作るため、圭の家の古新聞を貰ってきたしの。

家に戻ると、長女の晴子と次女の里子が来ていた。

晴子は、しのと公平のためにいらなくなった古着を持ってきていた。

大量の古着を何に使うのか尋ねる里子に、しのは縄をなうことや裂き織の材料として使うことを話し、かつて晴子や里子が着ていた服で作った縄を見せた。

その後、仕事の都合で晴子は甲府に戻り、里子は農作業から戻った翔に久しぶりに再会し、その成長ぶりを驚いた。

夜、しのの隣で床に就いた里子は、夫の俊一が炭鉱で人員整理を担当していて、首を切られた人たちからのあたりが厳しいと嘆いた。

そして、しばらく娘のしのぶを預かって欲しいと涙ながらにしのにすがった。

しのは快諾し、里子を慰めた。

翌日、公平はまた孫が一人増えると喜びながら里子を見送った。

その日、生前の鉄兵の言いつけで山にドングリの種まきをした翔が、公平に裏山の休耕地が根来家のものか尋ねた。

その翔の問いかけに、かつて家族総出で桑摘みや養蚕業に汗を流していたころを思い出した公平としのは、「ほらほら」「アレアレ」と言いながら当時のことを思い返し、話を弾ませた。

そんな楽しそうな二人の話を、翔は笑顔で聞いていた。

←第178話 マコの夢

第180話 しのぶがやってきた→

コメント