やすらぎの刻(道)第173話ネタバレ老人たちに活力が!マロが倒れる!

やすらぎの刻 道 第173話 ネタバレ

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年12月5日放送、第173話の内容をご紹介。

高井とスタッフたちの決闘によって、郷の住人たちに活力がみなぎる。

菊村は、八百長試合に協力してくれた原田やスタッフたちに礼を言って回った。

■やすらぎの刻-道-第173話 あらすじ(公式ツイッター)

←第172話 決闘の行方

第174話 スケベじじい→

スポンサードリンク

回春する郷の住人

高井(藤竜也)とスタッフたちの決闘の翌日、彼らの戦いに触発された郷の住人たちは食欲旺盛になり活気に満ち溢れていた。

マヤ(加賀まりこ)とお嬢は、朝からステーキを食らい、岸井さとみ(水野久美)、香川さくら(丘みつ子)、桂木夫人(大空眞弓)、中川玉子(いしだあゆみ)らは、前日の原田(伊吹吾郎)や那須(倉田保昭)たちの戦いや肉体を思い返し乙女のようになっていた。

菊村(石坂浩二)は、原田と那須のもとに菓子折りをもってお礼に回った。

原田たちは、久しぶりに殴り合いができて楽しかったと礼を述べ、笑顔を見せた。

次に菊村は、スタッフの中里正(加藤久雅)と進藤秀夫(山下澄人)のもとを訪れ、彼らの労をねぎらった。

中里らも、久しぶりに楽しい時を過ごせたと感謝の言葉を返すも、高井は八百長試合と気づいていて、余計にプライドを傷つけてしまったのではないかと心配した。

スポンサードリンク

忘れられた男

九重めぐみ(松原智恵子)の病室を訪れる高井。

九重が「どなた?見たような気がするけど・・・思い出さない」と尋ねると、「思い出さなくてもいいですよ。思い出されるほどのもんじゃありません」と返す高井。

すると九重は、「秀さんだ!そういう言い方するの秀さんだ。でも変だなあ・・・。秀さん死んだのよ」とつぶやいた。

その後九重は、目の前の男が誰なのか、かつての名優の名前を挙げて訪ねるが、すべて「違います」と返す高井。

するとそこに看護師が入ってきて、九重に体の具合を尋ねると、九重はその看護師に目の前の男が誰なのか聞いた。

看護師が、「高井秀次さんですよ」と答えると、「高井秀次さん・・・?」と返す九重。

そして看護師が、昨日の試合の感想を高井に求めると、「つまらん試合でした」と返す高井。

そこへ九重への見舞いに菊村がやってくるが、病室に高井がいることに気づき、ドアの前で聞き耳を立てた。

看護師が試合に勝ったと聞いたと高井に言うと、「いや、完敗です」と鼻息荒く返す高井。

その言葉を聞いた九重が、「秀さんだ!高井の秀さんだ!」と歓喜の声を上げるも、すぐに「でも変だなあ・・・秀さん死んだはずなんだけどな・・・」とつぶやいた。

それを聞いた高井は、寂しそうにうつむいた。

それをドア越しに聞いていた菊村は、居たたまれない気持ちになった。

スポンサードリンク

マロが運ばれる

夜、菊村がカサブランカで飲んでいるとマヤがやってきて、マロ(ミッキー・カーチス)が部屋で倒れて病院棟に運ばれたと言ってきた。

マヤは、前日の決闘の馬券が売れたことがうれしくて、酒の飲みすぎだろうと話した。

菊村は、マロが頻繁に倒れるのか尋ねると、よく腹痛を起こすが運ばれたのは初めてだとマヤは返した。

それを聞いた菊村は、いよいよマロが膵臓ガンに侵され始めたのではないかと動揺したが、それをマヤに覚られまいと話題を変えてごまかした。

第173話、終了。

スポンサードリンク

感想

秀さんとスタッフたちの決闘は不毛な戦いかと思いましたが、郷の住人たちに活力を与えたようなので、結果的にやってよかったのかもしれません。

その代わり秀さんはプライドを傷つけられ、おまけに九重めぐみさんには無垢な瞳で忘却され、踏んだり蹴ったりです。

でも、もとを正すと秀さんの「身から出たさび」感がどうしても否めないので、なんだか心から同情できないの私だけでしょうか。

次回からはマロの件も控えているので、秀さんのプライド問題はこのままフェードアウトなんでしょうか。

心労がたたって、なんだか秀さんのほうが先に逝ってしまいそう・・・。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻、第173話。

高井たちとスタッフたちの決闘の翌日、彼らの戦いに触発された郷の住人たちは、食欲が旺盛になり活力がみなぎっていた。

菊村は、八百長試合に尽力した原田と那須、そしてスタッフたちに礼を言って回った。

その時、スタッフの中里と進藤から、高井は八百長試合に気づいていて、更にプライドを傷つけてしまったのではないかと投げかけられ困惑する菊村だった。

傷心の高井は、九重めぐみの病室を訪れるも会話が成り立たず、彼女の中で自分が亡き者になっていることに寂しさを募らせた。

夜、カサブランカで菊村が飲んでいると、そこにマヤがやってきてマロが部屋で倒れて病院棟に運ばれたことを知らされる。

菊村は、ついにマロが膵臓ガンに侵され始めたのではと動揺した。

←第172話 決闘の行方

第174話 スケベじじい→

コメント