やすらぎの刻(道)第165話ネタバレ高井負ける!桂木夫人やっぱり嘘!

やすらぎの刻 道 第165話 やすらぎの刻

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年11月25日放送、第165話の内容をご紹介。

高井は病院棟への入室を阻むスタッフと乱闘になるが、力負けする。

カサブランカにやってきた菊村は、マヤとマロから桂木夫人のモデル出演の話の真相を聞かされ、かつての思い出がよみがえる。

■やすらぎの刻-道-第165話 あらすじ(公式ツイッター)

←第164話 九重、放屁連発

第166話 玉子の土下座→

スポンサードリンク

高井秀次、老いる

強引に病院棟に入ろうとする高井秀次(藤竜也)は、それを阻むスタッフ相手に大立ち回りをするが、結局取り押さえられてしまう。

そして高井はその場を去り、その足でジムに向かいトレーニングを始めた。

悔しさを滲ませながら懸命にトレーニングに励む高井の姿を、菊村(石坂浩二)が陰から見つめていた。

〈菊村のナレーション〉

秀さんは、相当傷ついたみたいだった。

それはそうだろう。

これまで誰にも負けることながなく、天下無双の男の中の男を50年にわたりスクリーンの上で演じてきた高井秀次が、やすらぎの郷の名もなきスタッフに苦もなく敗れるその姿を、しかもひと目にさらしてしまったのだ!

秀さん、わかるよ。

わかるけど、これは致し方ないことなんだ。

あんたも老いたんだよ。

年を取ったんだ。

年を取るってのは、そういうことなんだ。

スポンサードリンク

宗匠の句会

宗匠(蒟蒻亭乙葉/笹野高史)の句会が開かれている。

お題は「初霜」

【詠み人】 老衰

「霜を踏む 土のなき街 東京都」竹の上

【詠み人】 万潮

「初霜や 霜降り肉の なつかしき」梅の下

【詠み人】 詠み人知らず

「霜柱 耐震期限 とうに切れ」梅の中

【詠み人】 シヨウ

「霜やけや ミヨちゃんの指 思い出し」

「霜ぶくれ 隣のミヨちゃん 今は亡く」梅の中

スポンサードリンク

玉子、部屋を追い出される

菊村がカサブランカに行くと、マヤ(加賀まりこ)とマロ(ミッキー・カーチス)が菊村の到着を待ち焦がれていた。

菊村が席に着くなり、マヤは中川玉子(いしだあゆみ)が桂木夫人(大空眞弓)の怒りを買って、部屋を追い出されたことを楽しそうに話した。

菊村が事情を尋ねると、マヤとマロは目を輝かせて説明した。

桂木夫人が以前話していた、7,000万円で和服ブランド敷島衣装のモデルを務める話は桂木夫人の作り話で、実際は高砂一平が玉子に持ち掛けた話だった。

しかもモデルの契約料は7万円ほどで、撮影は園内の公園で行われ、そこに桂木夫人が乗り込んできて、玉子に「この裏切り者!」と言って彼女をひっぱたき、衣装を引っちゃむいた。

その場にいた高砂も、桂木夫人にひっかかれていた。

マヤは、桂木夫人のこれらの行動を認知症による誇大妄想だと言い、高砂が万引き対策の会社を立ち上げるという話も桂木夫人の創作だったと説明した。

そしてマロは、再びボケ菌がやすらぎの郷に蔓延していると力説した。

するとカサブランカの店の電話が鳴り、ホッピー(草刈麻有)が電話に出た。

電話の相手がお嬢(浅丘ルリ子)だと分かると、ホッピーはカウンターに身を隠し話を聞いた。

お嬢は、今店内に誰がいるのか尋ね、菊村たちがいることを知ると、「そんなにいるの・・・じゃあいけないわねぇ」と嘆いて、竹芝柳介が何か必要としているものがあったら知らせてほしいと言って電話を切った。

〈菊村のナレーション〉

ボケ菌。

本当にそういう伝染病が、世の中にはあるのかもしれないと私はぼんやり考えていた。

九重めぐみさん、桂木夫人、人生の終焉に近づいてきた役目を果たし終えた人間の脳に、『お疲れ様』と言う代わりにそういうボケ菌が近づくのかもしれない。

ある種の好意で、慰労を兼ねて。

思えば律子も最後はそうだった。

 

菊村は、律子の末期の時を思い返した。

ベッドで横になっている律子が、「あなたどちら様?」と菊村に声を掛けた。

「俺だよ」と返す菊村に、「フフフ、初めて見る方。趣味よ、私。若い頃知り合ってたら、もしかしたら私・・・恋をしてたかも」と言ってほほ笑む律子。

第165話、終了。

スポンサードリンク

感想

自分よりも若い男2人に戦いを挑んだ高井の秀さんでしたが、当然やられましたね。

でもその後、ジーンズのままベンチプレスやってるところはやっぱり漢ですね。

そして桂木夫人のモデルの話は、案の定ほとんどが妄想でした。

まあこれを機に玉子さんは、桂木夫人と決別してしまったらいいんじゃないですかね。

それから相変わらずお嬢はスキあらば孫に会おうとしていて、まるでストーカーのようです。

行動すべてが自分の欲求を満たすためとしか思えないですね。

で、マロは相変わらずボケ菌を押してくるあたり、本人もボケ菌に侵されてるっぽい!

そして最後の菊村先生の律子との記憶は、ただただ切ないです。

♪いっそボケてしまえば楽なのにねぇ~

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻、第165話。

病院棟へ入ろうとする高井は、それを阻むスタッフとの間で乱闘になるが取り押さえられてしまう。

プライドを傷つけられた高井は、そのままジムへ向かいトレーニングを始めた。

その姿を陰から見ていた菊村は、老いに抗う高井を心の中で慰めた。

菊村は、マヤとマロから桂木夫人のモデルの話がほぼ夫人の創作で、本当は玉子に高砂がモデルの話を持ち掛けていたことを知る。

そして、そのことに激高した桂木夫人が玉子を部屋から追い出したことを聞かされ驚く。

マロが、再びボケ菌がやすらぎの郷に蔓延していると言うと、菊村はかつて認知症を患い亡くなった妻律子のことを思い出した。

←第164話 九重、放屁連発

第166話 玉子の土下座→

コメント