やすらぎの刻(道)第156話ネタバレ翔初めての給料!鉄兵が現れる!

やすらぎの刻 道 第156話 やすらぎの刻

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年11月12日放送、第156話の内容をご紹介。

翔は心を入れ替え真面目に農作業に励み、初めて給料をもらう。

そんなある日、根来家本家に荷物を置きに行ったしのたちは、思いがけない人物と再会する。

■やすらぎの刻-道-第156話 あらすじ(公式ツイッター)

←第155話 翔が就農

第157話 鉄兵多くを語らず→

スポンサードリンク

謎のじじい現る

一度は挫折したものの、心を入れ替え再び農作業に取り組む翔(菅谷哲也)。

〈公平のナレーション〉

翔はあれから人が変わったように、毎日真面目に働きだした。

何があいつを変えたのかは分からん。

しかしともかく翔は変わった。

だがわしもしのも、その変わりようを褒めもいたわりもせんでじっと見とった。

またいつ飽きるか分からなかったし、そのくらいの立ち直りで褒めることもできなかった。

 

山で、根来圭(山村憲之介)、根来克夫(戸塚祥太)、根来文彦(吉田 翔)、翔が木を切っている。

そこに見知らぬ老人が姿を現し、圭たちの作業を見ていた。

老人は、切り倒された木に腰掛け、どんぐりの実を植えた。

圭が声をかけると、「おめえはどこのもんだ?」と聞いてくる老人。

「根来のもんじゃ」と圭が返すと、「公平のせがれか?」と聞き返す老人。

圭が「そうです。じいさんは?」と返すと、老人は「木切ったらのう、必ず種をまいとけ」と言って去っていった。

スポンサードリンク

翔初めての給料

その日の夕方、翔は給料袋と書かれた封筒を公平に見せ、「圭おじさんにもらいました」と言って、ひと月の給金が8万円だと報告した。

公平は、「ふーん、よかったな!」と言って労をねぎらった。

それから翔は、昼間山で遭遇した老人のことを2人に話した。

そして、その老人が公平のことを知っていたことを話すと、「誰じゃろう。フッ」と言い、全く検討のつかない公平だった。

 

夜、翔が実母への手紙を書いている。

〈翔の語り〉

母さん、ご無沙汰しています。

お元気ですか?

僕は今、東京の家を出て、山梨のおばあちゃんのところにいます。

圭おじちゃんの畑で働かせてもらってます。

一度は辛くて挫けそうになったけど、今は何とか立ち直って、毎日土と格闘しています。

東京のマンションで引きこもっていたあの頃が、考えるとバカみたいです。

今日、初めてひと月分の働いたお金をもらいました。

8万円入ってました。

母さんはこの額を、それぽっちと驚くでしょう。

僕は東京で、あっちのお母さんから毎月10万円の小遣いを貰っていたんですから。

だけど母さん、僕はその金額に感動したんです。

変な言い方だけど、感動したんです。

もっともな額だと僕は思いました。

ここらの農家の労賃は、朝から晩まで地べたはいつくばって、1日4千円から多くて5千円が普通だそうです。

ちゃんと仕事ができる一人前の若者の労賃がです。

僕は多すぎると思いました。

今か書いているこの手紙の紙は、新聞に入っていたチラシの裏です。

おばあちゃんのやり方に学びました。

おじいちゃんもおばあちゃんも手紙を書くのは、いつもチラシの裏です。

封筒は、古いカレンダーを切って、折って、ノリをつけて自分で作っています。

トイレの紙は、古新聞です。

最初はびっくりしましたし、硬くてゴワゴワして使いにくかったけど、今はすっかり馴れました。

お店でどんどん新しいものを買い、どんどん使い捨てる東京の暮らしが、僕には今だんだん不思議に思えてきています。

僕は少しずつ・・・

手紙を書いている途中で、眠りにつく翔。

スポンサードリンク

鉄兵現る

圭の妻文子(秋元才加))、息子の圭司(渡辺甚平)、娘の結(小川紗良)が公平の家の中から荷物を庭に運び出している。

そこにしのが「あら何やってんの?」と言ってやってくると、文子がこの家の古くていらないものを運び出して焼却すると答えた。

それを聞いたしのは、戦時中物々交換で貰った着物類をリアカーに載せるよう翔に言った。

そしてその着物を翔と一緒に、物置となっている根来家本家に運ぶことにした。

道中、ニキビ(山本圭)に遭遇し、一緒に向かった。

本家に着き、運んで来た着物を運んでいると、山の方からの物音に気づきそこへ向かう一行。

そこには、以前翔が作業中に出会った老人がいた。

しのが「どなた?」と声を掛ける。

老人はしばらくの沈黙の後、「しのか」とつぶやいた。

しばらく眉をひそめるしのだったが、しばらくしてニキビと翔に公平を呼んでくるよう言った。

しのは、老人に歩み寄り目に涙を溜めて「鉄兵兄さん・・・?」と声を掛けた。

鉄兵は、「ここらの景色は昔と変わらんのう」と返した。

しのの脳裏に、昔炭焼小屋で鉄兵、公平、三平と共に語りあったときの風景がよみがえる。

 

畑仕事をしている公平のもとに、ニキビと翔が駆けつける。

ニキビが「幽霊じゃ!鉄兵兄さんの・・・幽霊が出た!」と公平に言うが、何のことか分からず「えっ?」と返す公平。

第156話終了。

スポンサードリンク

感想

翔の小遣いが10万円だったのには驚きでした。

小遣いもバブルだったんですね。うらやましー

そしてそのお小遣いよりも、初給料のほうが少ないのも衝撃ですが、翔は生活費をきちんと公平たちに入れているのかも気になりますね。

そしてとうとう、鉄兵兄者の登場です。

空白の数十年が明らかになるのかとても楽しみです。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻、第156話。

心を入れ替え、毎日真面目に農作業に励む翔。

そんな翔を公平としのは、何も言わずただ黙って見守り続けた。

ある日圭たちが山で木を切っていると、謎の老人が姿を現すが、多くを語らず去っていった。

その日翔は、人生初の給料を貰い公平たちに報告した。

公平としのはそんな翔をねぎらう。

ある日、文子と圭司と結が公平の家の中から、不用品を運び出し処分しようとしていた。

運び出される不用品の中に、戦時中物々交換で貰った古い着物が含まれていることを知ったしのは、翔と一緒にその着物を物置状態の根来家本家に運んだ。

そこでしのたちは、数十年ぶりに鉄兵と再開する。

←第155話 翔が就農

第157話 鉄兵多くを語らず→

コメント