やすらぎの刻(道)第155話ネタバレ翔、就農するもバックレる!

やすらぎの刻 道 第155話 やすらぎの刻

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年11月11日放送、第155話の内容をご紹介。

東京から突然、翔が小野ヶ沢にやって来る。

東京の暮らしは嫌だと言い、土いじりをしたいという翔に、公平は圭の畑仕事を手伝わせることにする。

■やすらぎの刻-道-第155話 あらすじ(公式ツイッター)

←第154話 翔がやってくる

第156話 謎の老人→

スポンサードリンク

翔、土いじりを始める

公平(橋爪功)としの(風吹ジュン)の孫の翔(菅谷哲也)が、突然東京から小野ヶ沢にやって来た。

しのは、翔が小野ヶ沢にやって来たことを、父親である竜(駿河太郎)と妻のユカ(桜乃彩音)に電話で伝えた。

公平が大学受験や将来のことを尋ねると、大学へは行かない、そして東京の暮らしや、父親の竜みたいになるのは嫌だと答える翔。

そして、「僕、人間とうまく付き合えないから、土と付き合って生きていきたいんです」と土いじりをやってみたいと言ってきた。

それを聞いた公平は、四男圭(山村憲之介)のところで働くよう勧めた。

翌日から翔は、圭の息子たちと共に農作業の手伝いを始めた。

 

圭や、いとこの克夫(戸塚祥太)に注意されながらも一日の作業を終え、公平たちの元へ帰ってきた翔。

公平たちと晩飯を食べる翔だったが、途中で席を立つとしのが、「もう食べないの?翔、ごちそうさまは?」と言い、公平は「自分で食った食器は自分で洗いなさい」と言ってきた。

翔は、「ごちそうさま」とつぶやき、自分の食器を片付けた。

 

翌日も農作業に汗を流す翔。

途中、腰痛に堪えきれず腰を伸ばしていると、「サボってないで働く!」と言って、圭の嫁、文子(秋元才加)が後ろから蹴りを入れてきた。

〈公平のナレーション〉

何日持つかと黙って見ていたが、最初の5日はとにかく持った。

翔は日焼けし、どんどんたくましくなっていった。

東京で散々甘やかされて、体を使ったことのない翔は、慣れない仕事に相当参ったようだが、わしらはわざと放っとくことにした。

土と格闘する百姓の仕事が半端なものでない事を、奴の体に叩き込みたかったからだ。

スポンサードリンク

鬼嫁をディスる

夜、公平はニキビ(山本圭)、ハゲ(ミッキー・カーチス)と集まり、酒を飲みながら嫁の悪口を言い合うことが楽しみになっていた。

爺たちの訴え

  • 匂いが移ると言われ、孫と一緒に風呂に入れさせてもらえない。
  • 風呂の順番が、ケツから2番めだ。
  • 飯がコンビニの惣菜だ。
  • 農家なのに、出される米がレトルトだ。
スポンサードリンク

翔、無断欠勤

ある日の夜、公平としのがお茶を飲んでいると圭が訪ねてくる。

圭は、3日ほど翔が手伝いに来ていないと言ってきた。

しのは、毎朝翔が家を出て行っていることを告げると、圭は3日前のことを話した。

それは、翔の草むしりがいい加減だったため、文子が説教したらふてくされてしまい、それから畑に来なくなったというものだった。

圭が、使い物にならないと嘆くと、しのは翔が東京で引きこもりだったことや、両親が離婚したことなど身の上を話し、もう少し翔の面倒を見てくれるようお願いした。

圭はため息をつくも、「うちの息子同様、ビシビシやるけど構わないな?」と言って、引き続き翔の面倒を見ることにした。

 

「翔ちゃん、起きてる?」と言って、翔の部屋に入るしの。

布団の上で膝を抱えている翔。

しのは、翔が畑に行っていなかったことを優しく咎めた。

そして、また部屋に引きこもるのかと翔の背中に問いかけた。

すすり泣く翔。

「おばあちゃん、俺・・・ごめんなさい。自分で自分が情けないよ・・・明日から・・・また働きに出るよ」と声を絞りだす翔。

そんな翔の肩にそっと手を添えるしの。

 

翌日、汗を拭いながら畑の草むしりに精を出す翔の姿があった。

第155話終了。

スポンサードリンク

感想

百姓になりたいという翔ですが、やはり一度は逃げ出してしまいましたね。

2度目は途中で投げ出さずに頑張ってほしい。

そして、公平、ニキビ、ハゲの嫁ディスりがなんか情けない。

でも、農家なのに米がレトルトなのは確かに残念だ。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻、第155話。

公平としのの孫、翔が突然小野ヶ沢にやってくる。

人間と上手く付き合えないので、土と付き合って生きて行きたいと言う翔に、公平は四男の圭の畑仕事を手伝うよう言った。

夜な夜な、ニキビ、ハゲと集まり酒を飲みながら、嫁の悪口に花を咲かせることが細やかな楽しみとなっている公平だった。

ある夜、公平としのの元を圭が尋ねてきて、3日ほど翔が畑に来ていないことを告げた。

しのと公平は、翔が毎朝家を出てたので、よもや無断欠勤しているとは思わず肩を落とした。

しのは、部屋に佇む翔に無断欠勤していたことを優しく責めた。

すると翔は、すすり泣きながら自分が情けないと嘆き、翌日からまた畑に行くことをしのに約束した。

←第154話 翔がやってくる

第156話 謎の老人→

コメント