やすらぎの刻(道)第149話ネタバレ平成編スタート!公平としの東京に疲れる!

やすらぎの刻 道 第149話 やすらぎの刻

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年11月1日放送、第149話の内容をご紹介。

平成編がスタート。

平成元年、公平65歳、しのは66歳になっていた。

東京の息子たちに誘われて、初めて東京観光に来た公平としのだったが、都会の喧騒に疲れてしまっていた。

■やすらぎの刻-道-第149話 あらすじ(公式ツイッター)

←第148話 昭和総集編

第150話 孫が全然しゃべらない→

スポンサードリンク

やすらぎの刻-道、平成編

妄想の映画撮影で、荒海に身を投じた九重めぐみ(松原智恵子)の様子を電話で確認し、大事に至っていないことに安堵する菊村(石坂浩二)。

 

〈菊村のナレーション〉

認知症で前後が分からなくなっているとはいえ、大昔の作品のラストシーンに一心不乱に立ち向かった九重めぐみさん。

普段おとなしいあの人が見せた、自分の仕事へのすさまじい執念に、私は本当に圧倒されていた。

あれはあの時代の活動屋の姿だった。

世間の人が笑うかもしれないたわいのない夢に命を懸け、人を楽しませるため、感動させるために、全力を注いでものを作った時代。

テレビだって最初はそうだったのだ。

それを今のようなテレビにしてしまったのは、誰の責任でもない、私自身を含む今のテレビ人の責任だ。

自分たちが変わらねば、テレビは変わらないのだ。

ヤンチャに、あの頃のボルテージを持って、時代と人間を描いていかねば!

 

やすらぎの郷の面々が、戦後から昭和までのファッションに身を包み、当時のヒット曲が流れる中ファッションショー形式で時代を振り返る。

最後に、平成編のしの(菊村律子/風吹ジュン)と公平(ロク/橋爪功)が登場し、平成編に突入。

スポンサードリンク

公平としの、東京に疲れる

1989年平成元年、春の東京、よみうりランド。

65歳になった公平と66歳のしのが、観覧車を見上げている。

二人の傍らには、次男の竜(駿河太郎)夫婦と2人の子供、三男の健(青柳信孝)夫妻がいた。

公平としのは子どもたちの招待で、初めて東京に来ていた。

観覧車やジェットコースターに乗り、遊園地を満喫する一同。

 

都内の竜のタワーマンションに戻ってきた公平たち。

部屋に入るなりぐったりする公平としの。

 

夕飯の時間になったが、公平としのは疲れたため先に寝ることにした。

竜たちは、2人抜きで夕飯を始める。

竜は、公平としのが東京観光を喜んでくれていると満足げに話し、翌日の予定を確認していた。

客間で浴衣に着替え床に就こうとしている公平が、「疲れたなぁ」としのに言うと、「疲れますねぇ。でもあの子たち私たちに精いっぱいサービスしてるつもりなんですよ」と返すしの。

「まあな」と言う公平に、「もうちょっと嬉しそうな顔をしてあげなくちゃ」としのが言うと、「お前こそじゃ」と公平も返した。

それから公平としのは、東京は疲れる、住むところじゃないと嘆き、子供たちに時間と金を使わせるのは悪いと言って、今から逃げようと言い出す。

しかし、マンションからの出る方法が分からないと言ってあきらめた。

そしてふいに部屋のテレビを点けると、昭和天皇の大喪の礼の様子が映し出され、公平としのは正座してテレビに向かって合掌した。

 

〈菊村のナレーション〉

大喪の礼がテレビから流れ、時代は昭和から平成へと変わった。

第149話終了。

スポンサードリンク

感想

やすらぎの刻 感想

戦後から昭和の終わりまでを、カオスなファッションショーで一気に消化してしまう強引な手法。

半年もこのドラマを見続けていれば、こんな演出もすんなりと受け入れられます。

そしてついに始まった平成編。

田舎から出てきた年老いた両親が、都会の喧騒に疲れる。

そして親孝行してやってる感の子どもたち。

こんな手垢のついた演出が、平成のドラマあるあるで逆にナウい。

次回は、無口でゲームに夢中な孫が出てくること間違いなし。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻 まとめ

やすらぎの刻、第149話。

九重めぐみの女優魂に触発された菊村は、再び筆を執り「道」の平成編が始まった。

65歳の公平と66歳のしのは、次男竜と三男健の計らいで初めて東京に観光に来ていた。

都内の竜のマンションに招かれた公平としのは、東京の喧騒と観光に疲れ、子どもたちの思いとは裏腹にすでに田舎に帰りたくなっていた。

不意に点けたテレビから、昭和天皇の大喪の礼が流れ、2人はテレビに向かって手を合わせていた。

←第148話 昭和総集編

第150話 孫が全然しゃべらない→

コメント