やすらぎの刻(道)第143話ネタバレ名倉夫妻の逆襲!ガサ入れでマロに復讐!

やすらぎの刻 道 第143話 やすらぎの刻

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年10月24日放送、第143話の内容をご紹介。

入居者たちの間でバクチが流行っていることがスタッフの間でも話題になり、竹芝柳介もお嬢が賭場に通っていることを知る。

そして、名倉理事長たちは、マロを懲らしめるためある罠を仕掛けたのだった。

■やすらぎの刻-道-第143話 あらすじ(公式ツイッター)

←第142話 マロ論

第144話 しのぶからのメール→

スポンサードリンク

ガサ入れ情報リーク

従業員室で、保安部主任の中里正(加藤久雅)、食堂主任の橋本忠吉(納谷真大)、介護主任の野村伊三郎(芳野史明)、施設主任の進藤秀夫(山下澄人)、総務の宮下一馬(平野勇樹)が、郷内で流行っている老人たちの博打騒動について話していた。

ニセ札が10億円以上製造されていることや、名倉理事長(名高達男)がマロ(ミッキー・カーチス)に言いくるめられたこと、警察署長が来園したことに驚く一同だった。

お嬢(浅丘ルリ子)の孫、竹芝柳介(関口まなと)は、宿舎で他の従業員がお嬢も博打に参加していることや、近く警察のガサ入れがあると話しているのを耳にした。

スポンサードリンク

高井のニセ札講義

高井秀次(藤竜也)が、テーブルの上に本物の1万円札と名倉紙幣を並べて、九重めぐみ(松原智恵子)に違いを教えていた。

そして改めて名倉紙幣を見せて、「これは本物ですか?偽物ですか?」と尋ねると、「本物」と答える九重。

高井はため息をつくも、改めて2枚の紙幣を並べて、どこが違うか尋ねた。

「人の顔が違うわ」と答える九重に、「それじゃあどっちが本物ですか?」と尋ねると、名倉紙幣を指差す九重。

高井はガッカリしながらも「なぜですか?」と尋ねた。

九重は、「(名倉紙幣を指差し)こっちは本物の名倉理事長。(福沢諭吉を指差し)こっちの人は会ったことがないわ。秀さんこっちの人ご存知?」と返した。

高井は戸惑いながらも、「いや私も直接は会ったことないです」と言って肩を落とした。

スポンサードリンク

運び屋ホッピー

夜、屋外の掃き掃除をしている柳介。

そこに仕事上がりのホッピー(草刈麻有)が通りかかる。

柳介はホッピーを呼び止め、「お願いします」と言って、小さく折り畳んだ手紙を手渡した。

ホッピーは、「分かった」といって受け取ると、お嬢のコテージに走った。

そして玄関のドアの隙間から手紙を入れて、ドアをノックし去っていった。

お嬢は返事をしてドアを開けるが、そこには誰もおらず戸惑うが、足元の手紙に気づき拾って部屋に戻った。

手紙を広げると、そこには柳介の字で「おばあちゃん!いつもありがとう。もうじきバクチ場の手入れがあります。絶対に出入りしないように!!柳」と書かれていた。

スポンサードリンク

賭場にガサ入れ

理事長室で菊村(石坂浩二)が、理事長夫妻と有坂エリ(板谷由夏)から、近く賭場にガサ入れがあることを知らされる。

老人たちのお遊びにガサ入れと聞き驚く菊村に、みどり(草刈民代)は、このガサ入れはマロの悪ふざけに自分たちもジョークで対抗するための偽のガサ入れだと説明した。

溝口署長(布施博)の謀らいで、警察OBが偽のガサ入れに協力することになっていた。

有坂が、今夜賭場にいた者は全員調書を取られ、主犯格のマロとロク(橋爪功)はどこかに連行されると嬉しそうに語った。

それを聞いた菊村が、「ちょっと刺激が強すぎるじゃないでしょうか?例えば、精神が不安定なめぐみさんなんかにはショックが大きすぎる気がしますし・・・」と不安を口にすると、有坂が気になる人がいれば、その者たちにはガサ入れを話してもいいと告げた。

ただし、マロやロク、桂木夫人(大空眞弓)などの主要メンバーには絶対に情報を漏らさないよう、みどりが釘を刺した。

そして、今夜賭場に行くのか問われた菊村が、「え?いや、ぼ・・・僕は行きません」と返すと、「逃げるんですね」「意外とずるいんですね」とみどりと有坂が菊村をいびった。

「いやいや、それはだって・・・私はとても・・・」と焦る菊村に名倉理事は「これまで散々彼らに迷惑を被ってきた我々としては、たまにはそういう復讐戦をして、溜飲を下げるのもいいのではないかと。まあ今夜は楽しい夜になりそうです。ハッハッハッハッ」と言って笑顔を見せた。

 

菊村が九重のコテージの外で高井にガサ入れの件を話し、賭場に行かないように促した。

そこに、賭場に行く気満々の九重がやってくる。

高井は「今夜はですねぇ、なんか変な虫の知らせが。今夜だけはやめましょう」と言って無理やり九重を部屋に連れ戻した。

〈菊村のナレーション〉

かくて何も知らない老人たちは、秀さん、めぐみさん、私・・・それにどういうわけか、頭が痛いと一人欠席したお嬢を除いて、残りの全員が罠にかかった。

 

賭場で老人たちが丁半賭博に興じている。

思いきりスッた桂木夫人が、マロに2,000万円を無心すると、ロクから「持ってけ!」と言われ2,000万円を受け取る桂木夫人。

するとそこに数人の男たちがなだれ込んできて、「そのまま!動かない!」と声を上げた。

その場にいた老人たちは、皆両手をあげて固まった。

マロも固まり引きつった表情を見せたところで、第143話終了。

スポンサードリンク

感想

やすらぎの刻 感想

冒頭のスタッフたちの会話が妙にリアルで、役者じゃなくて本当に前科もんが世間話しているように見えました。

彼らの中の眠っている何かが、老人たちに触発されて目覚めないことを願います。

秀さんのニセ札見分け方講座は切なすぎました。

ほんとに辛抱強い男です秀さんは。

そして、とうとうガサ入れが決行されてしまいました。

どんな形でネタバラシになるのか楽しみです。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻 まとめ

やすらぎの刻、第143話。

入居者たちの間でバクチが流行っていることが、スタッフたちにも知れ渡り話題となっていた。

お嬢の孫、竹芝柳介はスタッフたちの会話から、お嬢も賭場に通っていることや、ガサ入れが入ること知る。

一方、高井はバクチにハマり本物のお札とニセ札の区別がつかなくなってしまった九重めぐみに、それらの違いを教えるが理解してもらえず頭を悩ませていた。

仕事上がりにホッピーが、柳介からお嬢への手紙を託されそれを届けた。

手紙には、賭場にガサ入れが入るので出入りしないように、との柳介からの忠告が書かれてあった。

理事長夫妻から偽のガサ入れ情報を知らされた菊村は、九重が賭場に行かないように高井にだけはそのことを知らせた。

そしてとうとう、丁半賭博で盛り上がるマロの部屋に、警察OBによる偽のガサ入れが入った。

←第142話 マロ論

第144話 しのぶからのメール→

コメント