やすらぎの刻(道)第142話ネタバレマロ、理事長を論破!名倉紙幣ってなんだ?

やすらぎの刻 道 第142話 やすらぎの刻

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年10月23日放送、第142話の内容をご紹介。

ニセ札の出どころを理事長夫妻から問われ、菊村はマロの名前を出してしまう。

理事長夫妻に呼び出されたマロだったが、持論を持ち出し夫妻を説き伏せてしまう。

そんな中、高井が菊村の元を訪れある悩みを打ち明ける。

■やすらぎの刻-道-第142話 あらすじ(公式ツイッター)

←第141話 博打でハッスル

第143話 ガサ入れ→

スポンサードリンク

ニセ札の犯人がマロだとバレる

理事長室で、理事長夫妻からニセ1万円札について聴取を受ける菊村(石坂浩二)。

お札の出どころの追求に言葉を濁す菊村だったが、2人からニセ札がスーパーやコンビニで使用されたことや、都市部へ出回ってしまったら取り消しがつかないと言われ、製作者のことは伏せて、「発注者は・・・発案者は・・・マロです」」とゲロった。

すると理事長夫妻は声を揃えて、「やっぱり」と叫んだ。

 

理事長室に呼び出されたマロ(ミッキー・カーチス)は、ニセ札を作った理由を問われ、「老人の娯楽!」と言って、精巧な作りのニセ札を得意げに語り、反省の色が全くなかった。

名倉理事長(名高達男)がニセ札を何に使うのか問うと、言葉を濁すマロだったが、隣の菊村が「あっ、博打ですよ」とあっさりとしゃべった。

「賭け事ですか?」と驚く名倉夫妻。

マロは、「先生、もう口が軽いんだから。スッと言っちゃわないでよそういう事を」と菊村に愚痴った。

名倉理事長が、「賭け事は法律で禁じられてますよ」と注意すると、マロは賭け事は人間の本能だの、じゃんけんも賭け事だの、カジノ法案だのとゴタクを並べて名倉理事長を言いくるめた。

〈菊村のナレーション〉

このマロの名演説は延々と続いて・・・しかしどういうわけか、この日の議論はマロの圧勝に終わり、名倉紙幣を外部に絶対に持ち出さないという誓約書を一人一人から取るということで、名倉紙幣の配布は黙認された。

 

名倉夫妻は、有坂(板谷由夏)から賭場に出入りしている者のリストを受け取り、それが約100名に及ぶことを知る。

みどりが、九重めぐみ(松原智恵子)もリストに名前があったことに驚くと、有坂は博打が九重の認知症の治療になっていると告げた。

そして、名倉紙幣が10億円分制作されていることを知らされた名倉理事長は、「め・・めまいと、吐き気がしてきた!」と言って倒れ込んでしまった。

 

夜、マロの部屋では相変わらず丁半賭博が行われ、大盛況だった。

スポンサードリンク

九重めぐみの失態

それから3日後、高井秀次(藤竜也)が菊村の元を訪れ、九重が博打にのめり込みすぎて困っていると言ってきた。

そして、名倉紙幣と本物の紙幣の区別がつかなくなり、外で2、3度使用してしまったと告げた。

しかも賭場では本物の札を出そうとして、それを高井が慌てて名倉紙幣にすり替えているとのことだった。

賭場に連れていった当初は、はしゃいでいた九重だったが、次第にのめり込み、遊びだということに気付かなくなりお金の心配をしだす彼女の姿に、賭場に連れていったのは失敗だったと後悔し嘆く高井だった。

「先生なんとかしてください」と懇願され、眉をへの字にする菊村。

 

庭を歩いている菊村。

〈菊村のナレーション〉

なんとかしろったって、私も困った。

何かが起こるとは私も思っていた。

しかし、私自身どっかでこのゲームにのめり込んでいたのだから、責任がないとも言えなかった。

 

台車でダンボール箱を運ぶ、元小道具職人の庄太郎(鶴田忍)が菊村の前を通り過ぎた。

菊村が、「どこ行くの?」と呼び止めると、「マロさんとこに製品納めに。今回のブツは3億円ばかし。ヒッヒッヒッヒッヒ・・・」と笑いながら去っていく庄太郎。

スポンサードリンク

警察署署長に相談

やすらぎの郷に1台のパトカーがやって来た。

名倉夫妻から相談を受けた警察署署長の溝口(布施博)が、理事長室で名倉夫妻とニセ1万円札について話していた。

溝口署長は、名倉紙幣の表面はおもちゃとも言えるが、裏面は完全にニセ札だと指摘した。

お札はコピー機で印刷できないことを溝口署長が言うと、名倉理事長が小道具職人が精巧に再現したものをコピー機で印刷したことを説明した。

その精巧な作りに感心する溝口署長。

名倉理事長は、このニセ札を使って園内で博打が行われていること告げ、やめるよう言ったが、「実際にお金のやり取りもしていない老人の楽しみをそこまで奪うのか」などと言いくるめられたことを伝えた。

「これはやっぱりまずいですよね?」と聞かれた溝口所長は、腕を組みただ「う~ん・・」と首をかしげるだけだった。

第142話、終了。

スポンサードリンク

感想

やすらぎの刻 感想

菊村先生が、主犯がマロだとゲロったときの名倉夫妻の「やっぱり」が最高でしたね。

確証がないから自分たちからは名前を出さなかったけれど、始めからずっとマロを疑っていたことが分かります。

もうそろそろやすらぎの郷を追い出してもいいのでは・・・。

そしてニセ札に、「名倉紙幣」という名称が付けられていたのも面白かったです。

後世でお札の肖像画に使われるような人物になるのは偉大なことですが、現役のときにこんな形でお札に使われるのは切なすぎます。

次回は、名倉理事長の逆襲が観られそうなのでとっても楽しみです。

それよりも菊村先生、シナリオ書きはどうなった?

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻 まとめ

やすらぎの刻、第142話。

ニセ札の出どころを名倉夫妻から追求され、マロであることを吐いた菊村。

呼び出しを受けたマロは、名倉夫妻に責められるも持論を力説し2人を言いくるめてしまう。

菊村の元を訪れた高井は、九重めぐみが博打にハマり、ニセ札と本物の紙幣の区別がつかなくなり、園の外でニセ札を使ってしまったことを相談した。

「なんとかして」と高井に懇願される菊村だったが、どうすればいいのか分からなかった。

渋々、園内での博打ごっこを認めた名倉夫妻だったが、やはり不安になり溝口署長に相談。

名倉理事長から、ニセ札を使った賭博が犯罪になるのか問われた溝口署長だったが、老人の生きがいが絡むだけに、どう判断すべきか頭を悩ませた。

←第141話 博打でハッスル

第143話 ガサ入れ→

コメント