やすらぎの刻(道)第141話ネタバレ博打で老人に活力を!

やすらぎの刻 道 第141話 やすらぎの刻

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年10月21日放送、第141話の内容をご紹介。

理事長夫妻から、ニセ1万円札を誰から借りたのか問い詰められるお嬢。

しかし全く思い出せないお嬢は、自分がボケたのではと嘆く。

一方マロが始めた賭場は盛況となり、入居者たちの活力となっていた。

それを心配する菊村だったが、自信も博打にのめり込んでいった。

■やすらぎの刻-道-第141話 あらすじ(公式ツイッター)

←第140話 ニセ札!

第142話 マロ論→

スポンサードリンク

理事長、お嬢を泣かす

理事長室でニセ1万円札を誰から借りたのか、名倉夫妻に問い詰められるお嬢(浅丘ルリ子)。

しかしお嬢はどうしても思い出せず、自分がボケてきたのではと言い出し、最近郷でボケ菌が流行っているのを知っているかと名倉理事長(名高達男)に尋ねた。

すると名倉理事長は、「ボケ菌なんてもんは存在しません!!」と怒鳴った。

するとお嬢は、「悲しいわ・・・。物忘れすることが犯罪みたい・・・。あたし長生きするじゃなかった」と言って泣き出した。

するとみどり(草刈民代)がお嬢をなだめ、「もう今日はやめにしましょうね」と言い、同席していた保安部主任の中里(加藤久雅)に、お嬢を部屋まで送るよう指示した。

しかしお嬢は、「結構です。あたし一人で帰れます。そんなみんなで老人扱いしないでください」と言って理事長室を出ていった。

みどりは名倉理事長に詰め寄り、「もう!まずいわよ!」と言ってお嬢を怒鳴ったことを叱責した。

シュンとなっている名倉理事長に中里が、「あの・・・ボケ菌っていうのは、本当に存在するんですか?」と尋ねると、名倉理事長は「存在しません!ボケ菌患者が、君、どういう頭でこんな馬鹿なもん作るんです!!」と怒鳴り散らした。

スポンサードリンク

賭博で活力を

カサブランカで、菊村(石坂浩二)、マヤ(加賀まりこ)、お嬢が飲んでいる。

お嬢は、孫の柳介がタダ働きで可愛そうだからお小遣いをあげようとしたが、その時持ち合わせが無く、近くにいた誰かからお金を借りたが、それが誰だったか思い出せないと嘆いた。

その話を聞いたマヤが、柳介が郷で働いていることを知り、それを秘密にしていた菊村を責めた。

激昂するマヤを菊村はなだめて話を本題に戻し、ニセ札の出どころを探ろうとした。

 

マロ(ミッキー・カーチス)の部屋に、昔の仕事仲間によって作られたニセ札10億円分が運び込まれた。

ニセ札を手にしたマロは、その出来に満足する。

 

それから郷の入居者たちの間で丁半賭博が大盛況となり、みな足しげくマロの部屋に通うようになった。

だんだん賑やかになっていく賭場に、菊村は一抹の不安を覚えるようになった。

 

サロンで新聞を読んでいるロク(橋爪功)に、菊村が「なあ、このまま放っておいていいのかねえ?」と不安を口にすると、ロクはあれは単なる遊びだと返した。

そして、皆が博打で活力を取り戻して生き生きしてきたと言い、そういう菊村も喜んで大金を賭けていたことを指摘した。

そして、「これからの余生、元気に明るく生きていこう!」と言って菊村の肩を叩き励ました。

〈菊村のナレーション〉

たかが手作りのおもちゃのお札で、これだけ老人が興奮するんだから、罪のないこういうお遊びにもそれはそれで、世のため人のためになっているんじゃないかと、私は思い直した。

その晩はなぜかツキまくり、1,200万ほど稼いでしまったことにすっかり満ち足りて熟睡した。

その翌朝のこと・・・

スポンサードリンク

ついに警察が動く

翌朝、1台の車が郷の通用口にやって来た。

理事長室に駆けつけた名倉理事長を、みどりと有坂(板谷由夏)と2人の刑事が待っていた。

刑事の一人が、昨日町のスーパーとコンビニからニセ札被害があったことを告げた。

そして、名倉理事長の肖像画が描かれた、例のニセ1万円札をテーブルの上で見せた。

驚く名倉理事長ら3人。

刑事は、「まあ、たわいのないいたずらの部類だと思いますが、一応詐欺行為には該当しますし、ここに理事長の顔がはっきり印刷されているところからみると、出どころはこちらのどなたかではないかと思われます。ちょっといろいろお伺いしたいので、お時間よろしいでしょうか?」と言った。

「あっはい」と答えるみどりに、「あの・・・お心当たりございますか?」と尋ねる刑事。

3人が動揺したところで、第141話終了。

スポンサードリンク

感想

やすらぎの刻 感想

ボケ菌の話をマロに続き、お嬢からもされて怒り心頭の名倉理事長でしたが、まさか中里主任まで聞いてくるなんて・・・。

中里主任はもっとまともな人かと思っていましたが、もしかして奥様になにかボケの兆候でも出てきたのでしょうかね。

そしてニセ札10億円分の納品。

しかもマロは小額とはいえ、参加者から金を取ってるみたいなので、かなりやばいと思います。

やすらぎの郷、最後の良心である菊村先生も不安を口にしますが、ロクの開き直りとも取れる「老後満喫宣言」に菊村先生も乗っかっちゃて、もうどうしようもないですね。

だれか警察のお世話になってしまうのでしょうか。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻 まとめ

やすらぎの刻、第141話。

理事長夫妻に、ニセ1万円札の出どころを問い詰められるが、お嬢は全く思い出すことができない。

物忘れをボケ菌のせいにしようとして、名倉理事長に怒鳴られ、いじけて部屋を飛び出すお嬢。

その頃マロは、ニセ札を増産し賭博によって入居者たちに活力を与えた。

だんだん賑やかになっていく賭場に、不安を覚える菊村だったが、ロクに諭され博打を満喫する。

それからまもなく、警察が郷にやって来て、名倉理事長らはニセ札が町のスーパーやコンビニで使われたことを知らされ動揺する。

←第140話 ニセ札!

第142話 マロ論→

コメント