やすらぎの刻(道)第138話ネタバレ柳介が釈放!前科者にしごかれる!

やすらぎの刻 道 第138話 やすらぎの刻

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年10月16日放送、第138話の内容をご紹介。

やすらぎの郷のスタッフたちが、お嬢には会わせないこと、人目に触れないように調理場で働かせることなどを条件に、竹芝柳介を自分たちに預からせてほしいと理事長夫妻に申し出た。

そして釈放され郷にやって来た柳介は、さっそくスタッフたちからしごかれる。

■やすらぎの刻-道-第138話 あらすじ(公式ツイッター)

←第137話 お嬢のわがまま

第139話 孫バカお嬢→

スポンサードリンク

柳介を預かる条件

カサブランカで酒を飲んでいた、菊村(石坂浩二)、理事長夫妻、有坂エリ(板谷由夏)の元にやってきた、スタッフの進藤(山下澄人)たち4人が、釈放される竹芝柳介(関口まなと)の面倒を見ると言ってきた。

進藤らは、柳介が再び悪事に手を染めないよう教育し直すと言い、お嬢(浅丘ルリ子)には当分会わせない、寝起きはスタッフの当直室、郷の入居者と接触がない調理場の下働き、東南アジアか中南米からの外国人労働者の設定、無給といった条件で受け入れることを提示した。

この案に対しみどりは、「一つの解決法だと思う」と言い、菊村と有坂はその提案を受け入れた。

そして彼らは、その案を持ってお嬢のもとを訪れた。

提案を聞いたお嬢は、「ここにいて、私が会うこともできないの?」と嘆くと、菊村は「これがベストな方法だよ。これはね、彼らの厚意だよ。理事長たちも認めてくれるしさ」と言って説得した。

それを聞いたお嬢は、「荒っぽいことはしないでやってね」と言って受け入れると、進藤が「身内のつもりで愛情込めて、かわいがります」と返した。

 

それから2日後の朝早く、竹芝柳介を乗せた車が郷にやってきた。

従業員室のソファーに座っている柳介に、進藤が「お前ソファーに座るのは10年早いわ!」と言い、作業着に着替えるよう指示した。

子供の頃のあだ名は何だったか聞かれた柳介が「シロンボ」と答えると、「じゃあ、お前を今日からシロと呼ぶ」と言われ、以降「シロ」と呼ばれることになった。

そして携帯を取り上げれ、誰かに話しかけられたら日本語を話せないふりをしろ、お前は不法移民だと言われた。

そこに食堂主任の橋本(納谷真大)や、介護主任の野村(芳野史明)がやって来ると、シロは2人に挨拶し、食材運びやトイレ掃除を命令された。

 

柳介が郷に来ていることを知ったお嬢は、ひと目だけでもいいから会わせてと有坂に懇願するが、有坂は何を言われてもきっぱりと「駄目です」と返した。

スポンサードリンク

認知症の伝染

サロンで、菊村、マロ(ミッキー・カーチス)、ロク(橋爪功)、宗匠(蒟蒻亭乙葉/笹野高史)、マヤ(加賀まりこ)が話をしている。

マロが、「認知症ってうつらないよな?」と言い、九重めぐみ(松原智恵子)と一緒にいる高井秀次(藤竜也)にも認知症の症状が出ていると言ってきた。

菊村たちが首をかしげると、マロは「まだ医学界じゃ発表されてないんだけど、どうも世の中にはね、これ、空気中にねボケ菌ていうね、見えない菌がはびこってるような気がするんだよ」と言い出した。

宗匠は、「えっ?空気感染」と慌てた。

菊村が笑って話を聞いていると、マロは菊村にも認知症の兆候があるといい、人の名前が出て来ないことを引き合いにした。

菊村は、そんなのはみんなにもあると反論すると、だからみんなに感染してると言い、みんなのボケが始まったのは九重めぐみが入居してきてからだと力説した。

マヤが、お嬢が食堂に入り浸っている事を話すと、マロはお嬢にボケ菌がうつり、食べた事を忘れてしまっていると指摘した。

お嬢が食堂に入り浸っている理由を知っている菊村は、すまし顔をしていた。

スポンサードリンク

前科者の想い

夜、従業員室でくつろぐ進藤に飲み物を差し出すシロ。

進藤が、「疲れたか?」とシロに初日の感想を求めると、「はい。いえ!」と答えるシロ。

机で書類を書いている保安部主任の中里(加藤久雅)が、シロに「お前考え違いするんじゃないぞ。皆がお前に厳しくするのは、お前のためを思ってのことなんだぞ。お前にはもうはっきり前科がついたんだ。いわば俺たちの後輩だ。お前はいいとこのお坊ちゃまで、これまで散々人にチヤホヤされてきた。でもな、世間はそんなに甘くねえぞ」と話した。

橋本も、「お前はラッキーにも短期間で釈放された。ムショ暮らしも長くなると、スターもなんもなくかわいがられて、人間性が変わっちまうからな。それを白川さんや俺たちの温情で、こういうあったかい環境で暮らせる事になったんだ。感謝しなくちゃな」と話した。

〈菊村のナレーション 〉

竹芝柳介は、やすらぎの郷に身を置くことになった。

世間は誰も気付いていなかった。

第138話終了。

スポンサードリンク

感想

やすらぎの刻 感想

前科者のかわいがりをお嬢はどう理解したのか、どう考えても恐怖でしかないですが、はたしてシロはそのかわいがりに堪えられるんでしょうか。

でもそこらへんの厳しさって梨園で経験してそうな気もしますが。

それから、あだ名がシロンボだったのに、東南アジアか中南米からの不法移民という設定に、いろいろツッコミどころはありますが、今さらこのドラマではそんなことは些細なことですね。

そしてまた飛び出したマロの、認知症空気感染説というとんでも話。

このじいさんは、いつもこんなことを真剣に考えているんですかね。

この人は一生ボケないかも。

それにしても、このドラマは最終回まで認知症を扱っていくんですかね。

ボケネタはもうお腹いっぱいかも。

スポンサードリンク

視聴者の声

前科者にしごかれる竹芝柳介に同情する声が多くありましたね。

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻 まとめ

やすらぎの刻、第138話。

郷のスタッフの進藤たちが、お嬢に会わせない、郷と住人にバレないようにすることなどを条件に、柳介の面倒を見させてくれと理事長たちに申し出た。

菊村はその案に賛成し、皆でお嬢の元を訪れ条件を受け入れるよう説得。

孫に会えない辛さを抱えながらも、それを受け入れるお嬢。

そして釈放されやすらぎの郷にやって来た柳介は、「シロ」を呼び名を付けられ、初日からスタッフにしごかれた。

一方、サロンで世間話をしていたマロが、認知症は空気感染すると言い、九重めぐみが発生源だと言い出した。

お嬢が食堂に入り浸っていることをマヤが告げると、マロはお嬢が認知症に感染し、食事したことを忘れてしまっていると得意げに語った。

夜、従業員室で郷での初日を終えたシロに、中里たちは厳しく当たる理由を語った。

前科者たちに対する世間の風当たりが厳しいなか、お嬢のおかげでやすらぎの郷に身を置けることに感謝するよう言うと、目頭を抑えるシロだった。

←第137話 お嬢のわがまま

第139話 孫バカお嬢→

コメント