やすらぎの刻(道)第135話ネタバレモモの悲しき願い!ハゲ玉砕!

やすらぎの刻 道 第135話 やすらぎの刻

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年10月11日放送、第135話の内容をご紹介。

ニキビとハゲが、赤線でことを済ませたあと、公平は一人モモの元を訪ねる。

そこでモモから、夜の仕事のことはウメに言わないでくれと懇願される。

昭和25年の正月、ニキビと共に根来家にやって来たハゲは、公平にあるお願いをした。

■やすらぎの刻-道-第135話 あらすじ(公式ツイッター)

←第134話 突撃一番

第136話 Twitterは卑劣→

スポンサードリンク

モモの秘密

やすらぎの刻名言

売春宿でことを終えたニキビ(関口アナン)とハゲ(両角周)が部屋から出てきて、カウンターで飲んでいる公平(風間俊介)の隣に座った。

グラスにビールをつぎ、酒を飲むニキビとハゲ。

公平が「どうだった?」と聞くと、ニキビは「良かった」、ハゲは「俺もだ」と答え、2人ともニヤけた。

しばらくの沈黙のあと、「明日は、ブドウ棚の準備にかからなくちゃな」とニキビが言うと、公平は「うん」と答えた。

店を出て帰路に就く3人だったが、公平は寄り道して行くと言って、2人に先に帰るよう促した。

2人は、「ほどほどにな」と言って先に帰った。

公平はメモを取り出し、そこに書いてある地図を確認した。

 

公平が、アパートの一室をノックすると、中からモモ(浅丘ルリ子)が出てきた。

モモは公平を部屋に入れ、ビールを注いだ。

ももは、「やっぱりこういうことって、あっちゃうのね」と、売春宿で会った事に触れた。

しばらく沈黙したあと、公平が「モモさんたちは、元々こっちの出なんですか?」と切り出した。

モモは、「ずっと北。長野に近いほう」と答えた。

次に公平は、松岡家が引き揚げていった事に触れると、「そうなの。寂しくなっちゃったわ」と返すモモ。

公平「ウメさんは一人で大丈夫なんですか?」

モモ「ああ・・・犬が来たからね。あの子、犬抱いて毎晩寝てるわ。あの犬のおかげで、あの子最近、だいぶ元気になった」

公平「よかった。それにニワトリが卵を産むようになってから、ちょくちょく持ってきてくれるんです。助かってます」

モモ「代わりにいつも、いろいろお野菜頂いてるわ。そうだ。頂いたお漬物があったんだ」

モモはそう言うと、漬物を取りに席を立った。

公平は、傍らにあった本を手に取り中を見ると、そこには新約聖書と書かれてあった。

そこに皿に取り分けた漬物を持ってモモが戻ってきた。

モモは、聖書を持った公平に気づき、「あっ・・・バレちゃった」と声を漏らした。

モモ「松岡さんの奥様に誘われて、日曜学校に時々行くの。変でしょ?こんな事(売春婦)、こっそりしてるくせに、教会に通ってお祈りしてるなんて。神様にバレたら地獄に落ちちゃうわよね」

モモの言葉を聞いた公平は、「なんだか急に、胸の奥が熱くなった。喉元まで涙が突き上げた」と心の中でつぶやいた。

そしてモモは、公平の前で膝を付き「公平さん、お願い。本当にお願い!ウメにだけはこの事、絶対に言わないで・・・」と懇願した。

公平も正座し直し、「わかってます」と返した。

モモ「私、昼間は旅館の仲居をやってるの。それは本当なの。ウメもそうだって信じてるわ」

公平「わかってます。そんな事絶対に誰にも言いません。当たり前じゃないですか」

公平がそう言うと、モモは深々と頭を下げた。

公平は、「当たり前じゃないですか。そんな事・・・当たり前じゃないですか・・・」と目に涙を溜めて繰り返した。

 

家に戻った公平が寝室に入ると、しの(清野菜名)がまだ起きていた。

寝床に入ろうとする公平にしのは、「ねえ、おなか触ってみて。赤ちゃんが動いた」と言い、公平の手を取りお腹を擦った。

公平は、「フフフ・・・」と笑って見せたものの、いろいろなことが胸の中に去来し、複雑な表情になった。

スポンサードリンク

昭和25年正月

やすらぎの刻名言

昭和25年の年明け。

公平は、家族とニキビとハゲとともに初詣に行ったが、公一(佐藤祐基)は炭焼きを理由に参加していなかった。

初詣のあとは、以前のように墓を巡った。

〈公平のナレーション〉

戦争が終わって、何人もの家族がこの墓の下に入ってしまった。

父さん、母さん、公次兄ちゃん、三平兄ちゃん、そしてニキビの姉さんの紀子さん、青っ洟。

没収されてしまった祥恩寺の鐘が、小野ヶ沢の谷に鳴らなくなったのは、誰にとっても寂しい事だったが、ニキビとハゲが叫んだおかげで皆の耳にあの音がよみがえった。

 

墓参りの帰り道、ニキビが鐘の音を模して「ゴーン!」と叫んだ。

続けてハゲと公平も「ゴーン!」と叫ぶと、ゴウも「ゴーン」と何度も叫んだ。

その姿に、みんなが笑顔になった。

公平「ああ・・・いい年になるといいな」

そうして僕らの戦争は終わった。

スポンサードリンク

衝撃の年明け

やすらぎの刻名言

初詣の翌日、根来家の居間に羽織袴姿のニキビとハゲが正座していた。

その姿に驚く、公平としのと信子(井上希美)。

公平が何事か尋ねると、ハゲが突然「お願いします!」と叫んで額を床に着けた。

公平が、「何を!」と返すと、「く・・・ください!」とハゲ。

公平「何を?」

ハゲ「幸子さんを!」

公平・しの「えっ!?」

ハゲ「僕にください!絶対幸せにしてみせます!」

公平「待て待て!待て待て!ん?ん?」

しの「どうしたの?ハゲ。一体いきなり」

ニキビ「俺が説明する!こいつ昔っから幸子ちゃんに惚れてたんだ。満州行く前からずっと惚れてて、言え言えって言うのに、言えなかったんだ!」

ハゲ「お兄さん!」

公平「お兄さん!?」

ニキビ「満州でも何度も言ってたんだ。幸子ちゃんはいい!幸子ちゃんはいい!日本に帰れたら絶対俺、申し込む!」

しの「あなたその事を幸子に言ったの!」

ハゲ「まだです!」

しの「全然?」

ハゲ「ものには順序ってもんがあるし、本人に言う前に公一兄さんや公平兄さんにまず」

公平「公平兄さんって言うのやめろ!気持ち悪い!」

ニキビ「だけど公平、わかってやってくれ!こいつは昔っから気が弱くて、とても直接言う勇気なんかねえんだ!こないだも川辺温泉の帰りに・・・」

(公平が床を叩き、川辺温泉のことに触れないようニキビを制した)

ニキビ「いや・・・いやいや!ほら川辺温泉を通ったろう?この前。あの晩、一晩この馬鹿俺に、自分から言えないから俺から言ってくれって」

公平「ちょっと待て!」

しの「あなた幸子の気持ち確かめたことあるの?」

ハゲ「ないけど、幸子ちゃんは幼馴染だし、元々兄妹みたいな関係だし、黙ってたって以心伝心ちゅうの?」

すると黙っていた信子が突然、「幸子、もうちゃんと好きな人いるわよ!」

全員「え?」

信子「(ため息)絶対秘密って言われてたんだけどな・・・」

公平「誰だ!?」

信子「何度か家に来たことあるでしょ。ジョーさんって、ほら米軍の通訳の3世の人よ。チョコレートとか缶詰とか何度か、ほらいっぱい持ってきてくれたじゃない」

(言葉を失うハゲ)

ニキビ「アメ公か・・・」

信子「アメ公じゃないわ。元々日本人よ!おじいさんが戦前、熊本から移民でハワイへ行ってあっちで育ったのよ。幸子この前、実はこっそりジョーさんとおばあさんの出身地の長崎に行っているわ」

公平「あいつらいつの間に・・・ふしだらな!!」

(呆気にとられているハゲ)

ニキビ「進駐軍じゃ、かなわねえや。(ハゲの肩を叩き)ハゲ、諦めろ。日本はアメリカに負けたんだ」

するとそこにニワトリを抱いた公一が入ってきて、「三木さんところの姉妹がいなくなったぞ。今朝訪ねたら、誰もいなかった。モモさんもウメさんもどっか消えちまった。ニワトリは残ってたから連れてきた」と言うと、抱いていたニワトリを庭に放した。

公平が、川辺温泉に行った夜、モモの部屋で「どうかこの事は言わないで・・・」と言った姿を思い出したところで、第135話終了。

スポンサードリンク

感想

やすらぎの刻 感想

ニキビとハゲが事を終えたあとの、公平との変な空気感が面白かったですね。

そう、それはいわゆる「賢者タイム」。

賢者タイムは昔からあるんですね。

そこからの、モモの悲しき懇願が切なすぎる。

どうして公平はあそこで出会ってしまうのか。

やっぱりツイてない男だ。

そして時はあっという間に流れ、いつの間にか昭和25年を迎えてた。

祥恩寺の鐘はまだ帰ってきていない、というか溶かされてしまっただろうから、新たに買わなきゃならないんでしょうね。

新年早々、ハゲは玉砕してしまい、またハゲができてしまわないか心配です。

そして幸子が無断で男と外泊するような子だったなんて、世の幸子ファンはきっと悲しみに暮れていることでしょう。

からの何故かニワトリを抱いて登場の公一兄ちゃん。

なぜか笑ってしまった。

来週からは、郷パートになりそうですが、次道パートになったときは、なんかものすごい展開になっていそうで楽しみですね。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻 まとめ

やすらぎの刻、第135話。

赤線でついに経験を済ませたニキビとハゲ。

付き添いで来ていた公平は、2人を先に返しモモの仮住まいへと向った。

公平は、モモから赤線地帯で働いていることを、ウメに絶対言わないでくれと懇願される。

公平は、「わかってます。当たり前じゃないですか。そんな事」と言って、彼女たちの苦労に涙した。

昭和25年の正月を迎え、公平は家族やハゲ、ニキビと共に初詣に行き、いい年となることを皆で祈願した。

その翌日、根来家にニキビと共にやっていたハゲが、幸子を嫁にほしいと公平に申し出た。

しかし、幸子は日系3世のジョーとねんごろな関係にあることを信子から知らされ、見事に玉砕した。

そこに、公一がやって来て、三木姉妹がいなくなったことを告げた。

←第134話 突撃一番

第136話 Twitterは卑劣→

コメント