やすらぎの刻(道)第124話ネタバレ名倉理事長の論破!九重、妹を思い出す

やすらぎの刻 道 第124話 やすらぎの刻

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年9月26日放送、第124話の内容をご紹介。

九重めぐみの認知症が進行しているのを知った桂木夫人たちは、自分たちも認知症ではないかと不安になる。

そして名倉理事長の元に押しかけ、その不安をぶつけた。

そんな中、九重めぐみと香川さくらが菊村を訪ねてきた。

そこで、さくらが借りてきた与勇輝の人形を見た九重に異変が・・・。

■やすらぎの刻-道-第124話 あらすじ(公式ツイッター)

←第123話 高井の告白

第125話 9月放送回総集編→

スポンサードリンク

物忘れに不安になる女性陣

やすらぎの刻名言

サロンで、菊村(石坂浩二)、マロ(ミッキー・カーチス)、ロク(橋爪功)、宗匠(蒟蒻亭乙葉/笹野高史)が話をしている。

ロクが、九重めぐみ(松原智恵子)の認知症のレベルがステージ4に上がったことを話した。

そこに白鳥洋介(上條恒彦)がやって来て、九重がステージ4になったことを聞いた桂木夫人(大空眞弓)ら女性陣が、名倉理事長(名高達男)のところに押しかけていると言ってきた。

 

理事長室に桂木夫人、中川玉子(いしだあゆみ)、お嬢(浅丘ルリ子)、マヤ(加賀まりこ)、香川さくら(丘みつ子)が集まり、一人ずつ自身の認知症を思われる症状を話していった。

桂木夫人・・・人から話が長いと言われる。勝新太郎の話をしていたら玉緒ちゃんの話になり、そこから鴈治郎の話になってしまう。

お嬢・・・西暦と元号の区別がつかなくなり、自分の年齢がいくつなのか計算できない。

玉子・・・物の名前が出てこず、「あれ」や「これ」が多くなった。

さくら・・・人の名前が覚えられない。

マヤ・・・前日の夕飯が思い出せない。

それぞれの悩みを淡々と聞いた名倉理事長は、「わかりました、わかりました。皆さんのお悩みよーくわかりました。お一人ずつ今から説明いたします」と言ってイスから立ち上がり、それぞれの悩みを論理的に一気に説明した。

桂木夫人・・・長話は病気ではなく単なる癖。昔からの性格。

お嬢・・・最近計算ができなくなったのではなく、元々算数が苦手。

玉子・・・「あれ」や「これ」が多いのは誰にでもあること。

さくら・・・人名を覚えられないのは認知症と関係ない。会った人全員の名前を覚えるのは不可能。名前を忘れることは、社会で生きていくための重要な手段。

マヤ・・・前日の夕飯を記憶することに何の価値もない。それより、その時一緒に食事した人の口にソースが付いていたことを記憶していたことのほうが重要。あなたの脳は実にしっかりしている。

「以上のように、皆様のご心配なさっておられる認知度は、今のところ全く心配ありません。皆さんの記憶力の衰退は衰退じゃなく、それが元々お持ちの本来のレベルなんです。忘れっぽい、計算ができない、名前が出てこない、いずれも皆さん本来お持ちのレベルであり、癖です。ご心配のような加齢による認知症とは、全く関係のないことですから、どうかつまらないことにお悩みにならないように、よろしいですか?」と名倉理事長が締めくくると、「はい」と答え、拍手で喜ぶ一同。

スポンサードリンク

宗匠の句会

やすらぎの刻名言

宗匠が句会を開いている。

お題は「サンマ」

一句目「サンマ焦がし 殴りし妻も 今はなく」

宗匠がこの句に対し、今は亡き妻を想うしみじみとしたいい句だと評すると、目の前にいた作者の中井隆介(中村龍史)が、「あっ、いや、あの妻はまだ生きてます」と言い、男を作って家を出ていったことを恥ずかしそうに語った。

それを聞いた宗匠は、「サンマ焼く匂いと、わびしさが漂ってくるような、悲しい句ですなあ」と感想を改め、竹の中と評価した。

2句目「サンマの目 プロデューサーの 目に似たり」

評価・・・梅の上

3句目「サンマ一尾 手に怱忙の 町帰る」

評価・・・松の中

スポンサードリンク

九重めぐみ、妹を思い出す

やすらぎの刻名言

その日の午後1時、九重が菊村の部屋を訪ねてきた。

その日の九重に認知症の症状は見られなかった。

着物姿の彼女から漂う麗しい香りに菊村は、「ほのかに懐かしい女の香りがした」と心のなかでつぶやいた。

菊村が、高井秀次(藤竜也)が一緒でないことを尋ねると「疲れてずっと寝てらっしゃいますわ」と答え、高井に迷惑ばかり掛けていると嘆いた。

菊村は、「そんな事ありませんよ。秀さんね、あなたの役に立てることを、今や生きがいになさってます」とフォローするも、「でもね、こんなおばあちゃんのお付き合いばかりさせて、何の楽しみもないっていうのに・・・」と嘆く九重。

最近、高井とどんな話をしているのか尋ねると、戦時中の話をしていると言い、勤労動員に出され、松山の女学校で軍服のボタン付けをしていたことを語った。

そして、幼少期の話になり、両親がハイカラで自宅に白いグランドピアノがあったことを話した。

それから、終戦直前の昭和20年7月26日の松山大空襲の話になり、逃げる最中に両親とはぐれ一緒にいた妹のもんぺに焼夷弾の火が燃え移ったことを話した。

その時、ドアをノックする音が聞こえ、菊村がドアを開けるとさくらが立っていた。

菊村が招き入れると、部屋にいた九重に気付き「お具合どう?」と声をかけるさくら。

さくらは、人形作家、与勇輝氏から借りてきた人形一体を見せに来たのだった。

「ほら、めぐみさん見てよ。これ。ほらこのお人形」と言って、布に包まれていた人形をテーブルの上に立たせた。

その人形は、ちゃんちゃんこを着て、マフラーを首に巻き、寒さでかじかんだ手を胸の前で重ね合わせ、空を見上げる女の子だった。

「まるであの時代の私たちみたい。顔が全然違うのね。昭和の顔なの。そう思わない?今の子供と全然違うでしょ。どうやるとこういう顔になるのか・・・ねえ、めぐみさんそう思わない?」とさくらが問いかけると、その人形を見つめていた九重が目に涙を溜め、「な・・・な・・・奈津子・・・」と震える声で人形に呼びかけた。

そして、「あんた・・・今までどこにいたのよ」と言い、涙を流してすすり泣いた。

そんな九重の姿に、ただただ戸惑う菊村とさくら。

(昭和天皇の玉音放送が聞こえてくる)

〈菊村のナレーション〉

突然私は、しばらく離れていたあの時代の世界に引き戻されていた。

第124話終了。

スポンサードリンク

感想

やすらぎの刻 感想

本日冒頭の、ご婦人方の勘違いを論破する名倉理事長がすごかったですね。

あの長セリフを覚えるだけでも大変そうなのに、「このババアたち、本当面倒臭えな」感のある演技が素晴らしい。

セリフを言い終えた後の女性陣の拍手は、ドラマの中では自分たちに向けた拍手ですが、一歩引いてみると、長セリフを言い終えた名高さんへの称賛の拍手にしか見えませんでした。

そして、あの場に岸井さとみがいなかったことに、ボケなんて気にしない彼女らしさが伝わってきました。

それから、九重の過去が語られ悲しい記憶が蘇ってきました。

認知症って昔の記憶は忘れないって聞いたことがありますが、そういった過去の辛い記憶は忘れずにずっと残るのは何とも言えないですね。

そしてさり気なく玉音放送が流れてきたということは、そろそろ「道」パートに移る前触れでしょうね。

ジジババのおもしろ劇場は、しばらくお休みになりそうです。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻 まとめ

やすらぎの刻、第124話のまとめです。

九重めぐみの認知症の進行に、自分ももしやと不安になった桂木夫人たちは、名倉理事長の元に押しかけそれぞれの症状を訴えます。

名倉理事長は、一人ひとりの症状について的確に説明し、全員に認知症でないことを告げます。

そんな中、九重が菊村の部屋を訪れ、高井が介抱してくれることに申し訳ない気持ちであることを告げます。

そして、幼少期に松山で体験した空襲の話になり、一緒に逃げていた妹に焼夷弾の火が燃え移った話をしました。

そこに、香川さくらもやって来て、持参した与勇輝氏の人形を披露すると、その人形を見た九重が「奈津子」と呼びかけ、妹を思い出し涙します。

その姿にたじろぐ菊村とさくらでした。

←第123話 高井の告白

第125話 9月放送回総集編→

コメント